すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 樋口有介『船宿たき川捕物暦』 | main | Blue Mitchell『Blue's Moods』 >>
KATOMAIRA『三十路の投げKISS』

2007年6月18日(?)リリースのCD-R。

はてなアンテナのプライベートモードに設定されたページにリンクが張られたらしく、
3月ぐらいからアクセスが頻繁になっていた。
アドレスを見ると「katomaira」となっていて、何だろう誰だろうって不思議に思っていたけれど、
プライベートモードページだし分からない。
こそこそ見られている感もあって、正直不快だったが、
ある日高円寺にあるインディーズ音源専門店で、これを見つけてびっくり。

さてさて、KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'Sのひとり、カトマイラのソロ音源。
コチトラハグレティックMC'sの方は『アングラの詩的な進化論 VOL.3 永面』で
1曲だけ聴いたことがあった。
たいして印象に残らなかったけれど。

で、このCD-Rは、5曲で13分15秒。2分半ちょっと空白があって、
33曲目に1曲(2"04)入っているという構成。

このラップが好きか嫌いか、と二択で問われれば、ノーなんだけど、
1000円だし、損した気分にはならなかった。

気に入った曲もあって、
"あなたは何処の人ですか? / あなたの居場所は何処ですか?
 ここが本当に好きですか? / あなたの何かはありましたか?"
というフックがあるM4「何処の人?」は良かった。
東京での希薄な人間関係などを若干のテレも入っているけれど、
真面目にラップしているいい曲だと思う。

しかし、"中年のくせにとるBボーイスタンス"や"おじさん"等々のリリックや、
タイトルでも「万年肩こり宣言」、「中年年中」、「三十テイク」など、
自分の歳(今年33歳らしい)を卑下するのが目立つ。
そんな言葉が多いと、なんだかなぁと思えてくる。
ザ・ブルー・ハーブのボスだってそのぐらいの歳だろうし、スチャダラパーはもっと上だろう。
でも、彼らは下手な若手よりよっぽどやんちゃで愉快な音を出している。
"中年"であることがキャラ立ちに役立つとは思えないけどな。

M3やM4辺りのフロウを聴いていると、少しYOU THE ROCK★を思い出した。
時々環ROYみたいになることもあるけれど、どことなく懐かしい。

PUN-Pという人が作ったトラックはM4とM5が良かった。
少しジャンクなビートなんだけど、きれいな上物が乗っていていい。
2007.07.21 Saturday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1378
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中