すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< DJ $HIN + Shing02『Pearl Harbor / Japonica CD』 | main | 麺屋武蔵 虎洞 / ラーメン(吉祥寺) >>
54『Capsule』

2003年5月25日リリースのファーストミニアルバム。

最近ずっとはまっているTAK THE CODONAがいたグループ、54の音源を初めて聴く。
MCがATOLA、タクザコドナ、TIME KILLA、HIGHT ROYAL、MAS、山下タカヒロの6人。
そのうちHIGHT ROYALはトラックメイカーでもあって、ほとんどの曲をひとりで作っている。
あと、DJ PINOがいて、全部で7人の大所帯のグループ。

PPの張られたお洒落な紙ジャケで、音もメジャーを意識した感じだし(特にM6)、
アングラアングラしていないのがいいけれど、MCの区別がつかない。
だからタクザコドナだけが圧倒的に目立つ。
あとは、TIME KILLAが時々とても気持ち良く韻を踏み抜いていくのがいい。
リリックの内容にも他の5人にあまり個性が感じられないのだ。

M3「6×9 ON」とM5「Water Runs Dry」が良かった。
M5は特にフック。これはタクザコドナなのかな。
かっこいい。
それとTIME KILLAのヴァースも良かった。
メッセージのあるATOLAのヴァースもいい。
内容は好きではないけれど、これぐらい他のMCとの差別化を図らないと目立たない。

M6は、面白いトラックになっているのに、フックが何とも……。

最初の音源だと考えれば、結構うまいのかな。
初めにタクザコドナのソロ作を聴いてしまっているから、どうしても比較してしまう。
2007.04.20 Friday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.13 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1148
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中