すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< ハセベバクシンオー『ダブルアップ』 | main | AI『LIVE A.I.』 >>
五十嵐貴久『リカ』

読了。
☆☆☆/5点中

第2回ホラーサスペンス大賞大賞受賞作品。

********************************
妻子を愛する42歳の平凡な会社員・本間は、出来心で始めた出会い系サイトで
"リカ"と名乗る女性と知り合う。
しかし彼女は、恐るべき"怪物"だった。
長い黒髪を振り乱し、常軌を逸した手段で本間に迫る。
********************************

 まあ、小説版座敷女。
 怖いことは怖いし、一気読みできる文章力はあるけれど、
 漫画でも映画でもこの手の常軌を逸したストーカー話は
 氾濫しているので、主人公・リカをイメージしやすく、著者も
 それを理解した上で、テンポ良く物語を展開している。
だから、とても読みやすいけれど、新機軸はなし。

扉への植毛とタクシーへの追跡シーンがとても良かった。

単行本で読んだが、文庫版だと"単行本未発表の衝撃のエピローグがついた完全版"らしい。
単行本のままでも余韻があっていいと思うけれど、気になるので立ち読みしてみよう。


****************************
五十嵐貴久(いがらし たかひさ)
1961年、東京生まれ。成蹊大学文学部卒業後、出版社に入社。
2001年、『リカ』で第2回ホラーサスペンス大賞大賞受賞。

2002.02 『リカ』(幻冬舎)
       →幻冬舎文庫
2003.01 『交渉人』(新潮社)
       →幻冬舎文庫
2003.04 『安政五年の大脱走』(幻冬舎)
       →幻冬舎文庫
2003.07 『1985年の奇跡』(双葉社)
       →双葉文庫
2004.09 『Fake』(幻冬舎)
       →幻冬舎文庫
2005.01 『TVJ』(文藝春秋)
       →文春文庫
2005.08 『2005年のロケットボーイズ』(双葉社)
2006.10 『パパとムスメの七日間』(朝日新聞社)
2007.06 『シャーロック・ホームズと賢者の石』(光文社・カッパノベルス)
2007.09 『交渉人遠野麻衣子・最後の事件』(幻冬舎)
2007.10 『1995年のスモ−ク・オン・ザ・ウォ−タ−』(双葉社)
2008.01 『相棒』(PHP研究所)
2008.03 『For You』(祥伝社)
2008.05 『年下の男の子』(実業之日本社)
2008.07 『誘拐』(双葉社)
****************************
2007.07.12 Thursday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.09.06 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1361
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中