すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< PERFECT SYSTEM(UNM Recordings)「MEGA SOUND」 | main | 弐瓶勉『バイオメガ』第4巻 >>
R.E.M.『AUTOMATIC FOR THE PEOPLE』

1992年9月27日リリースの8枚目のアルバム。

カート・コバーンが死ぬ直前に聴いていたという作品。彼の耳にはM4「Everybody Hurts」は届かなかったに違いない。届いたのなら世界中のファンを悲しませるような愚行はなかったはずだ。

"When the day is long and the night, the night is yours alone,
 1日が長くて夜に孤独を感じるときも
 When you're sure you've had enough of this life, well hang on.
 こんな人生はもうたくさんだと確信したときも、持ちこたえるんだ
 Don't let yourself go, everybody cries and everybody hurts sometimes.
 投げ出してはいけない。誰だって泣くし、誰だって傷つくこともある

 Sometimes everything is wrong. Now it's time to sing along.
 ときにはなにもかもが最悪なこともある。だからこそ歌うんだ
 When your day is night alone, (hold on, hold on)
 昼間もひとりの夜みたいで、
 If you feel like letting go, (hold on)
 投げ出してしまいたい気分でも
 When you think you've had too much of this life, well hang on.
 人生に嫌気が射しても、頑張るんだよ

 Everybody hurts. Take comfort in your friends.
 誰だって傷つくのだから、友達に慰めてもらいな
 Everybody hurts. Don't throw your hand. Oh, no. Don't throw your hand.
 誰だって傷つくのだから、諦めてはいけない。駄目だ、諦めては。
 If you feel like you're alone, no, no, no, you are not alone"
 孤独だと感じても、君はひとりではないのだから。


ヘロインで壊れかけていた彼の頭の中では、歌詞の内容ではなく、マイケル・スタイプの歌声だけがただただ優しく響いていたのかもしれない。


グランジブームが吹き荒れ、下手くそなギターがもてはやされ、すさんだディストーションを押し出したロックがチャートを登りつめていく中で発表されたR.E.M.のアルバムは、前作よりもメロウな曲が多くなり、さらに聴きやすくなった。流行とは逆の方向へと舵を取る辺りがこのバンドらしい。

大統領選の年のリリースということで、政治色の強いM8「Innoreland」のような歌も収録されているが、大半は内省的な歌が多く、マイケルのアルファ波出まくりの歌声にとろけてしまう。

M1「Drive」、M3「The Sidewinder Sleeps Tonite」、M4、M7「Monty Got A Raw Deal」、M8、M10「Man On The Moon」、M11「Nightswimming」、M12「Find The River」と名曲だらけ。

本人たちも気に入っているらしいM10。ピーター・バックは、"もし俺がR.E.M.の真髄を表した曲をひとつ選べと言われたら、多分これを選ぶだろう"、とベストアルバムの解説で語っているほどだ。確かにいいメロディだけど、そこまでかなとは思う。それよりもやはりM4と、あとはM11が特にいい。


******************************
<本作からのシングル>
1st SG『Drive』
1992.09 UK
 1.Drive 4:30
 2.It's A Free World Baby →『IN TIME』(Disc 2)
 3.Winged Mammal Theme →アルバム未収録
 4.First We Take Manhattan/Leonard Cohenのカバー(1988)

2nd SG『Man On The Moon』
1992.11 UK
 1.Man On The Moon
 2.Fruity Organ →アルバム未収録
 3.New Orleans Instrumental No.2 →アルバム未収録
 4.Arms Of Love/Robyn Hitchcockのカバー(1991)

3rd SG『The Sidewinder Sleeps Tonite』
1993.02 UK
 1.The Sidewinder Sleeps Tonite
 2.The Lion Sleeps Tonight/The Tokensのカバー(1961)
 3.Fretless →『IN TIME』(Disc 2)
1993.02 UK
 1.The Sidewinder Sleeps Tonite
 2.Organ Song →アルバム未収録
 3.Star Me Kitten (Demo)

4th SG『Everybody Hurts』
1993.04 UK
 1.Everybody Hurts (Edit)
 2.New Orleans Instrumental No.1 (Long Version)
 3.Mandolin Strum →アルバム未収録
1993.04 UK
 1.Everybody Hurts (Edit)
 2.Chance (Dub) →『IN TIME』(Disc 2)
 3.Dark Globe/Syd Barrettのカバー(1970)
1993.08 USA
 1.Everybody Hurts
 2.Mandolin Strum
 3.Belong (Live 1991.04.28)
 4.Orange Crush (Live 1989.11.13)
1993.08 USA
 1.Everybody Hurts
 2.Star Me Kitten (Demo)
 3.Losing My Religion (Live 1991.04.28)
 4.Organ Song

5th SG『Nightswimming』
1993.07 UK
 1.Nightswimming 4:16
 2.World Leader Pretend (Live 1991.04.28)
 3.Belong (Live 1991.04.28)
 4.Low (Live 1991.04.28)

6th SG『Find The River』
1993.12 UK
 1.Find The River
 2.Everybody Hurts (Live 1993.09.02)
 3.Orange Crush (Instrumental)

LIVE DATE & PLACE
1989.11.13:at the Fox Theater, Atlanta, Georgia
1991.04.28:on Mountain Stage
1991.09.02:at MTV Video Music Awards, Universal City, California
******************************
2008.03.10 Monday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1839
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008.04.01 Tue 01:10
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009.04.21 Tue 16:32
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中