すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Prince「Creep」@Coachella Valley Music and Arts Festival 2008 | main | 吉川トリコ『「処女同盟」第三号』 >>
Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY『BEAUTIFUL TOMORROW』

2008年1月16日リリースのセカンドアルバム。

とてもきれいなアルバム。まさにタイトル通り。希望に溢れ、陽気で、ラップや歌の楽しさがギュッと凝縮され、路上をさまよいかけていたヒップホップを救い出す作品。

4年も前になる前作『BEATS JAPAN』はサッカーネタで統一感を出し、そのことが面白かったのは確かだけど、DJセロリのトラックを無駄に消費したラッパーが多く、何とももったいないアルバムになっていた。が、今作の客演陣にほとんど不満はない。例え、穴になってしまっているラッパーがいても、それを補強するシンガーをしっかり配置し、曲としては美しい仕上がりになっている。この4年間で指導力はさらに向上したようだ。

1曲目からスチャダラパーとbird。デビューアルバムから18年。すごいよなぁ。いつでも"フレッシュでホット"。新鮮さでいえば、M4「Happy Turn」での若手3人もなかなかに頑張っている。TARO SOULにHUNGER、KIN DA SHER ROCK。タロウソウルのメジャー進出作はまだ聴いていないけれど、ちょっと期待できるかも。キンダシャーロックの軽やかなラップにも心惹かれる。ハンガーはこんなトラックもオッケーなんだと軽い驚きがあった。音楽への喜びだけではなく、自分というものをリリックに落とし込むハンガーはさすがだ。

おじさん3人が集ったM5「大人の責任」が、それまでのハッピーな流れを断ち切り、メリハリをつける。コッタのラップの"品格"についてはいわぬが花だけど、横山剣を呼んだのは圧倒的に正しい。それだけで評価できる。

MUROとBIG-O、AFRAの3人が参加したM6「3 The Hard Way」は、DABOとSEEDAによるM11「I'm Proud (Fly High)」同様に、何故か目立たない。各人はそれほどひどくないし、トラックも悪くないなのに、つまらない。

SOUL SCREAMの新曲となったM7「MY WAY」は、待望の新曲として聴くと、MCふたりの切れの悪さとトラックの新鮮味の欠如に期待を裏切られる。とはいえ、3人が揃ったこと自体が嬉しい。傑作サードアルバムから6年。そろそろ期待してもいいのだろうか。

前作にはなかった歌のみのM8「Obsession」でFull Of Harmonyのコーラスワークを楽しんだ後は、トラックに助けられたラップをさらっと聴き流し、ダボとシーダの化学融合の少なさにやや失望しつつ、若手ラッパーとシンガーのコラボレートに舌鼓を打ったら、最後は般若による「灰のように」へ。

やんちゃした前作とは違い、今作ではもうひとつの引き出しから、しんみりラップを披露。たそがれつつも希望を抱え生きるというスタンスは、「やっちゃった」という路線があるからこそ際立つ。"ポッケを探るラス1の"ときたから例のアレかと連想させておいて、"ガム"だったり、"早朝から真っ赤赤だぜ"とラップされれば、当然お目々のことかと思うけど、"東京タワー"のことだったりと、狙っているのかどうなのか知らないが、相変わらず面白いリリックを書く。新作も楽しみ。


それぞれが個性を発揮したパフォーマンスをするのだけど、それを包み込む寛容さがセロリのトラックにはあって、最初から最後までどこを切ってもセロリ印。これぞサンプリングミュージック。実に粋な作品だ。とはいえ、予定調和、想像の範囲内の音でしかない、という面も否定はできない。ただ、誰にでも分かりやすく、でもしっかりヒップホップで、そして楽しいという音を作り上げるトラックメイカーは他にいないわけで、やっぱりすごいのだと思う。
2008.06.12 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
僕もこのアルバムはいいと思います。晴れ渡った街をぶらぶら歩くときなど、よく聴いてますね。大人の品格では剣さん渋いな〜〜と思いました。一番チョイ悪っぽいのはおまえだろとも思いましたが笑
宇多丸もフロウが微妙に変わったりしてて面白かったです。般若は彼らしい味が出ててよかったと思います。長渕剛が1曲プロデュースしたらしい新アルバムも楽しみです。
wanyanaguda | 2008.06.14 Sat 02:29
wanyanaguda様

こんばんはです。
いつもありがとうございます。

> 一番チョイ悪っぽいのはおまえだろとも思いましたが笑
確かに確かに。そこ面白かったですね。

> 般若は彼らしい味が出ててよかったと思います。
> 新アルバムも楽しみです。
般若のあの手のラップはギャップがあるだけに結構くるんですよね。ようやくの新作もホント楽しみです。まあ長渕は嫌いなんで、その1曲だけは期待薄なんですが、何にせよ、嬉しいです。
gogonyanta | 2008.06.16 Mon 01:05
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2082
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中