すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< R.E.M.『AROUND the sun』 | main | 重松清『その日のまえに』 >>
WISE『太陽の子供』

2007年10月10日リリースのファーストアルバム。

TERIYAKI BOYZの一員だからという色眼鏡で見てしまい、少しも興味が湧かなかったアーティストだけど、実際に聴いてみたら結構良盤で驚いた。

バイリンガルラッパーなので、英語のリリックが多めなのだけど、日本語だけのヴァースも少なからずあり、なかなか聴かせる。まあ、1曲の中でちゃんぽんにするよりはShing02のように日本語詩によるラップ、英詩のラップと完全に分けた方がいいと思うけれど。

リリックは、育ちの良さがにじみ出ている前向きなものや、感謝の気持ちを率直に言葉にしたものが多く、好感がもてる。ヒットチャートをにぎわすようなラップグループのリリックとも違い、当たり障りのない言葉で綴るのでなく、しっかりWISEという人間が表現されているのがいい。

これまでいそうでいなかったタイプのラッパーだと思う。ポップに対してのバランス感覚が絶妙で、フックで歌っているにもかかわらず、いわゆる売れ線のラップグループのようにはならず、すんなり楽しく聴けてしまう。

M2「Shine like a star」やM5「Thinking of you」、M9「Play that song」で聴けるキャッチーなメロディラインを作っているのは、倉木麻衣や愛内里菜に楽曲を提供していた北浦正尚であり、歌メロがポップというのも納得である。ただ、彼が参加していないM3「Delicious」やM4「Never at once」にも上記の曲同様のキャッチーさがあり、もともとWISEに備わっている資質なんだろうとは思う。

トラックが多彩で飽きがこないところもこのアルバムを何度も繰り返し聴いている要因のひとつだ。M1「Time to rise」とM3を手掛けたSONPUBの楽しげなトラックは秀逸。シンプルでジャジーなトラックが香ばしいM4は女性ボーカルの入りが実にユニーク。cro-magnonと組んだM7「太陽の子供」とM11「火の鳥」で生み出されるグルーヴも愉快だ。

色々勘ぐって笑えたのが、RIP SLYMEのSUが参加したM6「Hey girl!」。"知り合い変態…? じゃなくて恋愛の先輩 頼むくれアドバイス"というWISEのフリで、"スーパーハンター"であるSUが低音ラップで登場し、恋愛のイロハを教えるという展開なのだけど、でも実はWISEが狙っている子の番号をすでにSUは手にしていて、しょうがないなとWISEに教えるという。ワイドショーでのSUのネタがどこまで本当か知らないけれど、それを思い浮かべながら、恋愛マスターを気取っているSUのラップを聴くと、彼の言葉に重みが出ようというものだ。SUは同時期にリリースされたリップの新作でも特にいいなぁと思ったけれど、ここでもうまいラップをしている。


上でも書いたように、WISEはバランス感覚が優れている。ポップに偏ることなく、ヒップホップにこだわることなく、いいと思った音を楽しんで取り入れているように思う。あとは、リリック。日本語だけでも十分通用するし、変に英語を入れることなく、日本人に優しいラップを聴かせて欲しい。


**********************
2005.08.10 【WISE'N'SONPUB】AL『DAKID』
2007.02.21 1st SG『Shine like a star』
2007.05.23 2nd SG『Thinking of you』
2007.08.22 3rd SG『ALIVE』
2007.10.10 1st AL『太陽の子供』
2008.06.18 4th SG『Mirror feat. Salyu』
2009.04.01 5th SG『ふりむかないで feat. Hiromi』
2009.05.27 2nd ALLOVE QUEST
**********************
2008.04.22 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.16 Saturday 23:59 | - | - | -
コメント
DAKIDの方が僕は好きです。WISEうまいですよね!福山雅治のコンピアルバムか何かで、桜坂をラップしてるらしいです。聞いた事無いですがw
玉 | 2008.04.24 Thu 01:00
玉様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> DAKIDの方が僕は好きです。WISEうまいですよね!
ええ、ちょっと驚きましたね。毎回自分を戒めるのですが、聴かず嫌いはいけないです。『DAKID』はSONPUBとのユニットによる作品ですよね。SONPUBも気になっています。

> 福山雅治のコンピアルバムか何かで、桜坂をラップしてるらしいです。
検索をかけてみたら、ピストン西沢による『Fukuyama Masaharu ANOTHER WORKS remixed by Piston Nishizawa』(2006)というアルバムの中に収録されているようですね。ピストン西沢は好きなんですよね、あの下品なところが。すまし面の福山をどう料理したのか気になります。
gogonyanta | 2008.04.24 Thu 01:57
福山のコンピ聞いたりしたらレビューお願いしますw自分もいろいろ聞かず嫌いなどあって聞いていなかったものが今では大好きになってたりします。これだから音楽は楽しいですね♪
玉 | 2008.04.24 Thu 07:33
僕もDAKIDの方が好きでしたね。。桜坂のは前にちょっと聴いたけど僕的にはちょっとww

「MAD Sequence」のアルバムはかなりかっちょいいと思います。。このアルバムの中でのWISEが一番好きです。。まだ聴いた事ないようでしたら是非オススメします。。
のりお | 2008.04.24 Thu 12:59
玉様

こんばんは。

> 聞かず嫌い
ホントそうですよね。最初から期待度が低いから、聴いてみて意外に良かったりすると、普通以上に評価が高くなったりしますね。



のりお様

こんばんは。お久し振りです。

> MAD Sequence
知らなかったので検索してみたら、LOW JACK THREEのひとりがやっているプロジェクトなんですね。気になります。Diggy-MO'やSONPUBまで参加というのも面白そう。ご紹介、ありがとうございます。
gogonyanta | 2008.04.25 Fri 02:05
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1956
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中