すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Shing02『「歪曲」新来』 | main | キセル『magic hour』 >>
Shing02『絵夢詩ノススメ』

2003年12月22日リリースの初期音源集。

歌詞カードに書かれたShing02自身の文をまとめると、1989年に15歳でアメリカに越したシンゴ2少年は、UCバークレー大学に入学した1994年、18歳の時にヒップホップと出会う。やがて地元のヒップホップシーンにのめり込んでいき、Del tha Funky Homosapien等と出会う。絵が得意だったこともあり、最初はフライヤーなどのデザインを手掛けていたが、やがてBas-1と知り合う。そのBas-1からビートを貰うようになり、それにリリックを付け始めた。ある日家に押しかけてきたBas-1が一晩の内にEP一枚分のトラックを作り上げてしまう。彼に脅されるようにしてリリックを書き上げ、全9曲を1日で一発録りする。それが1995年のことらしい。

「雨ニモマケズ」「帝国ニ告グ」「東京の通り」「ギガバイト」「日本性事情」「キク:クスリ」「絵.夢.詩」「課題毒書パート2」「JAPAN」の9曲が1995年の時点でできていた。

翌1996年夏に日本に行ったときには、カセットテープの形にしたその作品を手売りしたり、配ったりする。

1997年初頭にミックスの手直しやGM YOSHIによるインタールード──「パスポーテーション」「税関突破」「そして日は又昇る」に、Rinoとの電話での会話──「周波数チューニング」「クワダテル二人」という5曲を足し、またDJ Q-Bartとの「先制口撃」をボーナストラックに加えた「絵夢詩ノススメEP」を作り上げた。シングル2枚後にリリースする計画だったものの、結局1998年2月22日に最初のシングル『帝国ニ告グ / 日本性事情』を発売しただけで、初夏に予定していたもう1枚のシングルとEPは出せず仕舞いに終わる。

そのEPの曲目リスト。
1.雨ニモマケズ
2.帝国ニ告グ
3.周波数チューニング
4.東京の通り
5.パスポーテーション
6.ギガバイト
7.日本性事情
8.キク:クスリ
9.クワダテル二人
10.絵.夢.詩 feat. 三木道三
11.税関突破
12.課題毒書パート2 feat. 三木道三
13.JAPAN feat. Bas-1 & DJ Dai
14.そして日は又昇る
15.先制口撃 feat. DJ Q-Bart (ボーナストラック)

以上の経緯があり、セカンドアルバム『400』リリース後の翌2003年に、1997年録音の「一揆 feat. DJ Nozawa vs. DJ Bill」と「日本性事情 (内緒話リミックス)」、1998年の「東京の通り (23:59リミックス)」が新たに付け加えられ、初期作品集としてようやく発表される運びになる。


まあ、そんなこんなでシンゴ2が19歳のときの作品が主なわけで、お世辞にもラップはうまいとはいえないし、サードアルバムに6年もの時間をかける、完璧主義者のようなアーティストがよくこの作品の発表を決意したなと思えるけれど、ラッパーとしての成長期を垣間見られるのはファンとしてはとても嬉しい。

この時点ですでに言葉の選択に並々ならぬ才気が感じられ、同時に今よりも分かりやす押韻が微笑ましくもある。ところどころでもつれるようなフロウは1日で仕上げるという強行軍ゆえなのだろう。

M7「日本性事情」は当時も恥ずかしかったらしいが、まあ今聴いても十分えぐい表現だし、今のシンゴ2は絶対書かないようなリリックで面白い。キングギドラが似たようなネタを描写した「F.F.B.」よりもずっと猥雑で、技巧的だ。

キングギドラの名前をもう一度出すならば、彼らの「トビスギ」とシンゴ2のM8「キク:クスリ」を比較するのも興味深い。シンゴ2のラップには彼らほどのスムースさはないものの、リリックのユニークさでは負けてはいない。彼らは紋切り型のラップに終始し、そのつまらなさを露呈させる。

この作品のハイライトは三木道三が参加する2曲だと思う。"後鳥羽天皇が万葉集を使って行った初のサンプリング技術"と喝破するM10「絵.夢.詩」では、日本人が行ってきた文化受容の歴史を紹介し、日本語でラップする意味を説く。

M12「課題毒書パート2」では、痛烈に日本語ラップを批判。"ダサい、あたりさわりの無い歌詞、今は昔、音楽好きで続けていた日々(ヒビ)割れするシーン、MC の孤児院、ワンダーランド"といったトゲのある言葉が次々と繰り出される。また、"日本には存在しないゲットー / だから自分で探し出さなければいけない劣等感"なんて指摘もある。

ボーナストラック扱いだったM15「先制口撃」は韻の踏み方は見事だし、その舌の鋭さはさらに冴える。1995年時点のラップよりもずっとうまくなってはいるのだけど、それでもまだ心許ないのは事実。今のスキルでこの舌鋒鋭いラップをしたらどうなるのか聴いてみたい。

CD版のボーナストラックにあたるM16「一揆」やM17「日本性事情 (内緒話リミックス)」は微妙だが、全く別の曲に仕上がっているM18「東京の通り (23:59 リミックス)」は結構楽しめた。
2008.06.16 Monday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2090
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中