すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Trey Songz『Trey Day』 | main | Alicia Keys『As I Am』 >>
AI『Don't Stop A.I.』

2007年12月5日リリースの6枚目のアルバム。

M2「Don't Stop」やM3「IT'S SHOW TIME!!!」あたりの威勢のいい曲には、
AIの声は重すぎて、どうも失速感は否めないのだけど、
M6「ONE」やM7「I'll Remember You」のように、じっくり聴かさせる曲はうまい。
声の迫力に圧倒される。
その路線のM10「MY SWEET HOME」もいい曲だ。
Trey Songzを見出したベテランプロデューサー、Troy Talorがいい仕事をしている。
M13「大切なもの」も重量級の声を堪能できる。
Ty FyffeがプロデュースしたM11「イマ」も良曲だけど、レコードノイズが邪魔。

所々でラップを披露しているけれど、あれは自分でうまいと思っているのだろうか。
これだけの声を持っていながら、どうしてラップまでやろうと思うのだろう。
不思議。
人にまかせればいいと思う。が、Zeebraにまかせるのは失敗だろう。
M14「GET UP -REMIX-」のイントロでいきなり下品な声が鳴り響き、消したくなった。
ジブラとその弟が客演しているのだ。
あの弟はなかなかうまくならないなぁ。
SEEDAのようなラップがはやりなんだから、うまいこと取り入れればいいのに。
BACH LOGICのトラックも変わらず無機質で大味。

濃厚な1曲が終わったと思ったら、もうラストで、M15「BRAND NEW DAY」はあっさり終わる。
あっさりすぎて、拍子抜けの感すら覚える。
曲の順番を間違えたのでは。


アルバムを通して、トラックが良かったという曲はなかったけれど、
M9「MOVE」の裏で鳴っている、ベースラインの気持ちよさといったらなかった。
あれはいい。
2007.12.18 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1676
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中