すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< Sowelu『Naked』 | main | 野中柊『きみの歌が聞きたい』 >>
童子-T『ONE MIC』

2007年8月29日リリースのサードアルバム。

一聴してその下手なラップに唖然とする。客演では聴いたことがあったけれど、じっくりこの人名義の音源を聴くのは初めてで、キャリアも相当長いし、それに見合った実力を存分に聴けると思っていたのだ。

そしたらどうだろう。無駄に尊大な態度が無性に苛立たせる上に、中身のない陳腐なリリック。1969年生まれというから、いい年ではあるのに全くもって酷い。

日本語ラップWEBマガジン「COMPASS」でのインタビューを読み直してみると、本人はM13「PEACE」から最後のM16「続少年A」の流れを、"オレの中ではすごいドラマチックな展開なんだ"と自画自賛をしている。

それでは、と歌詞カード片手に聴き直してみる。M13は亡くなった父親への想いを、M14「光る未来」では息子の誕生を祝福し、M15「best friend」はMummy-Dと共に友情を讃え、様々な出来事、出会い、仲間に支えられ今があることを歌うM16という流れだった。べったべたで紋切り型のリリックに、既視感さえ覚える内容だ。でもなんだろう、意外にグッとくるものがあった。というか、あってしまった。年食ったなぁと自分でも思うけれど。

少しでも好意を覚えてしまうと不思議なもので、徐々にアルバムが良く聴こえてくる。本人もトラック選びに自信があると語っているように、トラックの良さがその思いを増幅させているのだろうけど。

KREVA製のM3「Don't Stop」は、自分のアルバムでこんな感じのシンプルなトラックを使えばいいのにと思えてくる出来だし、ZINGI時代の仲間であるG.M-KAZ製作の2曲、M10「Special Girl」とM12「ZINGI」は跳ねているのとメロウなタイプのトラックでどちらも良作。DIORI a.k.a. D-ORIGINUが手掛けたM9「SAGAMI」は派手なんだけど温もりのあるトラックで、M13もその温もりがとことんまぶされた音がテーマとよく合っている。

M4「ONE LOVE」で客演している清水翔太は実年齢からは想像できない大人びた歌声を披露している。ALI-KICKはかわいそうだった。M6「童子兄さん」のフックはちょっとお遊びが過ぎる。ALI-KICKが精魂込めて作ったであろうトラックが台無しだ。Romancecrewで使い回して生まれ変わらせて欲しい。Mr.BEATSが作ったM8「本気」はらしくないトラックで、意外性のみ。

20年近くラップをやってきて、この程度のラップしかできないのは何ともお粗末な話だけど、これだけのトラックと将来性のあるシンガーを集められたのはそのキャリアのおかげなのだろう。


*****************************
1991.10.05 【ZINGI】1st mini AL『ZINGI』
1992.06.13 【ZINGI】2nd mini AL『渋谷無宿』
1996.02.21 【ZINGI】2nd AL『TOKYO TRIBE』
1996.10.23 【DOHZI-T & DJ BASS】1st AL『蜃気楼』
1999.06.26 【DOHZI-T & DJ BASS】1st SG『PIST-NIST』
2001.10.10 1st SG『少年A』
2002.12.18 2nd SG『世界はおまえの手に』
2003.03.05 3rd SG『In-mail feat. JUJU』
2003.04.02 1st AL『第三の男』
2004.05.26 4th SG『勝利の女神 feat. 加藤ミリヤ』
2004.06.09 5th SG『蜃気楼 第二章』
2004.12.08 6th SG『Sky Triple Dancing feat. LITTLE』
2005.02.23 2nd AL『童夢』
2005.12.07 7th SG『MARK YOURSELF』
2006.02.15 8th SG『better days feat. 加藤ミリヤ & 田中ロウマ』
2006.03.22 best AL『WARABEST ~THE BEST OF 童子-T~』
2007.02.21 9th SG『Don't Stop』
2007.05.16 10th SG『悲しみにさよなら feat. Full Of Harmony』
2007.07.18 11th SG『ONE LOVE feat. 清水翔太』
2007.08.29 3rd AL『ONE MIC』
2008.06.11 12th SG『もう一度・・・ feat. BENI』
2008.09.24 企画AL『12 Love Stories
2009.06.03 13th SG『ファースト ソング
2009.10.14 14th SG『あの頃・・・ feat. CHEMISTRY
2009.12.16 4th AL4 ever
*****************************
2008.04.18 Friday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
ファーストの『第三の男』は結構な良作だと思いますよ!
gogoyantaさんが気に入るかどうかはわかりませんが。
wanyanaguda | 2008.04.21 Mon 17:38
wanyanaguda様

こんばんは。

> ファーストの『第三の男』は結構な良作だと思いますよ!
ええ、そうらしいですね。実はiPodに『第三の男』と『童夢』、『WARABEST』の3枚もストックされているのですが、
どうも食指が動かず、一番新しい音源ということで『ONE MIC』を聴いたんです。
そのうち聴いてみますね。
gogonyanta | 2008.04.22 Tue 02:48
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1947
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中