すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 風の谷のナウシカ | main | サウンド・オブ・サンダー / A Sound Of Thunder >>
SUIKEN『HOT IN POT』

2006年7月26日リリースのサードアルバム。

いいのかダメなのか、格好いいのか悪いのか、語る前にまずはっきりといえることは、NITRO MICROPHONE UNDERGRAUNDの面々のソロ作品は、旬のうちに聴かなくてはならないということ。つまり、流れの中で楽しむ必要がある。大所帯グループ全てに当てはまる話なのかもしれないけれど、ニトロの場合は特にその傾向が強いように思う。

だから、今回のように発表されてから2年も経て聴くのは大きな間違いだ。2002年3月のセカンドアルバム以降、ソロアルバムの発表はなかったものの、2004年8月にニトロのセカンドが出た後も、SUIKENは活発にリリースを続けている。SUIKEN×S-WORD名義の2枚組アルバム『HYBRID LINK』(2005年7月)、覆面集団blackCOFFEEZとしてリリースされたアルバム『SUGAR FREE』(2006年1月)、ようやくフルアルバムサイズで出された、TINA、MACKA-CHINとのグループ・MONTIENの『III』(2006年3月)といった具合だ。

この流れで作品を聴き込み、そして毎度のように呟けばいいのだ。「ニトロ本隊のアルバムが待たれる」だったり、ニトロ全員集合曲があれば、「ニトロの次のアルバムがますます楽しみになった。早くしてくれ」だったりと。それこそがニトロのソロ作品の正しい楽しみ方のような気がする。


さて、本作はというと、SUIKEN×S-WORDの『HYBRID LINK』頃に比べると、声の強さやラップの勢いが戻っているのは好感触。まぁでも、序盤はその威勢の良さが空回りしている感は否めず、M5「オワラナイ」あたりからビートとフロウの兼ね合いが良くなる。相変わらず言葉が聞き取れても、文意を掴むことは至難ではあるのだけど。M6「BLUE SIDE」も悪くないし、BIG Oが参加しているわりにはM7「宝の山々」だって、結構聴ける曲になっている。"なめんなよ、東京を まだまだビンビンだぜ"というリリックにはげんなりだけど、耳に強烈に飛び込んでくるんだよなぁ。思わず書き抜きたくなるほど。"金 金"とラップしているM10「38 MONEY」もいつになく文が通るし、お金に対する執着を赤裸々にしている、いかにもヒップホップな1曲。嫌いじゃない。SAKURAを招いたMUROトラックのM13「ALL I NEED」は、肝心のMUROが本調子ではないのだけど、SAKURAの歌声は美麗だし、語り口調のスイケンもいい味を出している。

まあ、そんなわけで、ニトロで聴ける辻斬り浪人のような切れ味はないし、捨て曲もあるし、何より表題曲のM2「HOT IN POT」のフックが"ハッテン場"にしか聞こえないという致命傷はあるものの、全15曲約50分、よく頑張った作品だと思う。

何だかずいぶんと誉め言葉が並んだなぁ。最初に聴いたときは、ダメだこりゃと思ったのだけど、聴き込んだら意外に楽しんだみたい。

あ、ニトロ揃い踏みのM3「NIGHT RIDERS」はビートが早いだけで、たいしたことはないが、BIG-Zが一番活躍しているのは特筆すべきことだった。忘れてたけど。DABOやDELIは当然のように危なげなくDJ VIBLAMのビートに乗っかる。それはよくある話だけど、ビッグZがそうなると、これがまた素直な驚きを誘う。そういえば、スイケンの前作でもBIG-Zを誉めたのを思い出した。スイケンが選ぶトラックとの相性がいいのか。ホントは実力があるのか。怖いもの聴きたさで、彼のアルバムにも手を出してみるか?
2008.06.06 Friday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
いやーおれは「ハッテン場」というか「ハッチンポ」(特に意味はない)って聴こえるんですが。どちらにせよ、けっこうツボなんですよね。あの部分。たぶん、ごごにゃんたさんも何度も聴いてくうちにあの部分が好きになり、あの部分を聴くためにあの曲を聴いてるはずです。

<何だかずいぶんと誉め言葉が並んだなぁ。
という程文章からはそれが感じられないんですがね。笑 気のせいかな。
SUIKEN×S-WORDのレビューも見ましたが、辛いですね。あれ好きなんですけどね。HOT IN POTも11曲目とかすごい好きだし、アルバム自体好きなんですよね。
てことで、かなり嗜好はちがうようですが、ここのレビューは好きなんで更新楽しみにしてます。
eji | 2008.06.08 Sun 03:21
eji 様

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 何度も聴いてくうちにあの部分が好きになり、あの部分を聴くためにあの曲を聴いてるはず
すみません。どちらかというと、繰り返し聴いて、いいなぁと思い始めるのは本文でも書きましたように、M5以降なんですよね。"ハッテン場"はネタです。

> 文章からはそれが感じられないんですが
いやいや、最初聴いたときの印象は、それこそSUIKEN×S-WORDのところで書いたようなものでした。どこを誉めたらいいのかなというような。それに比べれば、相当好意的な文章になって自分でも驚いています。

> かなり嗜好はちがうようですが、ここのレビューは好きなんで更新楽しみにしてます。
ありがとうございます。おかしいと思われたら、どんどんクレーム下さい。建設的なものでしたら、大歓迎です。これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2008.06.09 Mon 00:21
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2067
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中