すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< チャットモンチー『生命力』 | main | 野中柊『マルシェ・アンジュール』 >>
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』

2000年10月7日リリースのファーストアルバム。

確かこの年の夏に日本語ラップを聴き始めて、完全にはまったのがこのアルバム。
飽きずにこのジャンルを聴き続けているのは、このファーストアルバムがあったからだと思う。

今でも覚えている。
渋谷HMVで、1曲目の「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND」を聴いたときの衝撃。
"HeyYo!MICROPHONEから調子はどうだ / いくぜ百戦錬磨のFLOWが"
有無を言わせないフックとシンプルだけど体が揺らすトラック。

それまでに聴いていた『リスペクト』は駄洒落の一歩手前だなと感じていたし、
『STILLING, STILL DREAMING』は長らく聴いてたタイプのロックと同じで重すぎた。
アーティストの生い立ちや思想、もろもろの引きずっていることよりも、
もっと音楽を気楽に楽しみたいと考え、いろいろ捜していた頃で、
この音はまさに私の心に"ドンピンシャン"だった。
DABOのヴァースにあるように、ニトロのリリック・音には"あって無いようなもんさ目的は"、
といった具合に、ラップにメッセージなんてものはなくて、
ただラップすることを楽しんでいるのが伝わってきて、それが良かったのだ。
8人の軽快でスムーズかつノリのいい音は最高に面白かった。
今聴いてももちろん良いけれど。

分かりやすいうまさでいえば、DABOは8人の中でもダントツのラップ巧者で、
M2「BAMBU」のあざやかなホストっぷりを聴いてもよく分かる。
SUIKENのハチャメチャな日本語の使い方は、最近になってネットでリリックを見つけて、
ああ、こんなこと言っていたのかと今になって理解できたりして、楽しい。
S-WORDの声のかっこよさ。
"おいおいおい かなり面倒臭えな"で始まるM3「MISCHIEF」のヴァースなんてホントいい。
MACKA-CHINのすっとぼけたラップもまた味わいだけど、時々、
"愛し合うのは順番待ち 二人乗り込むボート"と詩情溢れるリリックがあったりして、
それもまた他の7人と違うところで、いいんだよなぁ。
GORE-TEXは歌詞カードがないので、さっぱり意味が分からないラップで勢いだけはあって、
それが8人の中に入るとちょうどいいアクセントになる。
DELIの甲高い声は聞き分けやすくてとても良かった。
M10「JUS' PLAYIN'」でのXBSもたまらない。
XBSを引き立たせるためのトラック。
彼自身のソロ作でもここまでの曲はなかった。
それと、XBSに繋げるところのDABOのかっこよさもまた。

ニトロはトラックの明るさも含めて、リリックに暗さがないのがいい。
M6「ASAMA131」に代表される、明るいエロ要素も魅力だ。
"出発進行ASAMAで発射 / 発射! 発射! どぴゅっと発射!"
ついつい口ずさんでしまう。
スキットも楽しいし。
コミカルであることを怖れていない姿勢も長所だと思う。

トラックといえば、DJ WATARAI。
M1もそうだけれど、M8「REQUIEM」のシンプルなんだけど、腰にグイグイくるグルーヴ。
これらの曲を聴いて私の中で、DJ WATARAIの名前は一種のブランドになった。
M8はラップはたいしたことないのに、いい曲と思わせてしまうのはトラックのなせる技だ。


これまで日本語ラップのアルバムを色々聴いてきたけれど、
こんなにマイクリレーを楽しめたアルバムはない。
まあでも、最初から完璧な曲(特にM1)を出してしまったが故に、
期待値が高く、自分たちでもそれを越せずにいる現状なんだろうけれど。


1.NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
  lyric:GORE-TEX、DELI、BIGZAM、XBS、SUIKEN、DABO、MACKA-CHIN、
  S-WORD / music:DJ WATARAI
2.BAMBU
  lyric:DABO、GORE-REX、S-WORD、MACKA-CHIN /
  music:Mr.ITAGAKI a.k.aITA-CHO
3.MISCHIEF
  lyric:DELI、SUIKEN、GORE-TEX、S-WORD / music:YAKKO
4.3 ON THREE (三銃SH*T)
  lyric:DABO、SUIKEN、S-WORD / music:D.O.I
5.PYRAMID
  music:MUNEO 045
6.ASAMA131
  lyric:MACKA-CHIN、XBS、BIGZAM、SUIKEN、S-WORD / music:MUNEO 045
7.となりのお姉さんが…
  music:DJ WATARAI
8.REQUIEM
  lyric:S-WORD、MACKA-CHIN、GORE-TEX、SUIKEN / music:DJ WATARAI
9.S.K.I.T.
  music:MACKA-CHIN
10.JUS' PLAYIN'
  lyric:DABO、XBS / music:DJ HAZIME
11.INFINITY
  music:AQUARIUS
12.HARDCORE
  lyric:MACKA-CHIN、XBS、GORE-TEX、DELI / music:DELI
13.UNSTOPPABLE (LIVE AT 江戸城ホール)
  lyric:DELI、GORE-TEX、XBS、DABO / music:DJ VIBLAM & GORE-TEX
14. ピコピコポン
  music:スリジャワラルダナプラ, テコ(?)
15. クチずさんでごらんよ
  lyric:XBS、SUIKEN、GORE-TEX、DELI、DABO / music:MACKA-CHIN
16. NICE DREAM
  music:GORE-TEX
17. ボクも
  lyric:MACKA-CHIN、GORE-TEX / music:GORE-TEX & MACKA-CHIN
18. SKIT
  music:DJ HAZIME
19. 45 FINGAZ OF DEATH
  lyric:DELI、GORE-TEX、BIGZAM、SUIKEN、DABO、XBS、S-WORD、
  MACKA-CHIN / music:DJ HAZIME
20. さきっちょだけですけれども
  music:MACKA-CHIN
【SECRET TRACK:3分間の無音後にスタート】
   LIVE '99
  lyric:DELI、SUIKEN、DABO、MACKA-CHIN、GORE-TEX、XBS、S-WORD /
  music:DJ VIBLAM


