すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 安彦良和『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第17巻 | main | 9mm Parabellum Bullet『Termination』 >>
G.K.MARYAN『KEEP ON MOVIN' 3』

2007年12月19日リリースの4枚目のアルバム。

"「ちょっといいですか」
 「オイオーイ、お前らまたかよ。さっきもやられたんだよ、忘れちゃったの俺の顔。何だ、違う奴か。同じ格好して同じ帽子かぶってるから分かんないじゃん、間違いちゃうよ。なに? 見せればいいんでしょ。何も持ってねえよ、ホラ。ホラ、ホラ。見せなくてもいいの、ホラ。カバンは? ああ。ちなみに同意はしないよ、同意は。あっそ、もう行っていいの。動いていいの。ハーン。バイバーイ」"(M1「Sho-ku-shi-tsu」)

1970年生まれの男のアルバムは職務質問を模したスキットで始まる。昨日聴いたKOHEI JAPANのアルバムが我が子の声で始まるのとは大違いだ。ちなみにKOHEI JAPANが1歳下。人生色々。

日本語ラップWEBマガジン「COMPASS」で一悶着あった作品なので、興味はあったのだけど、まあG.K.マーヤンだし、音の方は想像できてしまうし、聴くこともないだろうと思っていたら、意外にも友人から流れてきたので、ちょっとワクワクしながら聴いてみた。

「COMPASS」の文章は間違ってないし、結構控えめだったと思う。私なら1曲目のスキットを聴いただけで、投げ出したくなったと書いたかもしれない。でも、人の短所をあげつらうのではなく、長所を探しなさいと親にいわれて育ったので、ろれつが回っていないラップや、貧弱な語彙などには耳を貸さずに、アルバムを真摯に聴き込むと、いい点も見えてきた。

まず、インタールードのM6「Skit - Wine」。本作のミックスも担当したMARUCOという人が作った、オシャレな雰囲気が充溢したジャジーなトラック。もっと長く聴きたい。続くM7「ひとつあい」もすばらしい。TINAがフィーチャリングされたこの曲は、K-LOVEの手によるもの。この人を知らなかったのだけど、練マザファッカーのひとりらしい。あのグループにもましな人がいたんだという驚きの発見。ラップが入ると折角のメロウさが台無しになってしまうので、TINAパートのみでインタールード扱いにすれば良かったのにと心の底から思う。

スキットも含めて14曲中5曲で頑張っているのがD-ORIGINU。この人の作るトラックはハンドメイド感があって好きなのだけど、今作ではM9「WHAT UP MICHAEL」が良かった。

DJ ANDOも、M14「MORE BLAZING MIC」では懐かしい雰囲気を生み出し、M5「DANCEHALL BOOGIE」でのグルーヴ感も気持ち良かった。M5を聴いてて、アルバムタイトルに『I GOT A SMOOTH GROOVE』と付けるつもりだったというG.K.マーヤンの言葉を思い出し、あまりの厚顔無恥ぶりにあきれてしまった。

トラックメイカー以外では、D.Oはやっぱり目立つなぁというつまらない感想と、UZIは毎回同じような内容のラップだけど、客演ではアクセントになるのでいい仕事ぶりだなぁという思いを新たにした。ソロ作品は怖くて手に取れないけれど。


G.K.マーヤンのアルバムを初めて聴いたことになるのだが、ラップに耳を閉ざせば、そんなに悪いものではなかった。ジャイアンリサイタルも生ではなく、音源なら38分ぐらい耐えられるものだ。M6のインタールードと、M7のTINAの歌声とトラックが救いになった。


*********************************
1999.??.?? mix tape『Gk Funk Maryan Soul』
2000.10.27 1st AL『Keep on Movin' Vol.1』
2001.06.29 1st SG『EGO RAPPIN'』
2002.03.21 2nd AL『KEEP ON MOVIN' 2』
2005.08.24 best AL『THE G.K.M』
2005.09.21 3rd AL『SOUL ON KEEP』
2006.09.13 best AL『フィーチャリング集 TURNTABLE MIXED BY DJ MISSIE』
2007.12.19 4th AL『KEEP ON MOVIN' 3』
*********************************
2008.07.08 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.09.06 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
正に厚顔無恥って言葉がピッタリですね。
ブライス | 2008.07.09 Wed 22:21
ブライス様

こんばんは。コメントありがとうございます。
昔はすごかったんでしょうね、多分。まあ、迷惑をかけずに末永く頑張って欲しいものです。
gogonyanta | 2008.07.10 Thu 00:57
ラッパー名を厚顔無恥に改名したらいいと思います。笑
まあこのまま じじいまでやってたら あるいみ尊敬します笑
nicota | 2008.07.10 Thu 09:24
どうも、お久しぶりです。

G.K.MARYANの1stと2ndは聞いたことありますか?? 昔からトラックにはものすごく恵まれているみたいっすね、特に1stはラップにも下手なりに魅力があって本当に素晴らしいです。

証言でのバースや土地土でのラップが好きだったりするんですが、やっぱりスキルはあんまりなんでこのアルバムもチェックしない可能性が高いです。。。それよりかはTWIGYやPAGERのアルバム買ったほうが良いかな〜と。厚顔無恥よりもジャイアンリサイタルが個人的には適格でツボにはまりました。

KOHEIは良いですよね。
MCARD | 2008.07.10 Thu 14:07
UZIのソロ結構いいよー
少なくともこのアルバム聴いた後に聴くとかなりいいよー
ぢ | 2008.07.11 Fri 13:52
nicota様

こんばんは。いつもありがとうございます。

> じじいまでやってたら あるいみ尊敬します
あまり音楽的に悩んだりとかしなさそうですし、結構やりそうな気もするんですよね。誰も聴かなくなっても、ネット配信したりして。



MCARD様

こんばんは。お久しぶりです。

G.K.マーヤン作品を聴くのは今回が初めてなんです。いろいろあったから聴いてみただけというネタのような記事なんですけど、機会があれば他のも聴いてみますね。

> TWIGYやPAGERのアルバム
ペーハーはいないんですかねぇ。TWIGYとMUROで確かにMICROPHONE PAGERですけど、それだけでは何だか密度が濃すぎて、窮屈になりそうで、ちょっと心配です。でも、2年ぐらい前のライブで、ツイギーが"ペイジャーはないな"といっていたのを聞いていたので、かなり嬉しいですね。



ぢ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> UZIのソロ
誉めているのか、そうじゃないのか微妙なコメントですが、私が聴いたのはファーストアルバムなので、それから時間も経っていますし、良くなっているのかもしれませんね。お勧めしてくれたのに、なんですが、機会があれば手に取ってみます。
gogonyanta | 2008.07.12 Sat 01:54
僕はベストも含めてアルバム全部持ってますけど(ミックステープだけ持ってないな)、マーヤンはむしろ初期が良いと思いますよ。トラックのチョイスがまずいいし、「Relax Mothaf**ka」とか良い曲だと思いますね。高校の頃、よく聴いてました。

ラップも味のあるフロウではあると思いますけどね。雷家族のアルバムでのラップとか歌詞含めて結構、好きだし。
影月 | 2008.07.21 Mon 19:25
影月様

こんばんは。お久しぶりです。

> 高校の頃、よく聴いてました。ラップも味のあるフロウではあると思いますけどね。
> 雷家族のアルバムでのラップとか歌詞含めて結構、好きだし。
舌禍事件をたびたび起こしている私がいえることでもありませんけど、この辺を踏まえた上での文章だったならば良かったのでしょうね。
gogonyanta | 2008.07.23 Wed 00:05
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2137
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中