すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 浅野いにお『素晴らしい世界』全2巻 | main | 三上洸『アリスの夜』 >>
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND『SPECIAL FORCE』

2007年11月7日リリースのサードアルバム。

本隊にしろ単体にしろ、彼らについて書くときはいつも愛憎入り交じった文章になる。
でも今回、通して一回聴いてみてようやくだけど、理解した。
8年前のファーストアルバムを、特に1曲目のあの名曲を期待するのは間違っているということを。
何年も音楽を聴いてきて、これまでも諦めるということはいくらでもあった。
どうしてニトロだけ、いつまでも期待する必要があるのだろうか。
あのマジックはあの時だけ。あの一瞬だけだったのだ。
それに、もう一度体験したければ、ファーストを何度でも聴き直せばいいだけの話。

そんな風に胸の内を整理すると本作は楽しいアルバムになる。
繰り返し聴いたけれど、セカンドのようなうんざり気分にもならず、
とりあえず今月いっぱいは聴いていられる作品になっている。


シングルとしてすでに発表済みの「SPECIAL FORCE」で威勢良く始まり、
お馴染みのだみ声S-WORDのフックで始まる「DEAD HEAT」。
BIG-Zも違和感なくフロウし、嬉しい驚きすらある。
MACKA-CHINもいい。KASHI DA HANDSOMEに2ヴァースはいらないと思うけど。
SUIKENの切れ味鋭いラップで口火を切る「ナクナイ?」。
続くビッグジーでテンションがガタ落ちになるのはお約束だし、軽く乗り越えようと思っても、
想像以上に長くてイラッとしつつ、心地良いDABOのフックで気分を直して、
GORE-TEXのリリックで少し笑う。トラックもいい感じ。
「NIGHT RAID -Tokyo state of mind-」の3人のラップはひたすら重く、華がない。
ルーズなビートの「侵略」。
ダボのうまさに耳が食いつくのは毎回のことだけど、DELIのへんてこなフロウもいい。
多分デリがいるからニトロはラップが巧くかっこいいだけのグループではなく、
化学変化の面白さを見せられるグループになっているのだろう。失敗も多いけれど。
「JUNGLE FEVER」。ダボの低音フックに鼓膜がしびれる。
「JUS' PLAYIN'」のように低音だけ集めればいいのに。マッカチンが余計かな。
トラックもいい。

マッカチンのインスト「AM 2:00」で一休み。

スイケンとダボによるおとぼけソング「ボンバーマン」。
あるブログで、"非通知でも逆探はされる"とあって何のことかと思っていたけれど、
この曲がネタだったのね。立て板に水なダボのラップ。スイケンもいい脇役に徹している。
ユーモアが不足がちな近年のニトロには珍しい曲。
「アルカトラズ」でのビッグジーにキレてもしょうがないし、前作に比べればへたっぴから、
まあ我慢すれば聴けるぐらいにはなっている。
ダボのフックに再び唸る。うまい。
「行動」。マッカチンはダボと同じぐらいに安定感とスキルがあるし、
口を開いた瞬間一気にニトロ色に染める感じがいい。
XBSはずっと変わらないレベルのラップで、ある意味すごい。
お馴染みのスウォードのフックは男前だけど飽きる。この曲のマッカチンは本当にいい。

再びマッカチンの短いインスト「PM 5:30」。

MURO製のトラック「ONE NIGHT」。
もっとムロらしいファンクな音にニトロの面々がどう乗せるのか聴いてみたい。
ニトロらしくないちょっと凝ったフックや曲の終わりの展開がいい。
このアルバムで一番気に入ったのが「楽団」。
ダボにデリ、スイケン、XBS、ゴアテックスという5MCが長めのヴァースをラップしていて、
じっくりとその腕前を楽しめる。
歌詞の内容を気にしないで聴いても、少しも飽きることなく耳を傾けることができるのは、
5人が等しく巧いからなのだろう。
「PRAYER」も「ONE NIGHT」のようにフックで工夫が凝らされていて面白いのに、
ビッグジーとXBSが足を引っ張る。スウォードだってイマイチ。
この曲もダボの出番だったのでは。
「THE PRESENT 4 REAL」は、「楽団」と同じようにそれぞれのヴァースが長めで、
各MCの技量を楽しめる曲になっている。
ここにビッグジーを入れなかったのはニトロの良心の表れか。
今回はずいぶんとゴアテックスがラップしている印象がある。
ラストはDJ WATARAIのビートによる「SPEND THE TIME」。ワタライビートはこの1曲だけ。
3曲目の8人全員が揃った曲。フックはスウォードではなくダボが担当。
若手を意識したようなデリのフロウが面白いぐらいで、可もなく不可もなしの出来。
あ、でもマッカチンの明快だけど、意味不明なラップとスイケンの活きの良さは良かったか。
それと、ビッグジーのヴァースの短さも。


