すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 西加奈子『さくら』 | main | 森絵都『DIVE!! 上・下』 >>
SUIKA『カッコいい』

2008年4月23日リリースの4枚目のアルバム。

手にして以来ずっと聴いている。少しも飽きない。これまでの作品はいってみれば、オルタナティブなヒップホップであり、その立ち位置が小気味良かった。今作はM12「つづれおり」の最初の音が最も顕著なのだけど、ビートがおそろしく重い。ビートが王道のヒップホップをしている。

何度も何度も繰り返しながら夢想した。

M12が、あるいはM13「手をならせ」やM7「ピクニック」でもいいのだけど、CMか何かに使われて大ヒットとなり、年末の紅白にまで出場しちゃって、日本のヒップホップの歴史を塗り返すことになったら面白いな、と。

ZEEBRAが方向付け、現在の日本語ラップにべっとりと貼られているレッテルを覆し、またチャートに顔を出すそこらのアンちゃんがやっている風なラップグループはラップの魅力の一部を伝えているにしか過ぎなく、ヒップホップにはもっと思想があって、技術を必要とし、何より自由な空気が流れている音楽がヒップホップなんだ、と。同時にそんなヒップホップ像をも一面的だよと否定する多面性のある音楽であり、誰もがやりたがる魅力的な音楽だと伝えることになったら、面白いことになるのにと思うのだ。

裏路地の声を代弁するラップがあってもいい。それは刺激的で時々聴くには楽しい。でも大勢の人間が歩いている表通りをラップするグループやラッパーがもっといてもいいのではといつも思っていた。日本のヒップホップが、"ありとあらゆるグッドミュージックジャンキーからバカにされて、期待もされないで、ガキの不良のおもちゃだと思われている"現状から、そろそろ抜け出て欲しい。

ヒップホップはもっと楽しくて、ラッパーはどんなことをラップしても良くて、メンバーに詩人がいてもいいし、死んだビートを無理に生き返らせるのではなく、生きているビートをその場で生み出してもいいし、鍵盤弾きが跳ねるように叩きつけるようにメロディを紡いでもいいのだと、SUIKAが一般メディアに出て伝道するようになったら、日本のヒップホップはもっと素敵になるはずだ。

休日の午後、窓から入ってくるとても気持ちの良い風にあたりながら、そんな夢を見た。ビールがあったらもっと最高なのに。
2008.04.29 Tuesday 16:21 | 音楽 | comments(16) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 16:21 | - | - | -
コメント
おたくさー HIPHOPとか聞くの辞めたらええんちゃう?

いつも批判しかしせーへんしだいたいHIPHOPってちゃんとBackgroundも知った上で聞くべきもんやさかいな、いかにも趣味「音楽鑑賞」ですわ なんでもききま〜す
みたいなノリできいたやつが批評かましてんの単純に滑稽やわな。
SAG DOWNも行っとらんみたいやしイモってるだけやろ? ネット上でしか虚勢はれへんやつは2chねらーとかわらへんで?オッサン

STREET知らへんのにそこから発信されとる音楽語るっちゃうのはそれなりに覚悟できとるんやろな? 自己満したいならお家でノートに毎日日記でもかいたらええやん 不特定多数みとるとこでこげんこつやって責任もとれまへん て男として情けないやっちゃなー


本当オカマは地球上から消えればいいのに
かなやあすか | 2008.04.30 Wed 04:50
ども〜お久しぶりです!!

これ、購入されましたか。く〜羨ましすぎるwwwww
彼らに関しては大好きすぎて正当な評価が出来ないくらい
無条件で正にカッコいいですwwww

Takatsukiの2nd、SMRYTRPS、Romancrewと楽しみが続きますw

言うことナシデス!
KenKOBA | 2008.04.30 Wed 13:28
タケノコタケノコボッキッキ
鈴木ジム子 | 2008.04.30 Wed 16:10
>かなやあすか

かぁ〜おたくかなり酷いですな!www
糞ガキww お前が黙れww
YO-HEY | 2008.05.01 Thu 08:35
なに?童貞クン
かなやあすか | 2008.05.01 Thu 21:49
Suika、アルバム出ていたんですね。
ヒップホップのリリース情報を得る場所が無くて、どうも最近いろいろ疎い感じです。

「ビートがおそろしく重い。」というのはいままでの彼らの作風から想像できないので、実際そのとおりだとしたら何かいろいろかんぐりたくなりますね。

日本語ラップの「多様性」という点で、彼らはとても自覚的な感じを受けているのでちょっと聴くのが楽しみです。
微熱王子 | 2008.05.01 Thu 23:59
まとめての返事になり、申し訳ないです。


