すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 石持浅海『水の迷宮』 | main | アフタースクール >>
D.L(DEV LARGE)『盲目時代 〜BLIND AGE 2006〜』

2006年4月12日リリースのシングル。

1997年に発表されたDJ KENSEIのミックステープ『ILL VIBE 2 MIXED BY DJ KENSEI』収録のBUDDHA BRAND名義の「盲目時代」を、バージョンアップさせた曲。

トラックはほぼ同じで、D.Lのヴァースもだいたい同じ。ミックステープ版にはNIPPSが加わっているけれど、2006年版は、「ブッダの休日」の流用だったニップスのパートを省いて、響言奏(誰?)のコーラスパートが入る。また、"見れば見れる 聞けば聞ける / やればやれる 行けば行ける"というポジティブな一節がフックに足され、D.Lの前向きなリリックとも合っている。2006年版の方が好き。

とはいえ、同年リリースの待望のラップアルバム『THE ALBUM (ADMONITIONS)』にも収録されているわけで、わざわざシングルを聴く必要もないのだけど、このシングルをわざわざ手に取るのは、インストが収録されているからだ。

Harold Melvin & The Blue Notesの「You Know How To Make Me Feel So Good」がまんま使われたトラックはインストで聴くと、心地良さが倍増。シングル『MUSIC』の時もそうだったけれど、D.Lの作るトラックはいい。大好きだよ。D.Lのラップは嫌いではないし、好きな方ではあるのだけど、この2曲はインストバージョンをついつい聴いてしまう。
2008.05.31 Saturday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.26 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
響言奏は確か妄走族のケンタウラスだった気がします
ゴリラ | 2008.06.03 Tue 16:36
ゴリラ様

こんばんは。
お久し振りですね。

> 妄走族のケンタウラス
そうなんですか。そうなると、ラップとコーラスで名義を使い分けているのかな。
D.Lの同アルバム収録の「GOD MOUTH (GOD BIRD pt.2)」では、「K5R」名義でラップしていますし、TWIGYの『TWIG』収録の「Slow Life」ではフックのコーラスのみで、「響言奏」として客演しています。
まあ、「GOD MOUTH (GOD BIRD pt.2)」のラップを聴く限りでは、シンガーとして活躍して欲しいです。
gogonyanta | 2008.06.04 Wed 02:13
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2056
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中