すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』全10巻(文庫版) | main | B'z『RUN』〜『FRIENDS』 >>
東直己『探偵はバーにいる』

読了。
☆☆/5点中

************************************
札幌・ススキノで便利屋をする「俺」は、いつものようにバー「ケラー・オオハタ」の扉を開けた。
待っていたのは大学の後輩。同棲している彼女が戻ってこないという。
どうせ大したことあるまいと引き受けた相談事は、いつのまにかラブホテル殺人事件にたどり着く。
************************************

酒を飲みまくり、クサも嗜みながら、人と人の繋がりから事件を解決していく探偵。
一人称視点で描かれるために、名前は読者に知らされない。
外見は、身長が約175cm、体重は約80kgで、ダブルのスーツに派手なネクタイの28歳。
決してストイックではないし、ケンカが目茶苦茶強いわけでもない。
とてつもないひらめきがあるわけでもなく、地味に事件に取り組む。

冒頭に、
" ちょっと昔、風俗営業法が変わる前、「ソープランド」が「トルコ」と呼ばれ、・・・"
とあり、また居酒屋で交わされる話題が「スチュワーデス物語」だったりすることから、
1983年〜1984年ぐらいが舞台なのだろうか。

事件そのものは地味だし、特に惹かれるものはないが、
やはり主人公のキャラクターが面白く、このシリーズは読み進めてしまう。


ラスティ・ネイル
レシピ:スコッチ・ウィスキー 30ml
    ドランブイ       30ml
作り方:材料を氷を入れたオールドファッションドグラスに注ぎ、ステア。

ただ本文中の「ケラー」で飲むのは、特性のラスティ・ネイル・カスタムで、辛口らしい。ウィスキー45mlでドランブイが15mlか?

探偵の友人・高田が必ず飲んでいる「ハワイアン・ライン」は不明。
2007.08.16 Thursday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1421
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中