すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 倖田來未『Kingdom』 | main | 歌野晶午『死体を買う男』 >>
Jay-Z『American Gangster』

2007年11月6日リリースの10枚目のアルバム。

Jay-Zは『The Blueprint²: The Gift & the Curse』以来かな、久しく聴いていなかった。映画『アメリカン・ギャングスター』を見なければ、今作も聴くことはなかったはず。

映画で流れる重厚かつ華麗なソウルミュージックを華やかなヒップホップに落とし込んだアルバムを期待していたのだけど、あっさりと裏切られた。あまりのしょぼさに笑いさえ漏れる。デンゼル・ワシントンはJay-Zを音楽担当に据えようと制作と監督に提案したが、本物の70年代の感じを出したいということで断られた経緯があるらしい。リドリー・スコット、大正解だよ。もしこんな音が映画に使われたらせっかくの映像が台無しになるところだった。

それはさておき、映画を試写の段階で見て、そこに往時の自分の姿を見い出し、その頃の思い出や光景が甦ってきたJay-Zが急ぎスタジオに戻り制作したのが本作らしいけれど、ドラッグディーラーとしてシノギを削っていた自分を映画に見るよりも、Roc-A-Fella Recordsのトップとしてヒップホップ業界のみならず、音楽業界全体で見ても頂点に上り詰めた自分を、白人の手先として使われる黒人という位置に止まらず、自ら独自の輸送ルートを開拓し、現代にも通ずる経営手腕を発揮し活躍したデンゼル・ワシントン演じるフランク・ルーカスの成功に重ね合わせたならば、もっとゲストを呼びより派手にとことん贅沢な音になったのではないか。

映画を見てからの感想でしかないし、映像と共にある映画音楽は迫力が段違いということもある。純粋にアルバムだけを最初に聴いたら違う感想を持ったかもしれない。リリックも聴き取れているわけでもないし。けれど、映画を先に見て、同じタイトルを冠したアルバムを聴くと、この音はないなと思う。70年代の音を食いつぶしているだけにしか聞こえない。



9th Wonder『AMERICAN WONDER』

Kevin氏のブログ(http://kevinnottingham.com/myblog/2008/02/02/9th-wonder-american-wonder/)。
あるいは、okayplayer.com(http://board.okayplayer.com/okp.php?az=show_topic&forum=5&topic_id=1557190&mesg_id=1557190&page=%3Cbr%20/%3E#1558401)から。

9th Wonderが『American Gangster』のリミックスアルバム『AMERICAN WONDER』をネットにアップしたということだけど、つたない英語力を駆使して読む限りでは、何やら昔のビートを使って誰かがでっち上げたものらしいとか、そのうちの2曲は9th Wonderの音ですらなく他人のビートを使っているとか。本当のところはどうなんだろうと思うものの、数曲は元の曲より良くなっていて楽しめる。

「Hello Brooklyn」や「No Hook」、「Ignorant Shit」、「American Gangster」はリミックスバージョンの方が好き。また「Fallin'」や「Blue Magic」は原曲もリミックスも違う味わいがあり、どちらもいい。反対に「Sweet」は原曲の方が圧倒的にいいけど、他の曲は原曲のつまらなさも相まって微妙な仕上がりに。


*********************************
1996.06.25 1st AL『Reasonable Doubt』
1997.11.04 2nd AL『In My Lifetime, Vol.1』
1998.05.05 【V.A.】Soundtrack『Street is Watching』
1998.09.29 3rd AL『Vol.2... Hard Knock Life』
1999.12.28 4th AL『Vol.3... Life and Times of S.Carter』
2000.10.31 5th AL『The Dynasty: Roc La Familia』
2001.09.11 6th AL『The Blueprint』
2001.12.18 live AL『Jay-Z: Unplugged』
2002.03.11 best AL『Chapter One: Greatest Hits』
2002.03.26 【Jay-Z & R.Kelly】1st AL『The Best of Both Worlds』
2002.11.12 7th AL『The Blueprint²: The Gift & the Curse』
2003.11.14 8th AL『The Black Album』
2003.11.25 best AL『Bring It On: The Best of Jay-Z』(Japan & UK only)
2004.10.26 【Jay-Z & R.Kelly】2nd AL『Unfinished Business』
2004.11.30 【Jay-Z & Linkin Park】mini AL『Collision Course』
2006.09.25 best AL『Greatest Hits』
2006.11.21 9th AL『Kingdom Come』
2007.11.06 10th AL『American Gangster』
*********************************
2008.02.05 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
初めまして、ちょくちょく来てはアナタの書いている記事に納得している者です。
アメリカン・ギャングスターまだ未聴なんですけど、いつか聴いてみたいと思います。

そんなことより、安室の新作いいですね!
まだチェックしていませんでしたら是非↓
公式サイト ttp://vidal.jp/top.html
頭にh付けて下さい。。

今後とも勝手ながら宜しくお願いします。。
hoon | 2008.02.07 Thu 16:21
こんなことかくのも嫌なんですが、メインストリームのヒップホップはあまりわかってらっしゃらない(好みでない?)ようなので、そういった作品のレビューはわざわざかかなくていいんではないでしょうか?
自分が好みの分野の評価をしたほうがいいかと(アングラな日本語ラップとか?)
的を得ていない批判からはなにもうまれないし、ことヒップホップに関するレビューは(他の分野はわかりませんが)ひじょうに幼稚で滑稽な感じが否めません。
タケオ | 2008.02.07 Thu 23:02
hoon様

こんばんは。はじめまして。
おかげさまでフルバージョンを見られました。ありがとうございます。テレビのCMでは短いから何が何やらよく分からないままに終わってしまいますからね。助かりました。
これからもよろしくお願いします。



タケオ様

こんばんは。
イヤイヤながらも非常に的を射たコメントをありがとうございます。

え〜と、何を持ってメインストリームというのかは知りませんが、米国のヒップホップは結構好きですし、一時期離れていましたが最近また聴きだしたところです。

で、お粗末な頭脳を駆使してみたのですが、カッコが多くて、お書きになっている文章の大意が分かりません。あと、皮肉なのか誉めているのかも不明でした。

できれば、Jay-Zのアルバムについて、あるいは私が書いたヒップホップについて、どの辺りがお気に障ったのか具体的に書いて頂ければ幸いです。
gogonyanta | 2008.02.08 Fri 00:50
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1788
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中