****************************
1999.11.05 1st SG『NITRO WORKS』
2000.10.07 1st AL『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』
2003.02.26 2nd SG『NITRICH / SPARK DA L』(新星堂数量限定)
2004.01.01 1st mini ALUPRISING
2004.08.25 2nd ALSTRAIGHT FROM THE UNDERGROUND
2006.04.07 未発表音源集『unreleased』(タワーレコード数量限定)
2007.05.30 3rd SG『SPECIAL FORCE』(web配信限定)
2007.09.19 4th SG『The Chronicle』(+DVD)(数量限定)
2007.11.07 3rd ALSPECIAL FORCE
2008.12.31 2nd mini ALBACK AGAIN
2009.08.05 best AL『NITRO X 99-09
2011.01.01 4th ALTHE LABORATORY
****************************
2007.10.31 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(9) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.14 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
俺は日本語hiphop好きな友人に凄くいいからと薦められて
初めて買ったhiphopのアルバムが本作でした
2000年秋だったきがします。

一曲目から、
凄まじい衝撃を受けたことをはっきり覚えてます。

なんだこれは?!と、それまで日本語ラップなんてバカにしていた高校生で洋楽のロックやR&Bばかり聴いていたので
本当に驚きました。
日本人でもこんなに自然に本格的な音をだせるのかと
一気に日本語ラップを聴きまくりました。

まあ 当時このアルバムが凄く傑作だったので(仏陀やスチャダラパーのアルバム以外)なかなかこれを越える良作は聞けなかったんですが…笑
そろそろ新作が出るようですね。
どんなかっこいいものになってるのか楽しみです
大輔 | 2007.11.01 Thu 09:55
お久しぶりです。
私もニトロのファーストは大好きです。セカンドのSTRAIGHT〜も好きです。周りは微妙って言いますがね。
リリックの意味のなさがニトロのいいところですよね。
ですけどこの前でたシングルの「THE CHRONICLE」は珍しくメッセージ性がありました。もちろんラップもよくて、トラックもよかったです。
機会があれば是非聞いてみて下さい。
wanyanaguda | 2007.11.01 Thu 22:31
大輔様

こんばんは。
コメントありがとうございます。
だいたい同じような聴き方をしていますね。

> そろそろ新作が出るようですね。どんなかっこいいものになってるのか楽しみです
そうなんですよね。そのために久し振りに聴き返してみたのです。
今回はどんなのが出てくるのか楽しみなような、そうじゃないような、複雑です。
前作があれでしたからね。



wanyanaguda様

こんばんは。いつもありがとうございます。

> セカンドのSTRAIGHT〜も好きです。周りは微妙って言いますがね。
そうなんです。私も微妙だと思います。3年前は。
でも今聴いたらまた違うのかなとちょっとだけ期待して今度聴いてみようと思っているのです。

> シングルの「THE CHRONICLE」は珍しくメッセージ性がありました。
ええ、これとタワレコ限定で出たやつも聴いてみたいです。
gogonyanta | 2007.11.02 Fri 02:33
どぴゅっと じゃなくて、ロケットね。
札月 | 2008.04.30 Wed 03:54
どぴゅっとでしょ。
ラミエル | 2008.04.30 Wed 21:37
難聴だろ?


病院いけ
おまえ | 2008.05.01 Thu 01:35
札月(おまえ)様

こんばんは。

え〜と、私が持っているのは初回盤でして歌詞カードがついておらず、聞き取りになってしまうのですが、"どぴゅっと"と聞こえるんですよ。不思議ですね。多分私の持っている盤は不良品なんだと思います。今度レコード会社に抗議してみます。ご指摘ありがとうございます。



ラミエル様

こんばんは。はじめまして。

まあ、なんていうか無粋な話になりますが、"出発進行「アサマ」で発車"と"朝まで発射"が掛けられているわけですよね。意外といってしまってはニトロの面々に失礼ですが、結構ねられていてうまいし、面白いフックですよね。こういう愉快なところが最近の彼らには足りなくて残念と思います。
gogonyanta | 2008.05.02 Fri 00:20
はじめましてなのになんか淡白なコメント残して申し訳ないです。

あれは間違いなく「どぴゅっと」ですよね。もし「ロケット」だとしたらもうニトロは聴きません。
ラミエル | 2008.05.02 Fri 00:38
ラミエル様

いえいえ、ありがたかったです。病院に行くところでした。

> もし「ロケット」だとしたらもうニトロは聴きません。
確かに。
gogonyanta | 2008.05.02 Fri 00:46
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1560
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中