すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 原田郁子『ケモノと魔法』 | main | 凛として時雨『Telecastic Fake Show』 >>
DARTHREIDER『俺ガレージ・ORGANization』

2008年6月7日リリースの4枚目のアルバム。

サードアルバム『CHANGE YOUR WORLD』があまりに良くて、それからダメレコ関連のアーティストに手を出すようになった。だから2年ぶりとなるこのラップアルバムにはかなり期待していたのだけど、それに答えられたかはかなり疑問だ。

今作はダメレコ周辺が多数参加したため、前作で感じられた体臭や口臭、つばきまでが飛んでくるような濃厚さが薄れている。そこが残念だ。口を開けば、言葉がラップになり、ファンクになるといったDARTHREIDERに期待するものが影を潜めている。それでは客演なしの曲はどうかといえば、短いながらもひとりでやっているM2「DARKSIDE OF THE FORCE」やM5「FRENCHCONNECTION」もなんだかという出来。

今作は"オルガンにスポットをガン当て"にしているということで、トラックも楽しみのひとつだったが、ラップ同様満足できない。

もっとファンキーなオルガンプレイを引っ張ってきて、めくるめくファンク地獄に連れ去られるのかと思いきや、鍵盤よりもギターカッティングやホーンの音のかっこよさに耳が奪われる始末。SUIKAのタケウチカズタケのファンキーなプレイに耳が慣れてしまったからだろうか。

う~んと首を傾げながら聴いていくと、ソロのM13「SOUL LADY」でオッと思い、同じくソロのM14「GOOD NIGHT, GOOD BYE」で不覚にも涙しそうになった。M14はすばらしいなぁ。ダースレイダー少年への母親の言葉にもらい泣きしそうだ。親戚一同の前で披露したという彼のブログを読み、プライベートに過ぎるこの曲を発表できる場は、なるほどそんな席ぐらいだろうなと納得したものだけど、最近のライブセットにこの曲が組み込まれていて、軽く驚く。そんなものなのかな、いい曲だし。

M15「LIFE IS BEAUTIFUL」。最後は総勢11名によるマイクリレーで締める。Lion's ROCKのATIUS以外はダメレコからということで、華やかさが不足気味なのは愛嬌だとしても、活躍著しい環ROYやKEN THE 390はさすがに目立つし、METEORやはなびの独特な声は天からの幸運な授かりものだ。ATIUSも負けずに存在を主張する。


前作には人間臭さが濃密に封入されていて、そこに惹かれたし、前々作には闇鍋的な魅力があった。今作はいささか小綺麗にまとまりすぎていて、物足りない。
2008.06.27 Friday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.14 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2115
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中