すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 越谷オサム『ボーナス・トラック』 | main | フジファブリック『FAB FOX』 >>
山下卓『RUN RUN RUN』

読了。
☆☆☆☆/5点中

知らない作家だったが、カバーの格好良さと1ページ目のセンスに期待して購入。
大当たり。

偶然出会った29歳、24歳、17歳の女性3人が新潟に向かう話。

それぞれが抱える悩みや苦悩を丁寧に描き、
安易な結論やむやみにハッピーな安直エンディングにしていないのが良かった。
気の利いた比喩表現やセリフもいい。
文章もうまい。
泣けるシーンもある。

雑誌編集者、キャバ嬢、高校生という普通出会わない人種が会ってしまい、
徐々に繋がっていくという成長もの。
大好物なジャンルだ。本当にいい。


**********************************
山下卓(やました たかし)
1967年、北海道生まれ。

1996.09 『メルティランサー 夏の蜃気楼』(メディアワークス・電撃文庫)
1997.04 『メルティランサー2 天空の少女』(メディアワークス・電撃文庫)
1997.11 『メルティランサー3』(メディアワークス・電撃文庫)
1998.10 『果南の地 上下』(小学館・スーパークエスト文庫)
1999.09 『メルティランサー4 いつか見た未来』(メディアワークス・電撃文庫)
2000.08 『メイド・イン・ドリーム1』(メディアワークス・電撃文庫)
2000.10 『メイド・イン・ドリーム2』(メディアワークス・電撃文庫)
2001.06 『BLOODLINK 獣と神と人』(エンターブレイン・ファミ通文庫)
2001.06 『メイド・イン・ドリーム3 帰らぬ人々』(メディアワークス・電撃文庫)
2001.08 『微細回路少女師団(マイクロサーキットガールズ)』(メディアワークス・電撃文庫)
2001.11 『BLOODLINK 赤い誓約』(エンターブレイン・ファミ通文庫)
2002.04 『ふたり days of Broken Blood』(エンターブレイン・ファミ通文庫)
2002.04 『メイド・イン・ドリームSS』(メディアワークス・電撃文庫)
2003.04 『BLOODLINK 夜光』(エンターブレイン・ファミ通文庫)
2004.09 『BLOODLINK 天使の幻影』(エンターブレイン・ファミ通文庫)
2004.11 『刹那 そのとき彼女が願ったこと days of Broken Blood
                                   (エンターブレイン・ファミ通文庫)
2004.12 『流行り神 警視庁怪異事件ファイル0』(エンターブレイン・ファミ通文庫)
2006.03 『RUN RUN RUN』(徳間書店)
**********************************
2006.03.28 Tuesday 00:00 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/209
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中