すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< B'z『B'z The Best "Treasure"』 | main | 川端裕人『銀河のワールドカップ』 >>
ROCKASEN『LONGTIME SHORTCUTS』

2007年12月22日リリースのミニアルバム。

結構期待していたので、収録曲が少なくても嬉しい。ただ満足度はやや低く、これまでに耳にしてきた音源と比較するともう少しやれたかなと思う。

不安をかき立てるようなサイレンが幾度も耳をつんざく中、ほとんど聴き取れないふたりのフリースタイルが臨場感だけ煽る、M1「SILEN20061021」が始まりを告げる。2006年10月21日に新木場で行われた「RAWLIFE2006」でのDJ NOBU(FUTURE TERROR)とROCKSENのふたりのセッションを収録したらしい。

続くM2「Bush Beats Bash!!」のフックでは、"サイレン鳴った湾岸沿い 無造作に置かれたテトラポット"と綴られる。107nの声だから、多分作詞も107nだろう。彼のリリックには力がある。彼が見てきた風景や体験を、聴き手も同じように追体験できてしまう。作品全体を通しても、彼の描写力や言葉の選択には目を見張るものがあった。

"日々の中ひび足を取られて 前を向いてばっかじゃ*****
 先を急ぐ足元に目をやれ 嗄れた声 Last night 忘れた?
 朝に雨 傘差す** 混んだ電車 カス ホコリまみれた枝分かれしたダチは違う
 道で重い荷物を背負う See Ya 次にあったらまたな 深夜 道草食った仲間
 なんだか一日早くなった いつもより一枚多く着込んだ
 ジャケットのポケットに折れたフライヤー 懐かしみ噛みしめ笑顔砕いた
 今を歩く脇で時の流れ 止まりはしない時を知らせ"
M3「ONEDAY」

"(エレ)ベーター3階途中下車 出てすぐ横302 消して間違い押すなインターホーン
 アジアの何人かわからんやからが ごろつき居座る賃貸マンション
 はたまた出勤前ファンデーション ***ホラーな顔つきソープ嬢
 客と間違い即溶くローション 毎月5.5マット付きで好都合
 こんなスタジオにてREC REC 無い金集金 **するネック 有り金数え **"
M4「No Money Problems」

ビートに背くことなく、内容を軽視することもなく、比喩・ダブルミーニングを駆使し、音楽中心の生活に伴う日々の思いを綴る。やや重い足どりな視線が気になるけれど、「No Money Problems」で聴けるように、ユーモアも備わっているし、詩人といってしまってもいいと思う。リリックの内容の良さもさることながら、最初に惹かれたのは、その声質だった。やや鼻に掛かったラップはかなり好きな部類だ。

もう一方のMC、issac。トラックメイカーでもある彼は、去年辺りからの流行ともいえるフロウでラップする。107nと比べてしまうと、テーマや扱う言葉にもそれほど個性を感じない。"ユーノーシーン"とか言ってしまうし。まあ、それでもいくつかハッとさせられるフレーズはあるわけで、"本日もATMとにらめっこ"や、M6「Just like this」での最後のヴァースは良かった。

柔らかいラップをする107nと重い直球ラップのissacのふたりは、声やキャラの違いが際立っている、いいコンビなのかもしれない。だけど、JUNK BEAT TOKYOのコンピ盤『J.B.T. walker vol.1』収録の「Realness」で聴けた4MCでの「六歌仙」が印象的すぎて、現在の剛と柔の間を埋めるMCがどうしても必要かなと思ってしまう。特にPACKのラップが良かっただけに、現在の2MC体制は少し残念。


******************************
?        mini AL『sixx da bomb』(?)
2006      mini AL『Rockasen』(CD-R)
2006.12.23 【JUNK BEAT TOKYO】1st ALJ.B.T.WALKER VOL.1
2007.10.29 mix AL『GOOD MORNING』(CD-R)
2007.12.22 mini AL『LONGTIME SHORTCUTS』
2010.04.07 1st ALWELCOME HOME
******************************
2008.01.14 Monday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.27 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
こんばんは、はじめまして。

シーラカンスのコンピあたりから六歌仙の表記が英語になってて、
?と思っていたけど、メンバー減っちゃったんですね。それでか。

最近、メジャー流通のMCやラップグループで耳ヲ奪われる連中が少ないので
六歌仙とかアブノーマルブルマとかスティル一宮あたりの、ちょいインディーの
昼間バイトやってます系の連中ばっかに期待してしまいます。

そういや、ゾエとゾムのサイフォンコードのラストCDRが出てるみたいっすよ。
明日仕事の途中でウィノッド行こうかな…。
男爵ディーノ | 2008.01.17 Thu 00:16
男爵ディーノ様

こんばんは。コメントありがとうございます。
ハンドルネーム、かっこいいですね。20年ぶりぐらいに思い出しました。

ROCKASENは六歌仙の他にもROCKA-SENとも表記していたときがあるみたいですね。六歌仙が一番かっこいいような気もするんですけど、6人いないと様にならない名前ですね。

> ちょいインディーの昼間バイトやってます系の連中
ああ、分かります。まあ、たいていの人がそうなんでしょうけど。ハングリーさと生活のつらさがいい塩梅になっているリリックが好きです。

> ゾエとゾムのサイフォンコードのラストCDR
確認しました、ありがとうございます! 再発をずっと待っていたのですが、そろそろ諦め始めていたところなので、嬉しいです。私も週末に行ってみようと思います。
gogonyanta | 2008.01.18 Fri 00:09
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1738
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中