すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< Hi-Tek『Hi-Teknology 3: Underground』 | main | 2007年ベスト映画 >>
2007年ベストアルバム
2007年にリリースされた作品の中で、最も素晴らしかった10枚とプラス5枚をピックアップ。
ブログを始めてからは2005年2006年と年末にランキングを作ってきたけれど、
ジャンルの違う作品に順位を付けるのはさすがに難しい。
今さらだけど。でもまあ、恒例のお遊びということで。

今年はチャートに入る曲も積極的に聴いてきたし、それなりに楽しんだけど、
結局1位から4位まではインディーズからの作品になってしまった。
インディーズかメジャーか、という括りは聴き手には関係のない話で、
すばらしいと思えれば、それは大切な作品になるわけだ。

今年もiPodの再生回数を参考にしたけれど、去年とは逆でヒップホップが上位にきた。
2006年の反動かな。


第1位:
小林大吾『詩人の刻印
アンジェリカに恋に落ちた、素敵すぎる一枚。"可愛くなければ意味なんてないの"なんていう考えにも同意しそう。



第2位:
TAK THE CODONA『MINORITY REPORT』
今年の前半に聴きまくったアルバム。作品リリースも早いし、年間を通して楽しめたアーティストだった。来年も楽しみ。



第3位:
MEISO『Jitensya
シングルだからこの位置だけど、iPodの再生回数ではダントツだった一枚。10月、11月って、ほぼ毎晩聴きながら寝ていたからなぁ。アルバムを聴きたい。



第4位:
THA BLUE HERB『LIFE STORY
重い一枚。サードアルバムが出たことは嬉しいし、ラップの技術は最高だけど、ボスのキャラがだんだんつらくなってきた。



第5位:
Cocco『きらきら
期待しなかった分、喜びが大きかった一枚。メロディがやさしいんだ。デビューの頃は生きるのが大変そうだったけれど、今は幸せそうで他人だけど嬉しい。



第6位:
スピッツ『さざなみCD
ここ数年のスピッツ作品のなかでも一番いい。この路線でずっと行って欲しいけど、またハードロック路線に転ぶのかな。



第7位:
RIP SLYME『FUNFAIR
7枚目でこんな作品が出てくるとは思わなかった。すげえや。これまでの作品のなかで一番いいかも。



第8位:
WAQWADOM『WAQWADOM
ラップ曲が少ないという寂しさはあるものの、ラップの技術はやはりすごいものがある。解散したという話もあるけれど、このメンバーで続けて欲しい。



第9位:
Alicia Keys『As I Am
唯一の洋盤。1位でもいいぐらいの素晴らしさ。歌詞を理解できればいいのだけど、英語はさっぱりだからこの位置。



第10位:
くるり『ワルツを踊れ Tanz Walzer
さらなるポップ路線。大好き。次の展開が今から気になる。今度は何に飛びつくのだろう。




選外

テイントン『バイバイハミングバード
TWIGY『AKASATANA
安室奈美恵『PLAY
SOUR『rainbow under the overpass
E.H.H project『Bad Boyz Be Ambitious 〜B.B.B.A〜
2007.12.31 Monday 23:59 | 音楽 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
小林大吾一位っすか!!確かにオリジナリティーもクオリティーも他をよせつけないものがありましたよね。MEISOは機会あったら聞いてみたいっすね〜。
そういえばワクワダム去年でした、かなりかっこ良かったんですがすっかり忘れていました…僕としては意外だったんですが去年はノリキヨのアルバムがかなり評価が高かったらしいです、これも聞いてみようと思いました。
MCARD | 2008.01.02 Wed 21:04
忘れてた…あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いしますね。
MCARD | 2008.01.03 Thu 00:05
MCARD様

こんにちは。
こちらこそよろしくお願いしますね。

小林大吾はやっぱり音楽としてすごかったですね。世界観、小粋な音、言葉の巧みさ、どこをとっても大好物でした。まあ、アンジェリカが魅力的すぎです。

MEISOはウェブでのDLのみだから、カードがなければ買えないのかな。myspaceもあるみたいなので、ぜひそちらをチェックしてみてください。そこから彼が所属している「SIQRECORDS」のコンピレーションが無料でDLできるようで、そこに1曲収録されています。

Norikiyoはいつかどこかで聴いてみたいですね。自分の世界観と完全に違う、というか真っ向から否定したくなる世界観のアーティストというのはなかなか手を出せないです。圧倒的な技術か音楽性、話題性があるなら別ですが。その点でいえば、TKCはいいなと思えるんです。Norikiyoについての記事を楽しみにしています。
gogonyanta | 2008.01.04 Fri 15:04
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1702
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中