すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 大沢在昌『新宿鮫 IV 無間人形』 | main | 大沢在昌『新宿鮫 V 炎蛹』 >>
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND『STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND』

2004年8月25日リリースのセカンドアルバム。

今度のサードアルバムと同様、このセカンドも待ちに待った作品だった。
ワクワクしながらCDデッキに放り込んだのを覚えている。
で、数回通して聴いてみて、ナイキのスニーカーの箱を模した使いにくいケースに戻し、
何もそこまでウータンの真似をしなくてもいいのに、と知った口を叩いたものだ。

あれから3年。久し振りに聴いてみた。
あまり印象は変わらない。
15曲すべてがラップ曲で、愉快なスキットがM7「THRILL FLIGHT」の冒頭だけ。
もっとゆるく、だらだらしたスタイルで、かっこよくラップするのがニトロの魅力だと思う。

このアルバムで一番の目玉は、M5「毒々」にあるZEEBRAへのディスだった。
それだけというのも悲しいけれど。
TOKONA-Xのルーティンなフックの後のBIGZAMが、

"お次はシマウマの生き埋め しつこく接近 何でもかます
 裏表センズリこくみたくこなす 器用でいやらしい夢物語だす
 勝手に振る舞い酒 酒の場で社交染みた態度でかまして
 こっちはいつでも余裕だぜ 泥にまみれて戦う戦士だぜ"

とジブラを罵倒する。あのビグザムがだ。
まあ、反権力は若者の特権だしと思っていたら、続くS-WORDがその尻馬に乗って、

"そうそう 全く奴の言う通り 臭えんだよ嘘臭え お前のゆとり
 偉そうに先輩面すんなボケ 墓穴ほってテメエでケツでも掘っとけ
 FIRST何たら知らねえが こちとら自家用ジェット飛んだ FORCE ONE
 ****見方にハイサヨナラ 空に散るイタタタPHRASE PONG
 気づいたか理由がSKILLボンボン 名だけの汚れよANY DON DON
 外れてくREALが無えNON NON そこ退けハーコー気取りのボンボン"

これって明確なジブラへのディスだと思うのだが、ジブラはアンサーしたのかな。
二流、三流のラッパーにやられたなら無視もするだろうけれど、
実力も人気もあるニトロにやられて、返答なしは彼の好きなヒップホップマナーに反するのでは。
ビグザムにとっては、上に上がるために手っ取り早いのが下克上なわけで理解できるけれど、
スウォードはどうしたのだろう。
がなるスタイルが似てきたからだろうか。お前が元に戻せ、と。


ビグザム以外の7人は成長もないけれど、それなりのラップをしていていいとは思う。
やっぱりトラックなんだろうな。

そういえば、YouTubeで初めて「STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND」のPVを見た。
アルバムで聴くより、PVで聴く方が圧倒的にかっこよかった。
SUIKENのビートを易々と乗りこなして、怪しげにラップする姿はいい。
あの映像の荒削りさが音にも欲しい。


1.STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND
  lyric:DABO、GORE-TEX、DELI、MACKA-CHIN、SUIKEN、XBS、S-WORD、
  BIGZAM / music:DJ VIBLAM
2.D.R.V
  lyric:SUIKEN、DELI、S-WORD、XBS、DABO、GORE-TEX / music:DJ VIBLAM
3.ONE DROP
  lyric:DABO、XBS、DELI、GORE-TEX / music:DJ WATARAI
4.HIGHEST FLOOR
  lyric:SUIKEN、MACKA-CHIN、S-WORD / music:DJ WATARAI
5.毒々 feat.TOKONA-X
  lyric:TOKONA-X、BIGZAM、S-WORD、DABO / music:DJ HAZIME
6.10%無理 feat.MURO
  lyric:MURO、MACKA-CHIN、DELI、BIGZAM、S-WORD、GORE-TEX / music:MURO
7.THRILL FLIGHT feat.odeco de gocci
  lyric:DELI、SUIKEN、XBS、DABO、BIGZAM、S-WORD / music:MACKA-CHIN
8.地下の帝王
  lyric:S-WORD、GORE-TEX、SUIKEN、BIGZAM /
  music:MR.ITAGAKI a.k.a.ITA-CHO
9.DOWN THE LINE
  lyric:DABO、MACKA-CHIN、GORE-TEX、DELI、BIGZAM、S-WORD、SUIKEN、
  XBS / music:MR.ITAGAKI a.k.a.ITA-CHO
10.たてめえん
  lyric:MACKA-CHIN、DELI、DABO、XBS / music:TOSHIKI DA HARDBOP
11.MIDNIGHT MIC RELAY
  lyric:MACKA-CHIN、XBS、DELI、DABO、BIGZAM /
  music:MR.ITAGAKI a.k.a.ITA-CHO
12.ナイバビFIVE feat.KAKASHI DA HANDSOME
  lyric:KASHI DA HANDSOME、MACKA-CHIN、DELI、DABO、SUIKEN
  music:KASHI DA HANDSOME
13.SOAP (オーストラリア)
  lyric:GORE-TEX、DELI、SUIKEN、DABO、BIGZAM / music:MACKA-CHIN
14.悪戯伝説
  lyric:XBS、DELI、DABO、SUIKEN、S-WORD / music:AQUARIUS
15.STILL SHININ'
  lyric:S-WORD、DABO、BIGZAM、GORE-TEX、SUIKEN、XBS、MACKA-CHIN、
  DELI / music:DJ WATARAI
2007.11.02 Friday 23:59 | 音楽 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.05.21 Sunday 23:59 | - | - | -
コメント
ださいアルバム
| 2008.05.13 Tue 23:00
名無し様

