すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Aqua Timez『空いっぱいに奏でる祈り』『「七色の落書き」』 | main | BRAINHACKER a.k.a. 脳発火『紫天神街道』 >>
松樹剛史『GO-ONE』

読了。
☆☆/5点中

************************************
廃止寸前のオンボロ地方競馬場。若手ジョッキーの一輝はそこで世界制覇の夢を追い続けていた。持ち前の「豪腕」で馬にラストスパートをかけさせる戦法で勝ち星を重ね、大レースに出るチャンスをつかむ。文庫書き下ろし作品。
************************************

日下部一輝の活躍がメインの話なのだけど、プロローグとエピローグ、第4章以外は一輝以外の視点で描かれる。文庫にしてたった240ページちょっとという分量しかないのだから、一輝の背負った苦悩と挫折、過去話のみで構成すれば読み応えも生まれたのにと思う。

ラストの第4章でいきなり裏切られた話や落馬の話が短いエピソードで描かれ、なんだかなぁと消化不良のままに終わってしまう。それなりに他の人物もキャラが立っているだけにいささかもったいない。田京の話はもっと膨らませて書いても面白そうだし。
2008.02.18 Monday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.09.09 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中