すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< パリ、テキサス / Paris, Texas | main | 吉田秋生『海街diary 蝉時雨のやむ頃』第1巻 >>
村上水軍『百花繚乱』

2007年5月2日リリースのファーストアルバム。

ソウルフルな音で作られたトラックに、思わず体が動き、
当然ラップにもファンキーさを期待してしまう。
けれど、これが微妙なのだ。
先日見たライブでも薄々と感じていたけれど、
音源で聴いても良くなってはいなかった。

2曲目の熱く歌い上げなければいけないフックで、いきなり失速だ。
そのまま2ヴァース目。その足どりはひたすら重い。
地声の力強さは確かにあるけれど、ソウルがないのだと思う。
3曲目のヴァースも重い。
このトラックにはD.Lのようなフロウを、と思うけれど、
それは"I'M NOT DOING HIP-HOP. I'M A HIP-HOP / KRS-ONE"のところだけだった。
無理に日本語でやろうとし過ぎているのか、リズム感の欠如か。
M6のようなメロウなトラックになると、より一層それに気づかされる。

M14、15はアリキックのトラックが素晴らしいので、ラップもうまく聞こえる。
特にM15「about a girl」。
でも、曲が進むとしだいにラップがよれてくるんだよなぁ。
せっかくのいいトラックなのに。
客演がメテオとペロスポーツ、NOB、アリキックのみだけど、
もっといろいろ呼べば飽きがこなかったのかもしれない。

日本語を重視したリリックではあるけれど、たいしたことを言っているわけでもない。

DJ CHABOのトラックはM2、5、7あたりがいい。
低音が利いていればもっと良く聞こえると思う。
ベースの低音がより前面に出れば、刃頭のトラックももっとましになったかも。
ウゴウゴしているベースが聞こえるような、深い音作りをすればいいのに。

スキット、インスト、リミックスを抜かして純粋にラップを楽しめる曲はたった10曲。
ライブを見たときはもう少し歯ごたえがあって、誠実な作品になっているかと思ったが、
実際は非常に微妙なできだった。
アリキックの代わりに起用したトラックメイカーがDJ CHABOなのだろうけれど、
似たようなトラックを作るために比較してしまう。
そして、まだまだアリキックの域には及ばないことがはっきり表れている。
だいたい"このアルバムの中心となる"曲(M15)をアリキックに持ってかれてるし。

これからめざましく成長するラッパーとトラックメイカーなのだろう。
期待なのか?
2007.05.09 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.08.23 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
レビュー、同感です。このアルバム買ってがっかりしました。
特にリズム感のなさ。オフビート気味なラップなのかなと最初は思っていましたが、どうやらリズム感がないだけのようですね。リリックを優先してフロウを殺したわけでもなさそうです、少なくとも私は彼のリリックに大した深みも感じません、、口先だけというか、、中身が伴わない威張り散らした人間というのが見え透けるというか、、。こんなラッパー珍しいと思います、しかも相当のベテランなのに。
サグを気取ってるラッパーより数段タチが悪いかと。

また、ジャケットから見受けられるサイケというかオーガニックでスピリチュアルな感じは彼に非常に似合っていないと思います。身の丈を分かっていないというかなんというか。ライブを以前見ての印象です。客演のペロにはそういう雰囲気を感じるのですが、、、。

話変わって申し訳ないですが、ペロはやはり要注意人物ですね、見逃せません。midicronicaの1st、放源周りのコンピ、油風呂以外で、ソロでアルバムとか出してないんですかね?情報ご存知でしたら提供願います。

無骨さを気取る割にはあまりに脆弱すぎる一枚だと思います。
トラック郡が気の毒です。長々とすいません
march | 2007.05.11 Fri 00:00
レビュー、同感です。このアルバム買ってがっかりしました。
特にリズム感のなさ。オフビート気味なラップなのかなと最初は思っていましたが、どうやらリズム感がないだけのようですね。リリックを優先してフロウを殺したわけでもなさそうです、少なくとも私は彼のリリックに大した深みも感じません、、口先だけというか、、中身が伴わない威張り散らした人間というのが見え透けるというか、、。こんなラッパー珍しいと思います、しかも相当のベテランなのに。
サグを気取ってるラッパーより数段タチが悪いかと。

また、ジャケットから見受けられるサイケというかオーガニックでスピリチュアルな感じは彼に非常に似合っていないと思います。身の丈を分かっていないというかなんというか。ライブを以前見ての印象です。客演のペロにはそういう雰囲気を感じるのですが、、、。

話変わって申し訳ないですが、ペロはやはり要注意人物ですね、見逃せません。midicronicaの1st、放源周りのコンピ、油風呂以外で、ソロでアルバムとか出してないんですかね?情報ご存知でしたら提供願います。

無骨さを気取る割にはあまりに脆弱すぎる一枚だと思います。
トラック郡が気の毒です。長々とすいません
mo | 2007.05.11 Fri 00:02
mo (march)様

熱いコメントありがとうございます。
ちょっと圧倒されました。

> 口先だけというか、、
> 中身が伴わない威張り散らした人間というのが見え透けるというか、、。

私が行ったのは、wenodでのインストアライブだったのですが、
驚くほどに人が少なかったのです。
それにも関わらず、真摯にライブをしていたのは、正直にすごいと感心しました。
だから、"中身が伴わない威張り散らした人間"というのは、想像つかないです。

でも、確かにアルバムはイマイチですね。

> ペロはやはり要注意人物ですね、見逃せません。

ごめんなさい。
これまで注意して聞いてこなかったですね。
そんなにいいのですか。

> midicronicaの1st、放源周りのコンピ、油風呂
どれも初耳でしたので、調べてみました。
「放源」はEI-ONE、はなび、BB the KO、ペロスポーツ、ガスケンの5人グループ。
「油風呂」は木木木、papaman、ペロスポーツのグループですね。
「midicronica」はよく分からなかったのですが、ゴリラズのような覆面グループってことでしょうか。
メンバーの大半の名前を知っている放源ですが、
正直EI-ONE、はなび、ガスケンがいるだけで微妙だと思ってしまいました。

こんな感じでまったくペロスポーツを知らないので、ソロアルバムの情報は当方持っていません。
ごめんなさい。

また、コメントいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
gogonyanta | 2007.05.11 Fri 01:18
ネットでネチネチ気持ち悪いですね。
どーせ売れてないARTISTなんだから、
いちいちネガティブキャンペーンしなくていいと思います。

そのつもりなくてもそうなってます。

不快です。

どうせ叩くならみんなが賞賛する売れっ子メジャーを叩けばいいんじゃないですか。
弱きを助け強きをくじく精神とかないのでしょうか?

どうせかくなら気に入った無名の人だけかけば?
見てて痛々しいです。

では
みなきゃいいというでしょうが検索で引っかかりますし、みんな見てるんだと考えるとさらに痛々しいです。

MOとかいう方は本当に気持ち悪い神経ですね。
いわゆる日本語ラップヲタなのでしょうか?
人格まで否定するあなたの文章はちょっと異常です。

オリガミでもきいて自慰でもしていただければと思います。

あなた方のような、スノッブかつナードなリスナーの連鎖が音楽をマイナスの方向へ導いている1つの要因であることを認識してみてください。
| 2007.05.11 Fri 17:15
>サグを気取ってるラッパーより数段タチが悪いかと。


こんなとこでキーキー言っているあなた方のほうが
タチが悪いですよ。

ハッキリいって有害です。
A | 2007.05.11 Fri 17:17
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1211
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中