すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< パンズ・ラビリンス / El Laberinto Del Fauno | main | 大沢在昌『新宿鮫 IV 無間人形』 >>
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND『NITRICH/SPARK DA L』&『UPRISING』

2003年2月26日リリースのシングル(新星堂のみで発売)。

2曲とも8人が揃って、しかもDJ WATARAIによるビート。
当然期待は高くなったけれど、M1「NITRICH」はどうもピンとこない。
8人のラップ自体はファーストと変わらないノリの良さやいい意味での軽薄さがあるけれど、
トラックにこだわりを盛り込みすぎたのか、抜けが悪い。

M2「SPARK DA L」は、ラップもダメになった感じ。
ファーストアルバムから2年と少しが経ったけれど、何ら成長していない8人がいる。

1.NITRICH
  lyric:MACKA-CHIN、DELI、S-WORD、GORE-TEX、SUIKEN、XBS、DABO、
  BIGZAM / music:DJ WATARAI
2.SPARK DA L
  lyric:DELI、BIGZAM、SUIKEN、GORE-TEX、DABO、XBS、MACKA-CHIN、
  S-WORD / music:DJ WATARAI



2004年1月1日リリースのミニアルバム。

インストのM1「TERMINAL-1」を聴いていると、オッ今回は期待できるのかと、気分が高ぶる。
続くM2「WATACK」はトラックもかっこよくて、MACKA-CHINがトップで盛り上げて、
二番手BIGZAMで落とす。
どうして、ビグザムなのだろう。そこはDABOの起用ではないのか、普通。
ダボがマイクを取れば名曲になったはず。

M3「Coming Soon」では、意外にルーズなビートもニトロに合っているのは発見だと思う。
が、それを乗りこなせるのが、ダボとマッカチンだけというのは辛い。
S-WORDもがなるスタイルではなく、以前のようなフロウだったらできたかも。

M4「DOLLAR BILL」のようなビグザムの起用の仕方が一番正しいやり方だと思う。
ベンチウォーマーにはベンチウォーマーの位置があるはず。

M4やM5「テスタ・ロッサ・フェスタ」の曲調ってニトロに合いそうなものだけど、
意外に合わないないもんなんだなと思ったのを覚えている。
GORE-TEXがいたら、印象も違っていたのかもしれないけれど。

M2と同じDJ WATARAI印のM6「UPRISING」を聴いていると、
このグループの曲の良し悪しはトラック次第なんだなと、したくもない確認ができる。


1.TERMINAL-1
  music:
2.WATACK
  lyric:MACKA-CHIN、BIGZAM、DELI、XBS、SUIKEN、S-WORD /
  music:DJ WATARAI
3.Coming Soon
  lyric:DABO、MACKA-CHIN、S-WORD / music:KASHI DA HANDSOME
4.DOLLAR BILL
  lyric:DELI、SUIKEN、S-WORD、XBS、BIGZAM / music:DJ HAZIME
5.テスタ・ロッサ・フェスタ
  lyric:BIGZAM、DABO、SUIKEN、MACKA-CHIN、DELI /
  music:Mr.ITAGAKI a.k.a.ITA-CHO
6.UPRISING
  lyric:SUIKEN、S-WORD、DELI、MACKA-CHIN、XBS、DABO / music:DJ WATARAI
【SECRET TRACK:13分間の無音後にスタート】
  STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND
  music:DJ VIBLAM
2007.11.01 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1564
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中