すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< TM NETWORK『SPEEDWAY』 | main | THX-1138 / THX 1138 >>
Nomak『Calm』

2007年10月3日リリースのファーストアルバム。

日本人の琴線に直撃の"里山"的風景が味わえる音。

その里山なるものも、私よりも上の世代はどうか知らないが、都会で暮らす多くの人々にとっては、ジブリアニメで培われたものだったりするのだろうけれど。『となりのトトロ』や『おもひでぽろぽろ』でスクリーンに映し出された田舎的なもの。空ではヒバリがさえずり、水の張られた田んぼには緑の苗が少し曲がりくねりながら整然と並んでいる風景だ。まるで日本人の原風景はそれだとばかりに植え付けられている。

そんな景観に絶妙に重ねられた久石譲の音楽(『おもひでぽろぽろ』は違うけどね)がまた見事だった。で、Nomakの話に戻るけれど、Nomakもまた里山にぴったりの音を作り出す。日本人が好きな音なのに、これまでなんでフォロワーが出てこなかったのかと不思議な気持ちになる。

CM音楽に久石譲を使いたくても高くて使えないという企業にはとてもありがたいアーティストの登場に違いない。

14曲が収められたちょうど1時間のアルバムには、ラッパーを客演で呼んだ曲とインスト曲が半々で構成されている。

DJ TONKとの仕事よりも最近ではShing02との合作「Velodrome」で馴染みの西海岸のラッパー兼プロデューサーのPismoに、アムステルダムのヒップホップデュオLa Melodiaの女性ラッパーMelodee、Abstract Tribe Uniqueのリーダーとして、あるいはFreestyle Fellowshipの面々と結成したHaiku D'Etatでも音源を出しているロサンゼルスのAbstract Rude、Five Deezはもちろんのこと、アニメのサントラにもかかわり日本で人気のFat Jon、スウェーデンのレーベルからリリースしている西海岸のヒップホップデュオHearin’Aidの片割れ、Aaron Phiri、2006年にデビューしたばかりの英国の女性ラッパーTOR、と外国人だらけ。

デビューアルバムなのに、完璧なほど調和の取れた世界観を提示している。がしかし、その破綻のなさが不満といえば不満。外国人ラッパーを起用することで、日本語ラップにありがちな気恥ずかしさは回避されているけれど、反対にこういう音だからこそ日本人が紡ぐ言葉を聴きたかった。

人の手が入っていない原生林とは異なり、人が長い年月をかけて作り上げた里山。でも、時には自然が猛威を振るい、その力を見せつけることがある。それこそが自然の中で暮らすということなのだろう。Nomakの作り出す音は計算され制御され、小さく収まっていている。だけど、日本人ラッパーを使うことで、トラックメイカーも予想だにしなかった化学反応が起こり、新しい世界観が開ける、かもしれない。

とはいえ、この音を壊さず、まともなリリックが書ける日本人は誰だろうと考えると、Shing02ぐらいしか思い浮かばないのだけど。


***************
2007.10.03 1st AL『Calm』
2008.04.16 remix AL『Recalm
***************
2008.03.24 Monday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
こんにちわ
僕もこれを買った当初
聴きまくってました
和の琴線に触れまくりの
トラックがツボで自分に
しては珍しくインストの
曲を好んで聴いてたんですが
nyantaさんが書かれてる
ように英詞のラップだと
その「和」の感じが薄まるからか?と思いました
近々セカンドも出るよう
なんで次は日本語ラップを期待したいですな
what's? | 2008.03.26 Wed 16:58
what's?様

こんばんは。返事遅れましてすみません。
読み直したのですが、意味が通っているのか通っていないのかよく分からない文章になってますね。インスト曲では和風な音を使っていないのにもかかわらず"和"な感じがするのはどうしてだろう、ということから書き始めたのですが、うまくまとまりませんでした。ごめんなさい。

> 次は日本語ラップを期待したいですな
ええ、期待です。
gogonyanta | 2008.03.28 Fri 01:18
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1896
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中