ダボの出番の多さから想像するに、彼が牽引し作られたアルバムなのかな。
そのおかげかどうか分からないけれど、前作のようなあぐらをかいている感が薄れたのは良かった。
16曲で68分。だれることなく結構楽しんで聴けた。
そういえば、シークレットトラックがなかったなぁ。


1.SPECIAL FORCE
  lyric:S-WORD、MACKA-CHIN、SUIKEN、DABO、DELI、BIG-Z、XBS、GORE-TEX /
  music:DJ VIBLAM
2.DEAD HEAT feat.KASHI DA HANDSOME
  lyric:S-WORD、BIG-Z、DELI、MACKA-CHIN、KASHI DA HANDSOME、SUIKEN、
  DABO、XBS、GORE-TEX / music:KASHI DA HANDSOME
3.ナクナイ?
  lyric:SUIKEN、BIG-Z、DABO、GORE-TEX、DELI / music:B-MONEY
4.NIGHT RAID -Tokyo state of mind-
  lyric:S-WORD、XBS、GORE-TEX / music:BLASTOFF PRODUCTION
5.侵略
  lyric:DELI、DABO、MACKA-CHIN、BIG-Z、GORE-TEX / music:STARWAX
6.JUNGLE FEVER
  lyric:DABO、XBS、GORE-TEX、MACKA-CHIN / music:SUBZERO
7.AM 2:00
  music:MACKA-CHIN
8.ボンバーマン
  lyric:SUIKEN、DABO / music:ZETTON
9.アルカトラズ
  lyric:DABO、DELI、BIG-Z / music:KASHI DA HANDSOME
10.行動
  lyric:MACKA-CHIN、XBS、S-WORD / music:DJ HAZIME
11.PM 5:30
  music:MACKA-CHIN
12.ONE NIGHT feat.MURO
  lyric:MURO、DABO、DELI、BIG-Z / music:MURO
13.楽団
  lyric:DABO、DELI、SUIKEN、XBS、GORE-TEX /
  music:Mr.ITAGAKI a.k.a.ITA-CHO
14.PRAYER
  lyric:DELI、S-WORD、BIG-Z、XBS / music:BLASTOFF PRODUCTION
15.THE PRESENT 4 REAL
  lyric:S-WORD、GORE-TEX、XBS、SUIKEN / music:JHETT a.k.a.YAKKO
16.SPEND THE TIME
  lyric:DABO、DELI、XBS、BIG-Z、GORE-TEX、MACKA-CHIN、S-WORD、SUIKEN /
  music:DJ WATARAI
2007.11.12 Monday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
初めまして!日本語ラップの新譜レビューがUPされてて興味深く読まさせて頂きました。NITROの3rdはまだ買ってないんですが、プロデューサーのばらつきがちょっとこれまでと違うのかなーと試聴して感じました。いっそVIBLAMが大半を占めた方が締まるのかなと。
洋平 | 2007.11.17 Sat 04:29
洋平様

こんにちは。はじめまして。

> いっそVIBLAMが大半を占めた方が締まるのかなと。
これまでDJ VIBLAMがニトロに提供してきたトラックのイメージでしかないのですが、
どうも性急なものが多いように思うんですね。
まあ、そうなるとアルバムは締まるのかもしれないですが、
私は「ニトロはファースト」と思っていまして、もっとゆるゆるでだらだらで、
けどラップがすごいみたいな曲を聴きたいんです。
そういう曲の中で、DJ VIBLAMがキュッと締めてくれると素敵だなと思ってしまうのです。
gogonyanta | 2007.11.17 Sat 11:49
私は一昨日買いました。3rdはまあまあ良作だったと思うんですが、先行シングルのTHE CHORONICLEが良すぎたので1stをこえる作品になると期待していたのでちょっとがっかりでした。
でも、買って損はない作品でしたね。
wanyanaguda | 2007.11.17 Sat 13:17
wanyanaguda様

こんにちは。

> 先行シングルのTHE CHORONICLEが良すぎたので
> 1stをこえる作品になると期待していたのでちょっとがっかりでした。
以前もwanyanagudaさんがコメントされていましたが、
それほど「THE CHORONICLE」はいいんですね。
伝手を捜してみます。

> 買って損はない作品でしたね。
でも、4枚目は無条件で買うことはないでしょうね。
お財布とかなり相談することになりそうです。
gogonyanta | 2007.11.18 Sun 12:37
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1583
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中