すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 岡嶋二人『99%の誘拐』 | main | 五十嵐大介『海獣の子供』第1〜2巻 >>
Da.Me.Records『月刊ラップ 2007年7月号』

2007年7月28日リリースの7月号。

CDサイドから。
全8曲中3曲がすでに発表されているアルバムか今度出るアルバムからの宣伝曲で、
1曲がスキットのようなもの。
ただ既発曲でもそれを買わなかった人間にとってみれば、
未発表曲のようなもので、そこそこ嬉しい。

今回は曲がバラエティに富んでいて楽しめた。

O-LA-UTANはダースレイダーのブログでもたびたび名前が出てきて、
その熱いライブについて語られることが多く、気になっていたグループ。
音は意図的に粗くしているのだろうけれど、まあラップサークルレベルかな。

Mr.O.K.I.にはピクリとも心が動かされなかったから、一度病院に行こうと思う。

「ノルマ地獄 pt.2」以来の神門。
まったく共感できなかった前作とは違い、今回の方が良かった。
ただフックでも同じ調子でラップをするので、淡泊に聞こえてしまうのはもったいないような。
のどかな感じのトラックもラップと相まっていい。
あまり新人という感じがしない。今月出るミニアルバムは期待していいのかな。

はなび。
内容はどうでもいいけれど、新鮮な内容をすぐアウトプットするのは「月刊ラップ」のいいところだ。
ライムスターへの熱い想いを語っている。

新潟のラッパー・USU。
初めて聴くけれど、とてもうまい。
ラップに重心を置いた録音がいい。
7月に出たアルバムからの曲。
多分アルバム自体は趣味ではない音やリリックで満載なのだろうけれど、
ラップはよく声が通るようだし、うまい。

ダースレイダーとチャカパーン、ガッツキマンの3人がラップしている「可燃物!!」は、
せっかくのトラックなのだから、もうひとり華のあるラップがあれば良かったのに。
3人とも堅実というか地味めなラップでもったいないように思った。
KEN THE 390とか環ROYとか。

マガジンサイドは、やっぱり後半が読めない。
ダースレイダーの漫画コーナーまでがギリギリ。
『ビー・バップ・ハイスクール』はもう一度読みたくなってきた。

GAGLEのラップの技術の話やDJ KRUSHの"悪いことを突きつめる"話をじっくり読みたかった。
実現できるならDJ KRUSHの「2万字インタビュー」を希望。
MC仁義の昔話も楽しめた。
聞き手がラッパーかつトラックメイカーだから、その利点を生かした質問が一番面白い。
もっとインタビューページを増やして欲しい。

でもやっぱり、中途半端な印象が残ってしまう。
CDのみでも良かったのでは、というのは変わらず抱いてしまう感想だ。
収録曲が少なくなったので、遊びの曲が苛立たしく感じてしまうのだ。
前なら2〜3曲ダメな曲があっても、目立たなかったけれど。


全8曲:26分23秒
1.O-LA-UTAN「乗っ取りプロジェクト」
2.Mr.O.K.I.「コメント from the O-ZONE!!」
3.Mr.O.K.I.「HIBRID RHYMES」
4.神門「微睡」
5.はなび「クソガキ」
6.USU「BLACK MIC -RAP CITY- (DJ Y?REMIX)」
7.DMR「可燃物!!」
8.DARTHREIDER & COYASS「STAND UP!」
2007.08.01 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.16 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1396
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中