すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
風和り(ふわり) / 喫茶店(阿佐ヶ谷)

風和り(ふわり)。

2年ほど前にできた和を意識したカフェ。ずっと横目ではチェックしていたのだけど、なんだかんだとスルーしていたお店。外から見ても商売っ気皆無で、しかもいつ見てもお客さんが見当たらず、すぐに畳みそうだなと思っていたら、これがなかなかしぶとい。趣味で経営しているように見えても、メニューは色々変えているようで、意外に意欲的。冷やし中華始めましたの看板にフラフラと入った。

椅子席が3席ほどに座敷がふたつ。それとカウンター。外からは分からなかったけれど、奥行きがある。間接照明に和風な小物が散りばめられた内装。お冷ややほうじ茶はセルフサービスで、お店側はほとんど接客しない方針のよう。すごく落ち着く。

胡麻味の冷やし中華を食す。650円。冷やし中華にしては安いが、麺の量は申し分なし。上に乗ってる具材だけは少し寂しかったが、値段を考えれば不満はない。かき氷もぜんざいも、お酒もコーヒーも結構手広くやっているようだし、本を片手にまた寄りたい。

外には、"放っておいて欲しい人には最適の店?"との看板があった。いいね。


****************
風和り(ふわり)

住所:東京都杉並区阿佐谷南3-4-22
電話: 03-5397-6013
時間:
定休日:
****************
2010.08.08 Sunday 23:58 | | comments(0) | trackbacks(0)
悟空茶荘 / カフェ(横浜中華街)

悟空茶荘。

中国茶専門店。横浜中華街の山下公園側。関帝廟通りの天長門近く。大きめの通りに面しているのだが、お祭りの日になのに店内にはゆったりとした時間が流れていて、とても良い雰囲気だった。

だいたい650円ぐらいから飲める。店員さん曰く半分ぐらいまで飲んだら、店内の給湯器でお湯を注ぎ足せば5回ぐらいは大丈夫とのこと。長居できるすてきなカフェだ。食べ過ぎのときに飲むとすっきりするという"暴々茶"を飲んだのだけど、不思議と胃が穏やかになった気がした。いいところを見つけた。


*****************
悟空茶荘
住所:神奈川県横浜市中区山下町130
電話:045-681-7776
時間:月〜木 11:00〜20:30
    金〜日・祝 11:00〜21:00
定休日:第3火曜日
*****************
2010.07.18 Sunday 23:58 | | comments(0) | trackbacks(0)
謝甜記 / 中華料理(横浜中華街)

謝甜記(しゃてんき)。

外食しても最近はほとんど"食"記事を書いていないので、書き方を忘れてしまったのだけど、ちょっと懐かしいお店で食べたから、久しぶりに"食"のカテゴリーを更新。

「謝甜記」は横浜中華街でもかなりの人気店で、どのガイドブックにも載ってる(はず)有名店。小学生の頃に一度家族で食べて、おかゆなのになんでこんなにおいしいのだろうと幼いながらも感動したのを覚えている。それ以来、中華街に遊びに行くたびに食べよう食べようと思うのだけど、いつも長蛇の列を前にして諦めていた。

この日は山下公園でお祭りがあり、夜には花火も打ち上げられるということで結構な人出があったにもかかわらず、午後4時過ぎにお店の前を通りかかると、ひとりも並んでいない! 休憩時間なのかなと恐る恐る店内をのぞくと営業中だ。慌てて入ると、狭い店内にちょうどひと組分の席が空いていた。ラッキーだった。

20数年ぶりに食べたわけだけど、多分あの頃と変わらない味だった。味そのものをはっきり覚えているわけではないが、シンプルなおかゆなのに不思議とどんどん喉の奥に送り込みたくなるおいしさは記憶の通りだ。具はモツを選んだのだけど、何も入っていないプレーンな味(メニューにはなかった)でも十分だと思う。小学生のときは食べても食べてもなくならない印象で、それもまた嬉しかったのを覚えているが、さすが大人になった今は結構あっさり食べ終えることのできる量だった。

でも、この味は一度タイでも味わったことがある(10年以上前の話だけど)。カオサン通りの裏のセブンイレブンの脇に夜中にだけ現れるおかゆ屋台があり、噂だけを頼りに夜の10時頃に行ってみたら、中国人っぽいおやじさんがでかいずんどうに入ったおかゆをずっとかき回していて、それからしばらく経って(約1時間ぐらいか)、ようやく席を作り始め、ナンプラー入りのプレーンなおかゆにありつけた。そのときに思ったのは、記憶の中の謝甜記のおかゆと同じだということだ。

