すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 弐瓶勉『バイオメガ』第3巻 | main | ケツメイシ『ケツメイシ5』 >>
KREVA『新人クレバ』

2004年11月3日リリースのファーストアルバム。

"はっきりさせたるぜ事実関係 ああぁ 高学歴高収入高身長 3高
 参考程度 もういいよっつうぐらい客を集めるまるで観光名所"

この頭の悪そうなラップがたまらなくて、発売当時よく聴いてた。
最後のヴァースもいい。

"擦れオレ BEATもオレ RAPもオレ Dr.K"

何だろう。
チープなライムがするりと耳に飛び込んでくるのが気持ち良かった。
同時にこの作品全体に言えるのは、打ち込みの安っぽさ。
自宅で作りました感がばっちりで、そこが好き。
いや、聴く人が聴けば、その技術のすごさに圧倒されるのかもしれないけれど、
私には家内制手工業的な、クレバの手触りが感じられてとてもいい。

M2「DAN DA DAN」、M4「あ・ら・らTake you home」、M5「お祭りクレバ」、
M6「ファンキーグラマラス」あたりのもっさりとした抜けの悪い打ち込みに、
クレバがラップで強引にグルーヴを作ろうとして、たまらなくかっこいい。
いや、かっこ悪いけど、それがかっこいいという感じか。

M13「ひとりじゃないのよ」のイントロの音数が少ないあたりとか、
M11「You Know We Rule」のアカペラのところとか。

M3「音色」は素晴らしすぎる曲だと思う。
後期のKICK THE CAN CREWはどんどん音を削ぎ落としていき、良くなってたから、
活動休止は残念だった。
けれど、クレバがソロでこの曲を出したときに、全然大丈夫じゃんって思ったものだ。
2007.09.04 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.26 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/120
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中