すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< Dragon Ash『Velvet Touch』 | main | Shing02@代々木公園野外音楽堂 >>
ぼくの大切なともだち / Mon Meilleur Ami

91点/100点満点中

パトリス・ルコント最新作(でも2006年の映画)。2008年公開作品。

************************************
美術商のフランソワは、誕生パーティの席で思いがけない事実を突きつけられる。出席者が口を揃えて、彼には親友がいないと断言したのだ。反発するフランソワはビジネスパートナーであるカトリーヌの挑発に乗って、10日以内に親友を連れてくるという賭けをしてしまう。親友だと思っていた人たちを訪ねて回るフランソワだったが、自己中心的な性格が災いして結局誰からも相手にされず仕舞い。途方に暮れるフランソワは、ふとしたきっかけで出会ったタクシー運転手のブリュノにどうすれば友達が作れるのか教えを請うのだが…。
************************************

とてもフランス映画らしい、気品とエスプリに溢れた作品。考えさせられるところもあるし、ついつい笑ってしまう場面も多いし、じっくり楽しめる物語だ。

友達を求め、自身の欠陥に気づいてしまうフランソワの視点から、後半でそのフランソワが友人作りの師と仰いだタクシー運転手のブリュノの視点に移るのはホント見事。だけど、省略がやや多すぎて、共同経営者のカトリーヌの話が余計に感じてしまうのは残念。こっちも大事な話ではあるのだから、ちょっともったいないかな。

前作『親密すぎるうちあけ話』もそうだったけれど、ルコント作品を見終えた後の充足感は、すばらしい長編小説を一冊読み終えた時のそれに近い。


*****************
ジュリー・ガイエ(Julie Gayet)

1972年、フランス・シュレーン生まれ。

1994年 百一夜
1995年 君が、嘘をついた。
2002年 ラ・タービュランス
2002年 NOVO/ノボ
2004年 メトロで恋して
2006年 ぼくの大切なともだち
*****************
2008.06.22 Sunday 23:59 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2104
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中