すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 博多天神 渋谷宇田川町店 / ラーメン(渋谷) | main | 小林大吾『詩人の刻印』 >>
tobaccojuice@渋谷クラブクアトロ

「まだまだ恋に気づけない若い犬 ツアー」のファイナル、渋谷クラブクアトロ。
しかもワンマン、イベント名もドロドロと濃厚そうな「100% tobaccojuice!」。

音が素晴らしかった。
ベースが鳴った瞬間、腹にズドーンと来て、ドラムも重いバスドラ、スネアを叩き込んでくる。
さらにギターもカラフルだし、何よりボーカルの声がよく出ていた。

個人的ハイライトは3ヶ所。
序盤の新曲と、「ヘッドフォンゴースト」に、「ママ」〜「工場町」の流れ。
今、しみじみと思い出しても良かったぁと思えるライブだった。

19時13分。レゲエのリズムに乗って4人が登場。
軽く音をチェックしてから始まったのは、"ゆ〜め"と歌い出す、これまたレゲエな曲。
"モノクロームの毎日抜け出して"と歌詞にもあるけれど、
シンプルだった演奏が徐々ににぎやかに色づき始めるのが楽しい。

「ミラクル」、「トライアングル」と音楽の楽しさが存分に伝わってくる曲の後に、
"帰ってきたぜ、東京"とMCがあって、それから"新曲やります"と始めた曲がかっこ良かった。
サビでは"つまらない仕事もくだらない嘘もみんな止めてお日様の下で遊ぼう"と歌われる。
声が前に前に伸びていくのが印象的だった。
メロウな歌やグルーヴのある歌で名曲が多いタバコジュースだけど、
この新曲はロックのような力強さが感じられて、すごく良かった。
声がかすれるまで叫び、最後に"生きていこう!"と締めるのもいい。

"俺が初めて渋谷に来たとき、田舎から出てきて、まあよくある話だけど、お姉ちゃんに
「えー今日渋谷って祭りなん?」って訊いたよね。そしたらお姉ちゃんが「シィー」って"
という爆笑MCの後に、東京を歌った曲と始めたのが「ヘッドフォンゴースト」。
タイトルだけ知っていて、すごく聴きたかった曲。

"街に潜んでるヘッドフォンゴースト 音を止めたら消えてしまう
 自分の心を聴いてるよ 最新機種のヘッドフォンで

 ヘッドフォンゴースト ヘッドフォンゴースト

 いつか泣いたあの歌が空の彼方を流れてゆく
 横断歩道の人混みから冷めた瞳で見上げている"

R.E.M.のように穏やかなギターに、ある種の諦観を漂わせたメロディが突然爆発する。
何度も何度も腹の底から絞り出される"本当の家に帰りたい"という叫び。
この曲は早く音源で聴きたいなぁ。
「ガーベラ」のように、歌詞を聴くと色々考えてしまう歌だと思う。
哲学とまでいかないかもしれないけれど、深みのある歌詞があるからタバコジュースは好きだ。

"本物だったらいいね 働かなくていいね"という詩が楽しい「ダイヤモンド」に続いて、
髪の長いあの子がお母さんになったと風の噂で聞いたよ、と歌う「ママ」。
"昔好きだった人に子供ができて、でもまだ面と向かっておめでとうって言えないんだよね。
面と向かって言えないからこういう曲作ったんだけど"、と直前のMCで話していた。
この歌も好き。
メロディーもギターの響きもすごくいい。
そのまま間髪入れずに始まったのが、ボーカルの地元の歌、「工場町」。
この流れはいいなぁ。暖かい気持ちになる。
"大きな空の下 小さな廃墟の上から ずっと日が暮れるまで海を見ていたよ"
ついつい口ずさんでしまう分かりやすいメロ。
再発されたミニアルバムにライブバージョンが収録されているんだよなぁ。
買わないと。
スタジオテイクも聴いてみたいけど。

「工場町」に続いて、ボーカルが強烈なアジテーションをぶった。
"あさっての向こうに未来があって、そこに俺が立っていて、その目の前にみんながいて、
そこに辿り着くまでにいろんなことがあって、また集まってくる。その時また遊ぼうぜ。
それまでのエネルギーになるように今日は楽しんでいって。遊ぼうぜ〜"
クアトロの音がいいのか、立て続けにライブがあって、ノドの調子がいいのか、
ボーカルの声がよく通る。

「幻メルヘンシティー」で踊らされて、「サッチモの青い鳥」では同じように、
"分かってる!"と叫び、「パーティーブルース」がこのまま終わらなければいいなぁと思っていた。
今日もボーカルはくるくると目まぐるしく踊っていた。
いいフロントマンだ。
"エブリバディー、セイ!"、"イェーイ"というコール&レスポンスもやっていた。
月見ル君想フ」で一番最初に見たときにすごく変な人のように見えたけれど、
あれは何だったのだろう。
今年に入って数回見てきたけれど、いつも音と楽しそうに戯れている。

アンコールの「ガーベラ」も良かった。
「スモーキーラム」も踊った。

3回目のアンコールはさすがになかったけれど。
20時49分終わり。


帰り道。
同居人とあの新曲が良かったねとか、あの仕草が面白かったねとか、
きっとピンクの帽子がお気に入りなんだよとか、もう斜めに帽子を被れないねとか話して帰る。
普段よりも口数が増えて、愉快な気分にひたれるから、タバコジュースのライブは好きだ。


1.ドリームス
2.ミラクル
3.トライアングル
4.新曲
5.レインコート
6.地獄音頭
7.ヘッドフォン・ゴースト
8.ダイヤモンド
9.ママ
10.工場町
11.幸せの海
12.幻メルヘンシティー
13.サッチモの青い鳥
14.パーティーブルース

アンコール1
1.ガーベラ
2.スモーキーラム

アンコール2
1.すてきな3人ぐみ
2007.11.17 Saturday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.10.16 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1597
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中