すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Crystal Kay『ALL YOURS』 | main | 野中柊『チョコレット・オーガズム』 >>
Angie Stone『The Art Of Love & War』

2007年2007年10月16日リリースの4枚目のアルバム。

ファーストアルバムはご多分にもれず愛聴していたけれど、
それ以降は出していることさえ知らなかった。
Erykah Baduは結構追いかけたのに。

まだまだ4枚目だけど、結構ベテランだし、歳も46歳。
ちょっとすごいな。
ディアンジェロも気合いが入っていたものだ。

まあ戯れ言はおくとして、作品はもうすごいことになっている。
なんていうか、豊か。
いい感じに熟している。
音楽のいいところがすべて詰まっている。

特にJames Ingramとブラックスターを一人一人挙げていくM9「My People」がいい。
マイケル・ジャクソンもデンゼル・ワシントンも2Pacもビギーもスパイク・リーも、
マジック・ジョンソンだって、シュガー・レイ・ロビンソンだって、カーティスだって、
チャーリー・パーカー、ペレも呼ばれるのに、なぜにプリンスの名前がないのだ。
少し寂しくなったのも確かだけど。
でも、競うようにスターの名前を挙げていくふたりには強い誇りがあって、それが胸を打つ。

曲の構成も緩急があり、M6「Go Back To Your Life」のような短いアカペラも効果的で、
飽きることなく、圧倒されながら聴き終えてしまう。

ファーストよりもずっといい。
小難しさは皆無。
ひたすら豊かな声が織りなす至福な時間をたゆたうことのできる作品。
素晴らしい。


******************************
1999.09.28 1st AL『Black Diamond』
2001.10.16 2nd AL『Mahogany Soul』
2004.07.06 3rd AL『Stone Love』
2005.06.21 best AL『Stone Hits: The Very Best of Angie Stone』
2007.10.16 4th AL『The Art of Love & War』
******************************
2007.12.13 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.04.08 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中