かなやあすか様

こんばんは。
今回は"かなやあすか"さんですね。趣味欄はいつも"音楽鑑賞"のgogonyantaです。よろしくです。

こういう殴り書きの人は毎回書きっぱなし番長で、返事するのは意味がないと自分でも思うのですが、ひとつだけ。

> 本当オカマは地球上から消えればいいのに
オカマがいなくなったら世の中つまらなくなりますよ。ああ、あと"STREET"というのは何なんでしょう。いや、最近ですよね、この言葉が使われ始めたのって。どういう意味で使われているのか実感として分からないんですよね。あなたの歩いている道は私の歩いている道とつながっていないんでしょうね。

あ、それと、
> 童貞
多分かなやあすかさん自身に猛烈なコンプレックスがあって、こういう言葉が出てくると思うのですが、童貞というのはかけがえのない時期だったと最近つくづく思います。あの時代にあった感性をどうしても取り戻すことができないからこそ、私は青春モノ(映画にしろ漫画にしろ小説にしろ)を求めてしまうのかなと思っています。



KenKOBA様

こんばんは。お久し振りですね。

いやいや、『カッコいい』はいいですよ!
最初タイトルはどうなんだろうと思っていましたが、そんなのは気にならなくなるかっこよさです。アマゾンでも発売を始めたようですし、取り寄せできると思いますよ。タカツキの新装セカンドも買ったのですが、PCの調子が悪くて、どうしても取り込めないんですよね。だからそれについてはちょっと後に書くと思います。

> Romancrew
出るんですか。知りませんでした。楽しみですね。Shing02も6月にようやくリリースするみたいですし、TWIGYも出すし、今年は豊作になりそうです。



鈴木ジム子様

こんばんは。
こういうコメントが一番弱いですね。気の利いたお返事ができず、すみません。



YO-HEY様

こんばんは。はじめまして。
まあ、気になさらずに、SUIKAでも聴いて心穏やかに生きましょう。彼らにかまっていると時間がもったいないですし。これからもよろしくお願いします。



微熱王子様

こんばんは。

> 「ビートがおそろしく重い。」というのはいままでの彼らの作風から想像できないので、
> 実際そのとおりだとしたら何かいろいろかんぐりたくなりますね。
まあ、例えばMONJUとかそういうモクモク系(この言葉はちょっと何ですが)に比べれば、まだまだ甘いですが、これまでのSUIKAと比較すると重いです。それとファンキー度も上がってます。あと、歌も増えてますね。お勧めです。
gogonyanta | 2008.05.02 Fri 00:30
あのー女やけど… オッサンもさー家こもってないで若いコと一発やればそのひん曲がった性格と考え方もか | 2008.05.02 Fri 01:27
↑ひん曲がった性格と考えがここに極めり、って感じですなあ。
まるで無関係な話を持ち出してアタシの言う通りにしな、ってどんなノータリン?
gogonyantaさんも大変ですねぇ。こういう物事を狭い範囲でしか見れない人の、
まるで根拠も中身も無い滑稽な批判をする方の相手をしなければならないなんて。
トーマス財布 | 2008.05.02 Fri 02:19
いやあ バカなコメントかいてるひといますけど
hiphopに関係なく自由な考えを発表出来ることに 自由がありいちいちイチャモン書く意味あるのか疑問です。
イチャモン書くならもっと内容ある反論なり書いてほしいです。

今回のでsuika聴いてみたくなりました。
個人的にhiphopは ルールというかシバリがあってその中でハードコアに突き詰める タイプもあっていいし好きですし、
どんどんルールをはみ出して拡張していくのも面白いと思います。

gogonyantaさんは SD jankstaの ノリキヨやBRON-Kのソロは聴きましたか?
かなり個人的に面白かったので gogoyantaさんの感想いつか読んでみたいです
大輔 | 2008.05.02 Fri 05:00
このブログで何度も紹介されてたり、ステルスやなのるなもないのアルバムに参加してたTOTOが凄く良かったので、初めてSUIKAのアルバム聞いたんですが、良かったです。
南国でふわふわした気持ちで聞いてる感覚になりました。(表現力なさすぎで申し訳ないす)なんか幼稚園とかの音楽の時間ででも流れてても面白いなあと。
ヌギーバック | 2008.05.02 Fri 16:24
かなやあすか様

こんにちは〜。いやな雨ですね。
正直お返事がもらえるとは思ってもいませんでした。ありがとうございます。嬉しいです。



トーマス財布様

こんにちは。はじめまして。
まあ、いつものことですので、笑ってやり過ごしましょう。
時々ですけど、このコメント欄も建設的な意見の応酬になり、本当に面白くなることがあるんですよ。
文字だらけで読みにくいですけど、「倉庫」っていうカテゴリー名でまとめてみました。よろしかったらどうぞ。