私は外でおかゆを食べることがないので、知らないだけなのかもしれないが、中華がゆといわれるおかゆは概してこういう味なのかもしれない。学生時代にラーメン屋でアルバイトをしていたときも、厨房の中国人たちはまかないでおいしそうにおかゆを食べていたのを今思い出した。まあそれはともかく、小さい頃の思い出が壊れないで良かったという話。


*******************
謝甜記
住所:神奈川県横浜市中区山下町165
電話:045-641-0779
時間:平日 10:00〜15:00、16:30〜20:30
    土・日・祝日 10:00〜20:30
定休日:火曜(祝日の場合は翌日休)
*******************
2010.07.18 Sunday 23:57 | | comments(0) | trackbacks(0)
どんぐり舎 / カフェ(西荻窪)

どんぐり舎(や)。

今週の「Hanako」の特集・東京カフェ案内で紹介されていた喫茶店。早速行ってきた。外観は趣のある佇まいですてきなわけだけど、中も落ち着きのある内装が魅力的で、入った瞬間に鼻孔をくすぐるコーヒーの香りがなんともいえない。

ほろ苦ブレンドとドングリの形をしたクッキーのセットを頼む。600円。ブレンドは苦みと味わいの調和が絶妙でとてもおいしい。クッキーも素朴な甘さで悪くない。

ただ、この店の一番の問題は全席喫煙化である点。喫煙者にとっての避難所である喫茶店にうだうだ文句いうな、スタバにでも行けという感じだろうけど。一応空調が効いているためかすぐ隣りの席の煙は届かないのに、狭い店内のため通路を隔てた対面に座った人の煙が漂ってくる始末。コーヒーが絶品でも副流煙と共に味わわなければならないのなら行かない。


**************
どんぐり舎
住所:東京都杉並区西荻北3-30-1
電話:03-3395-0399
時間:10:30~22:00
定休日:不定休
**************
2009.08.02 Sunday 23:57 | | comments(6) | trackbacks(0)
熊本ラーメン ひごもんず西荻窪店 / ラーメン(西荻窪)

熊本ラーメン ひごもんず西荻窪店。

丸得ラーメンと餃子のセットを食す。700円。にんにくチップが入った豚骨スープは最初の一杯はおいしく感じるけれど、調子に乗って飲んでいるとやがて喉にしょっぱさが直撃して大変なことに。麺はコシという言葉を知らないかのようで弛緩しまくり。角煮だけがとても柔らかくおいしかった。



***************
熊本ラーメン ひごもんず 西荻窪店
住所:東京都杉並区西荻北3-19-13
電話:03-3301-2028
時間:月曜日~土曜日11:00~1:30
    日曜日・祝祭日11:00~24:30
定休日:無休
***************
2009.08.02 Sunday 23:56 | | comments(0) | trackbacks(0)
ステーキ石井 / ステーキ料理(行徳)

ステーキ石井。

ロース定食を食す。

地元の名店らしく、同居人の口癖によれば、"肉料理はステーキ石井が一番"。確かにその柔らかさに思わず舌鼓を打ったし、肉の旨味も抜群、ソースもいい塩梅、さらにはボリュームにも満足した。ただ、値段はいくけどね。今回は自腹ではなかったので良かったけれど、自分で払うならコストパフォーマンスの良いランチタイムがお薦めらしい。


****************
ステーキ石井
住所:千葉県市川市行徳駅前1-7-7
電話:047-397-4285
時間:ランチ・11:00~14:30
    ディナー・17:00~21:30
定休日:火曜日(祝日の場合営業)
****************
2009.08.01 Saturday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
めん屋 いなば / ラーメン(四谷)

めん屋 いなば。

サンミュージックの入るビルの1階にあるラーメン屋。そのためか、テレビで小島よしおが押していたお店。時間もあったので行ってきた。

濃厚とんこつらーめんを食す。名前に偽りなし。濃厚すぎ。柚子が入っているのだけど、せっかくの清涼感も意味がなくなるほど、ドロッとした豚骨魚介醤油スープが襲いかかる。チャーシューもぶ厚し、シナチクも食べ応えがある。これでたったの650円。お腹いっぱいになるし、サンミュージックの芸人さん御用達になるのも納得。


