すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 横山秀夫『真相』 | main | HARCO@新宿タワーレコード >>
呂布カルマ

音源を心待ちにしているアーティストは何人もいるけれど、そのなかでもINHA同様、呂布カルマは初音源を早く出して欲しいひとりだ。昨年の秋頃に日本語ラップWEBマガジン「COMPASS」で突然インタビューが掲載されて驚いたものだけど、その後は音沙汰なし。地元名古屋では活動をしているのだろうけれど。久し振りにホームページを見たらリニューアルされていて、新曲もアップされていたので、改めて過去の音源を聴いてみた。

時系列は適当だけど、できるだけ日付が判明しているものを基準に並べてみた。



MarMi「Destiny feat. Exceeding B & 呂布Karma」(2005年7月16日配信)
 【muzie(http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a033397):DL可】


SoulBalance「迷路 feat. 呂布カルマ」(2006年2月10日配信)
Ayuka「Let me feel your soul feat. 呂布カルマ」(2006年3月13日配信)
 【彼女たちのオフィシャルHP(http://www.k5.dion.ne.jp/~sobala/top.htm):DL可】

上記の3曲は、Exceeding Bという人がプロデュースしたなんちゃってR&B。客演としてラップする呂布カルマが聴ける。

「Destiny」の音のだささは半端ないものがあるし、歌唱力にもアマとプロの差が歴然と表れているが、呂布カルマは他人に噛みつくいつものスタイルではなく、音と自分というテーマできっちり仕事をしている。一方「迷路」はまだ我慢できるポップスで、メロディも悪くないものの、ラップが完全に歌のツマとなっているのは否めない。SoulBalanceの片割れ、Ayukaのソロ曲「Let me feel your soul」のメロとトラックには強烈な既視感を覚える。それに付き合うようにお粗末なラップの披露という、救いようがない図はさすがに酷い。



呂布カルマ「非凡」(?)
 【NEXTMUSIC(http://www.nextmusic.net/index.php?command=profile&profid=20051208183526):DL可】
呂布カルマ「100歩先 feat. うつぼ」(2006年初頭?)
 【NEXTMUSIC(http://www.nextmusic.net/index.php?command=profile&profid=20060121212415):DL可】

上記の2曲もトラックはExceeding B。音の退屈さやださださ感は如何ともしがたいが、きっちりと韻を踏み、攻撃的なスタイルが実に頼もしい。いつでも下克上を起こしてやると虎視眈々と睨みつけるようなラップは魅力的だ。スキルの伴った、揺るぎない自信に満ちた個のかっこよさというのは実に男前。"アホにしか受けないギャングスタ・シット 百害あって一利なし"のラインが好き。


INDIE UNGRO TONGUE「BEET RIDE SPRINTER」
INDIE UNGRO TONGUE「NIGHT SAFARI」
INDIE UNGRO TONGUE「REVOLVER」
INDIE UNGRO TONGUE「現場」
 【(http://qrclip.net/cd/fqqq4w/src/):試聴のみ可能】

呂布カルマと実弟のうつぼ、S-ZANで組んでいた「INDIE UNGRO TONGUE(インディアン・グラタン)」の音源は以前、HPで丸々落とせたのだけど、リニューアル後は消されているよう。

全体的にトラックが非常に弱い。フリー音源なのだからボトムが足らないのは理解できるけれど、饒舌すぎる上音にはげんなり。それと、うつぼのラップもつらい。この声ではライブでさらに埋もれそう。兄貴の引き立て役なのか。

自分以外はクソなMCだらけで、下克上狙ってますスタイルがここまで並ぶと正直飽きてはくる。



呂布カルマ×イド五月雨「禁じられた喜び」(2006年5月10日配信)
呂布カルマ×イド五月雨「Hannibal」(2006年5月17日配信)
呂布カルマ×イド五月雨「EGO」(2006年5月30日配信)
 【muzie(http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a037973):DL可】

以前にも書いたので、ここでは割愛。トラックがあれだけど、「Hannibal」のかっこよさといったらない。



呂布カルマ「BIOLLANTE」
 【2006年9月16日リリースのDa.Me.Records『月刊ラップ 第2号』収録】

初めて呂布カルマを聴いたのが「月刊ラップ」だった。そして、この曲がこれまで色々聴いてきたなかで一番かっこいい。



DMR「HOTLINE feat. ガッツキマン, IIGO & 呂布カルマ」
 【2006年11月18日リリースのDa.Me.Records『月刊ラップ 第4号』収録】

KEN THE 390やDARTHREIDERらとのマイクリレー。短っ!