大輔様

こんにちは。お久し振りですね。

> 個人的にhiphopは ルールというかシバリがあってその中でハードコアに突き詰める タイプも
> あっていいし
そうですよね。制約のなかで言葉を紡いだり、リズムに乗せるかという楽しさもあって、どちらの方法がいい悪いではなく、いかに自分(たち)のスタイルを確立するかが楽しみな音楽だとも思います。

> SD jankstaの ノリキヨやBRON-Kのソロは聴きましたか?
聴いてないんですよね。最近彼らの評価はウナギのぼりで聴かなきゃとは思っているんですけどね。



ヌギーバック様

こんにちは。

> TOTO
> 南国でふわふわした気持ちで聞いてる感覚になりました。
totoさんはいいですよね。基本的に敬称略で書いているのですが、totoさんだけはついつい「さん」付けになってしまいます。ミニアルバムサイズのソロ作品を聴いてみたいです。
gogonyanta | 2008.05.03 Sat 14:10
初めまして。ポトフ(仮)と申します。コメントするのは初めてですが以前から楽しく拝見しております。
申し訳ないのですがぶっちゃけて言ってしまえば私はこのブログをCD購入時に参考にする数あるレビューの一つとしてしか捉えておらずそれ以上でもそれ以下でもありません。
当たり前のことですがgogonyanta氏の感想が100%正しいとも思ってもおりません。ただgogonyanta氏にはそう感じたというだけの話でその感想に共感もしますし違うんじゃないか?と同意しかねる時もあります。しかし人それぞれの意見や感想を吸収し自分の中で新しい価値観を構築、また違った目線で作品を振り返ることができるのはとても有意義なことだと思います。自分でもなぜこんなことを書き込んでいるのかよく分かりませんが、長くなりましたが結局何が言いたいかと言うと

>かなやあすか様
釣られてやるよ
頭悪そうだから短めにね?

頭からケツまで全部すべってんよ?まずお前ちゃんと文章読んで理解しろ。それと知ったかぶりは恥ずかしいぞ(笑)


>gogonyanta氏
初めましてなのにこんなコメントですいません
これからもいろんな作品をたくさんの人に紹介していってください
楽しみにしています
ポトフ(仮) | 2008.05.06 Tue 06:58
ポトフ(仮)様

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 私はこのブログをCD購入時に参考にする数あるレビューの一つとしてしか捉えておらず
> それ以上でもそれ以下でもありません。
> 当たり前のことですがgogonyanta氏の感想が100%正しいとも思ってもおりません。
> 人それぞれの意見や感想を吸収し自分の中で新しい価値観を構築、
> また違った目線で作品を振り返ることができるのはとても有意義なことだと思います。
まさにおっしゃるとおりだと思います。私も他のブログを見て、購入の参考にしたり、そういう聴き方・見方があるのかと学んだりしますが、結局は自分の琴線にどう触れたかが大事で、これまでも音楽史的には重要盤であっても受け付けないというものはたくさんありました。

ブログに限らない話で、紙媒体に掲載されるCD評なども同じだと思いますし、そんなことって了解事項だと思っていましたけれど、日本語ラップのファンの方はそう考えない傾向の人が多いようで、なかなかの荒れ模様になります。私はこういう聴き方・捉え方をしたという建設的な意見・コメントを書いて下さると嬉しいんですけどね。

これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2008.05.07 Wed 00:49
ガキの玩具で結構だと思いますけどね。逸れ者みたいなどうしようもない奴らが
詩的なことを書くから面白いんじゃないですか。

>誰もがやりたがる魅力的な音楽だと伝えることになったら、

誰もがやりたがる時点でヒップホップとしての魅力がなくなるように思えてなりません。
ラップという手段が面白いものだと理解されるのは大歓迎ですが、ヒップホップが
そういう風に捕らえられるって、果たしてどうなんでしょう・・・。
| 2008.06.24 Tue 02:06
名無し様

こんばんは。

> 逸れ者みたいなどうしようもない奴らが詩的なことを書くから面白いんじゃないですか。
おっしゃるとおりです。ロックだってパンクだって同じですよね。多分ブルーハーツは音楽をやっていなかったからどうなっていたことかと思いますけど、彼らの生み出した詩は簡単な言葉ですが、誰にでも突き刺さるものでした。

> 誰もがやりたがる時点でヒップホップとしての魅力がなくなるように思えてなりません。
だいたいヒップホップはそんなことで魅力が薄れるようなものではないと思いますよ。それに名無しさんのあなたに大歓迎されてもねぇ。どうなんでしょう・・・。
gogonyanta | 2008.06.25 Wed 01:03
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/1989
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中