*********************
めん屋 いなば
住所:東京都新宿区四谷4-28-17 大木戸ビル 1F
電話:03-3341-2177
時間:11:30~22:00
定休日:
*********************
2009.07.01 Wednesday 23:56 | | comments(0) | trackbacks(0)
カウボーイ 阿佐ヶ谷店 / ステーキ・ハンバーグ(阿佐ヶ谷)

カウボーイ 阿佐ヶ谷店。

阿佐ヶ谷駅の大きい方の改札を出て、高架に沿って高円寺方面に少し歩く。信号を渡り、三菱東京UFJ銀行を左手に見て、30秒も歩くと花屋が右手に見えてくる。そしたらY字を左に行くと、15秒ほどでお店が右手に見えてくるはず。ちなみに花屋の上が株式会社タイタン。爆笑問題の事務所だ。だからこのお店も太田のトークの中で時々出てくる。

ビーフステーキセット220g(1260円)を食す。他にもサイズは300g、450gとあるのだけど、ライスの量も多いし、220gでお腹いっぱいになる。味はといえば、値段から想像する通りの味。思いっきりまずくもないし、大絶賛するほどおいしいわけでもない。ただ、ペッパーランチに行くぐらいなら、少し高くてもこっちに来た方が安心して食べられる。キリンのクラシックビールも置いてあるし。


*************************
カウボーイ 阿佐ヶ谷店
住所:東京都杉並区阿佐谷北1-4-11 グリーンビュー杉並1階
電話:03-5373-6330
時間:11:30~23:00
定休日:
*************************
2009.06.20 Saturday 23:59 | | comments(2) | trackbacks(0)
ANE CAFE / カフェ(新高円寺)

ANE CAFE(アーネ・カフェ)。

阿佐ヶ谷が自慢できるお店のひとつだった「bagel」(その名の通りベーグル屋さん。安い上においしかった)が、今度はカフェをやるつもりとだけ予告して閉店したのが、桜が6分咲きぐらいだった3月末の話。改装中の店の前を通りかかると、そのカフェの案内が出ているではないか。

というわけで早速行ってみた。青梅街道を東走し、新高円寺駅近くにあるクィーンズ伊勢丹の裏手にある(とはいっても五日市街道を渡ったところ。少し迷った)。

確かに2階建ての路面店のカフェで、雰囲気は「天然生活」や「ku:nel」大好きっ子にはたまらない感じだろう。ベーグルはもう作っていないようだ。

コーヒーとバナナブレッドを食す。

人気店になっていたのにもかかわらず、そこを閉めて、近いといはいっても新天地であることは変わりなく、そんな冒険をしてまでしてやりたかったカフェではあるのだろうけれど、あのままベーグル屋さんをやっていた方がいいのではという凡庸な味だった。6月いっぱいはプレオープンらしいし、これからメニューももっと充実していくのだろうが、少し不安な出発かなと思った。


**************
ANE CAFE
住所:杉並区梅里1−7−2 
電話:03−3314ー3234
時間:10:00~19:00
定休日:火曜日・第2、4水曜日
**************
2009.06.13 Saturday 23:59 | | comments(2) | trackbacks(0)
屯ちん 新宿店 / ラーメン(新宿・歌舞伎町)

屯ちん 新宿店。

東京とんこつラーメンを謳ったラーメン屋。映画前の腹ごしらえに入る。大盛と中盛、並が同じ価格なのが面白い。

春限定商品の「魚豚らーめん」(680円)を食す。12時間かけて炊き上げたという豚骨スープに、かつお仕込油を満たした濃厚スープは香りも良く食欲を誘う。中太の麺も若干柔らかいと感じるものの悪くない。具がわかめというのもポイントが高い。が、最後に喉が痛くなるほどしょっぱさを感じるのはいかんともしがたい。

メインの普通のラーメンは、その濃厚さに比べれば笑っちゃうほどあっさりした豚骨ラーメンで、カップラーメンの豚骨味のよう。

値段も安いし、映画館にも近いし、意外に使えるのかな。

あ、入り口から正面に見える赤い服のお客さんは堀部圭亮。知らなかったけれど。


***************
屯ちん 新宿店
住所:新宿区歌舞伎町1-11-10 1F
電話:0332075887
時間:11:00~4:00
定休日:年末年始
***************
2009.04.19 Sunday 23:58 | | comments(0) | trackbacks(1)
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中