こんばんは。

> ださいアルバム
まあそうおっしゃらず、この当たり外れの大きさがニトロらしくて、毎回期待してしまうのではないかと。このセカンドも結構ビートがいいという評判もあるようですし。
gogonyanta | 2008.05.14 Wed 00:41
はじめまして。アメリカの大学一年生です。つい最近、ラッパー「レイト」のアルバムが気になってググっている途中ここにたどり着いたのですが、あまりにも多くのアーティスト、漫画、映画を鋭くレビューしているサイトで驚きました
過去のレビューからgogonyantaさんの少し辛口ながらも的確な見解を読ませてもらっています
僕もこのアルバムは結構好きです
誰もが言うようにファーストの衝撃こそ越えられはしませんでしたけど
イトキン | 2008.11.12 Wed 09:03
イトキン様

こんばんは。
はじめまして。

ブログ、ハイテンションで面白いです。気づいたらずいぶんと長い時間読みふけっていました。圧倒されちゃいました。日本よりもいいラッパーがたくさんいそうで、アメリカ生活がうらやましいです。

これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2008.11.13 Thu 00:38
ブログ見てくれたんですか!恐縮です
恥ずかしいぐらい本当に勢いだけみたいなブログですが、わざわざ読んでくれてありがとうございます
僕は音楽は日本のラップから聴き始めて、今は主に洋楽、邦楽のロックやアルタナティブ、なかでも日本のインディーズとかに注目しています
ラップやヒップホップは少し自分の中でマンネリ化してしまいましたが、ちょっと前までは日本とアメリカのアーティストや思考を比べたりしていました。
このレビューサイトは日本のヒップホップ、それもスイカからキリコからニトロからダメレコまで幅広く、ライブにも自ら出向いて、しっかりとシーンを見て出来上がっているのだなと思いました。 そしてなによりヒップホップだけじゃなく、最近の9mmパラベラムバレットやミドリ、そして一見インディーズ好きの人たちが避ける倖田來未やファンキーモンキーベイビーズまでもレビューしているところに驚きました。 本当にこれだけ音楽の幅を広げて書けるところが素晴らしいと思います。 今まで見てきたレビューサイトのなかでもかなり良質な評価をしている方だと思います。 こんな長々と気持ち悪いラブレターみたいなのをコメント欄に書いて非常に迷惑なのはわかりますが、是非、単なる学生の感動として理解してください。若干18歳ですが、コメントしたりしなかったりしながらこれからも読ませてもらいます。 ちなみに僕は邦楽にもっと聞き入りたいのですが、いかんせんアメリカに住んでいますし、なにしろ貧乏なので日本の特にほしい音源はなかなか手に入りません。 音楽の知識もまだgogonyantaさんに比べたら全然しょぼいので、間違えて幼稚な見解をしてしまっても軽く流してください。 
イトキン | 2008.11.13 Thu 07:33
イトキン様

こんばんは。
いやぁ、嬉しいです。長文のコメントって読む楽しみがあるので非常に嬉しくなります。

音楽なんて知識がなくても本人が楽しんでいればそれで十分だと思います。ですから、イトキンさん(このハンドルネームでいくんですか?)がそりゃアンタ間違っているよという聴き方をしていたら、速攻でちゃちゃを入れてくださっても一向にかまいません。というか、そういうのは結構好きなんです。

チャート番組が好きということもあって、これからもできるだけ幅広く聴いていこうとは思っています。よろしくお願いします。
gogonyanta | 2008.11.14 Fri 00:47
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1565
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中