すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 餓鬼レンジャー『UPPER JAM』 | main | スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい / Smokin' Aces >>
FENCER『Blowin' in the wind』

2006年リリースのミックスCD。

何といっても注目は、Shing02の新曲「栞」。
しかも日本語詩。

そのシンゴ02の曲は、FENCERという人とSOONYという人によるユニット、
SUBURBANへの客演という形だ。
これがいい。
久し振りに心にズシンと来た。

"窓際の自由席 / 直向きに走る線路の横に写る / 生きた五線紙みたいに跳ねる電線と /
 竹みたく揺れる電信柱に / 気も高く揚がる"
"映像みたいに枠があるから / 動く景色には音が良く似合う"

"追い風参照、非公式に記録する、旅日記の紙飛行機 / 晴れた気分は空飛ぶ箒 /
 君がくれた音を聴きながら / はぐれ雲泳ぐ、青の無限に / 鳶が鳴きながら円を描く /
 きっと見渡せるだろうあの尾根の向こう / 屋根が点描みたく見えるだろう /
 船も水平線に滲むだろう / 君は何をしてるだろう / 恐らく小忙しくしてるんだろう /
 宝石よりも価値のある / 手作りの贈り物、受け取ったよ /
 そう、出来よりも詰め込んだ気持ちが / 伝わればそれで充分だから /

車窓からの眺め、鳶へ思いをはせ、そこから下界をみる視点、
そして、"電波よりもずっと強"く想いを伝える手紙という素晴らしさ。
やっぱシンゴ02は詩人だ。
ヒップホップにはここまで表現できる深さがあるはずなんだよ。
言葉の芸術なんだから。
押韻という制約がありながら、逆にあるからこそ面白くなる表現方法だと思う。
可能性はまだまだあるはずなんだ。

"玉色の斑猫に誘われて、神妙なお散歩に出かければ、"

ヒップホップを聴いていて"斑猫(ハンミョウ)"なんて言葉を聴くとは思わなかった。
ここでハンミョウかぁ。
感嘆の言葉しか出てこない。

"一度開いた地図を / 綺麗に畳むのが難しいのには訳があり"

美しい。
小さいときに広げた地図が畳めなくて、親に頼んだものだけど、
あのとき私は、畳めないほどの思い出を抱えていたのかもしれない。
こういう表現がまだまだ出てくるシンゴ02というアーティストに畏敬の念を抱く。


素晴らしいのはここまで。
この後の音楽は個々に聴くと素晴らしいのかも知れないけれど、
左耳から入った曲たちはそのまま風に吹かれて右耳へ抜けてしまい、心に届くことはなかった。

「Face 2」の1曲目にはGEBOがフィーチャリングされている。
こちらは普通。
初めてGEBOを聴いた韻シストの「nocturn」では、そのラップに圧倒されたけれど、
今回は何とも思わなかった。


「Face1」34"48
M1.Suburban feat.Shing02 / 栞
M2.Quantic / Life InThe Rain (Chal Faure mix)
M3.Quantic / Throught These Eyes
M4.Capoeira Twins/ Messin' Around
M5.Bonobo / Terrapin (Mr Scruff mix)
M6.Frytronix / Shades Of Jade
M7.Corrina Joseph / Live Your Life With Me
M8.Quantic / Not So Blue
M9.A.T.C.Q / After Hours (Sir Piers & Frank White mix)
M10. Tina Moore / Never Gonna Let You Go (Tuff Jam vocal edit)
M11. Bob Maley / What Goes Aroud Comes Around (Alex Natale remix)

「Face2」36"47
M1. Fencer feat.GEBO
M2. Quantic / Apricot Morning
M3. Quantic / The 6th Exotic
M4. Jon Kennedy / Smith VS Smith
M5. Soul Drummers / Now Or Never (Marc's mix)
M6. Choroma / Spiral Motion
M7. Ukai Seiji / Strong Land.oup (FENCER edit)
M8. Jung Collective / You That Is That You
M9. Quantic / Sweet Calling
M10. A.T.C.Q / Bonita Applebun (Sir Piers & Si Ashton mix)
M11. Jon Kennedy / What You Searchin For (Al Stylis mix)
M12. Bebel Gilberto / August Day Song (King Britt remix)
M13. Future Loop Foundation / What's Your Name? (FLF extended mix)
M14. The Funky Lowlives / Irreplaceable
2007.05.11 Friday 23:59 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.09.06 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
この作品はまだ買えますか?
ゆう | 2007.05.15 Tue 16:16
ゆう様

こんばんは。
私はFENCER自身のサイト(http://www.neophyte.jp/)から買ったのですが、
先程見たところ、売り切れのようです。
5月18日にSuburban featuring Shing02『栞』の12インチが発売されますが、
そのページでもオンライン分の予約受付は終わっているようです。
市販もされるようですので、そちらで捜されてはいかがでしょうか。

お役に立てず、すみません。
gogonyanta | 2007.05.15 Tue 23:34
ありがとうございます。すごい聞きたいので探してみます。
ゆう | 2007.05.16 Wed 08:59
無事アナログを聞けました!ホント素晴らしいですね。早くCDになって色々な人に聞いてほしいなって思いました
ゆう | 2007.05.18 Fri 18:46
ゆう様

こんばんは。
良かったですね。
逆にシングルカット版はCDと違いがあったりするのか知りたいですね、私は。
何にせよ、Shing02の中でも5本の指に入る素晴らしさだと思います。
gogonyanta | 2007.05.19 Sat 00:49
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1217
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中