すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 伊坂幸太郎『終末のフール』 | main | 山下卓『RUN RUN RUN』 >>
HAB I SCREAM『THE ONE(FLOW, RHYME, BEAT & LIFE)』

2006年3月22日リリースのセカンドアルバム。

ソロ1作目やE.G.G.MANのアルバムを聴いても思ったことだが、
ソウル・スクリームは偉大だと。
ふたりのMCとセロリとアレルギーがいるからあの音になるのだと感じた。

ソロ1作目を聴き直してみると、出た当初は失敗作だと思っていたアルバムが、
意外にタイトな生音でよく聞こえてきた。
あのドラムのアタックはなかなかいい。
フロウもきっちり決まっている。

翻ってこのアルバムは、どうも生音でやる意味がわからない。
これでは、普通にトラックを作った方がグルーヴを作れたように思う。
そして、フロウは散漫な感じがする。

けど、11曲目「The Legendary Soul Scream」は少しだけよかった。
少し愚痴っぽい内容が気に掛かるが、
ソウスクよ、早く復活してくれ。
『Future is Now』以上の傑作を待っているのだから。
いくらソロ作品が増えても、それらは本隊の作品を超すことはできない。

15曲目、ZEEBRAやMummy-D、リノ、DENら総勢14名のマイクリレー曲
「アンコール」は聴くに値しない。つまらん。


*******************************
2003.11.11 1st AL『The Circle』
2006.03.22 2nd AL『THE ONE(FLOW, RHYME, BEAT & LIFE)』
*******************************
2006.03.27 Monday 00:00 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.05.21 Sunday 00:00 | - | - | -
コメント
いつもどうも。

質問なんですが、生音とはなんですか?
wanyanaguda | 2009.01.26 Mon 01:09
wanyanaguda様

こんばんは。
いつもありがとうございます。

一般的には知りませんが、私の場合はサンプリングではなく、ギターやベース、ドラムなどを演奏してトラックを作ることを生音で作ると表現しています。例えば向こうでいえばThe Roots、日本でいえばSUIKAや韻シストが生音ヒップホップですね。
gogonyanta | 2009.01.26 Mon 01:39
なるほど。無知っぷりをさらけ出してしまいました。どうもありがとうございます。
wanyanaguda | 2009.01.26 Mon 07:19
音楽やったことの無いお前が生音がどうとか言ってるのマジみんなで爆笑してたよwwwwwwww
こんな真剣に何か一つでもろくにこなしたことないオーバー30の奴にHABさんもああだこうだ言われてるんだ…ああ、いやだ、ああ、いやだ。
楽器も弾けない、ラップも出来ない。おまけにブログの才能もないよお前は…。乙
BENGAL | 2009.04.17 Fri 01:15
BENGAL(あるいは、BANDAL)様

まともに返答のできないあんたに爆笑だよ。
gogonyanta | 2009.04.17 Fri 01:20
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/207
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中