2006年11月28日付けで、EMI Music Japanの新人発掘育成セクション「GREAT HUNTING」に呂布カルマが紹介された記事。
 【http://www.great-hunting.com/recommend/2006/11/post_4.html#more】



侍。「何のこっちゃねん feat. 呂布カルマ」(2007年1月7日配信)
侍。「気の利いた言葉が見つからない feat. 呂布カルマ」(2007年1月7日配信)
侍。「Dirty Yellow feat. 呂布カルマ」(2007年1月7日配信)
侍。「格言か苦言 feat. 呂布カルマ」(2007年1月7日配信)
 【myspace(http://jp.myspace.com/ryoffzamurai):試聴のみ】
 【muzie(http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a035708):サンプルDL可】

侍。という新しいトラックメイカーとタッグを組んだ呂布カルマ。どうにかまともなトラックになる。ビートが弱かったり、凡庸だったりと、不満は残るけれど、これまでよりはいくらかまし。途中までしか聴けないのはマイナス。

「Dirty Yellow」では少し内省的になったリリックが聴ける。この新しい方向性はいいと思うし、トラックも悪くない。

"まずはヒップホップ** 腑抜けの**を受け DA PUMPの方がなんぼかドープ
 キックリップに憧れた口 分かるけれどまずお前らには無理 ハイレベルなセンスとスキルが前提
 さらにオリジナル つまり**分かるか? パーティーラッパー 二番煎じ 物真似
 だりーナンバー止めろ クソガキとねえちゃんに大うけのメロ
 フックで歌ってヴァースでベラベラのラップ 脱糞 カラオケ受け意識? もて意識 ハァ?
 ガキに媚びて 音楽わかんねぇバカに媚びて PTAに媚びて 会社のご機嫌とって
 ヒップホップ汚してもこりねぇ どうして? ヒップホップに愛は? 金のためなら何でもありか?
 恥は? それよりもアイドルのヴァギナ それはそうだわなぁ かまわんやったれ端から
 マジでくると思ってやってる 案外テメエでも分かってる 何回聴いても何もかんも足んねぇ
 オイ したのかよ反省? 売れたらなんぼ 残高なんぼ ポジティブバカラップ 婦女子が感動
 アイ・ドント・ノー 分からんその歌詞 俺はもうちょっとリアルな物書き
 ホントマジ言葉にするからには届けお隣 *** 矛先大人に向けているからこそガチ
 まるで勇次郎と刃牙"
「格言か苦言」



呂布カルマ×イド五月雨「OVER HEAD」
呂布カルマ×イド五月雨「Mid Night Hero feat. 導仏煙」
呂布カルマ×イド五月雨「まっすぐ進め」
 【オフィシャルHP(http://www.idsamidare.com/):試聴とサンプルのDLのみ】

で、これが今回初めて聴いた3曲。お馴染みのイド五月雨によるトラックに、これまたオラが一番ラップ。「まっすぐ進め」だけは少し毛色が違うけれど、まあ俺は頑張ってやってるよという内容で、基本といえば基本なテーマ。

ネットで聴ける音源でも呂布カルマの魅力はそれなりに堪能できる。けど、やっぱライブを聴いてみたいし、重いビートで録音のトラックが収録された音源が何より聴きたい。打ち込みトラックよりももっとネタ感をいかしたタイトなトラックの方が呂布カルマのラップには合うと思うけど。
2008.01.11 Friday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.31 Monday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1731
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中