すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< DOUBLE『THE BEST COLLABORATIONS』 | main | ハプニング / The Happening >>
GReeeeN『あっ、ども。おひさしぶりです。』

2008年6月25日リリースのセカンドアルバム。

シングル『愛唄』の爆発的ヒットでファーストアルバムは40万枚を超える売上を記録したけれど、続くシングルはチャート的にはふるうことなく(まあ、それでも10位以内には入っているのだが)、このまま終わるのかと思っていたところに、シングル『キセキ』の大ヒット。で、満を持して発表された本作は1週目で37万枚以上。当然初登場第1位。翌週も1位。3週目はORANGE RANGEに奪われたものの、それでも第2位。56万枚超えだ。

いやいや、一音楽ファンとしてはその良さがさっぱり分からないのだけど、人気なんだねぇ。

同じように売れているラップグループ・FUNKY MONKEY BABYSのリリック同様、彼らのそれも非常に分かりやすい。小難しいことは何ひとついわず、聴き手が共感しやすい僕と君の物語だ。そこには決して書き手の個性や特別な体験は盛り込まれていない。実際にあった出来事が基になっているとしても、細かな描写は省かれ、万人が歌世界に入っていける広さを持つ。それを批判しても仕方がないし、実際に60万人が支持しているわけで、すごいとしかいいようがない。

彼らのすごいところは歌詞ではなく、メロディだ。一度耳にすればすぐにGReeeeNだと分かる、そのポップな破壊力は相当なものだと思う。前作同様、今作でもGReeeeN印のポップが弾けている。それが立派だと思う。

あとはどれだけこの無敵のポップミュージックを作り続けていけるかだ。ポルノグラフィティは同じように好みのグループではないけれど、「アポロ」でデビューしたときに、こんなポップな曲を作り続けことは難しいだろうと思っていたら、結構長い間続いて驚いたことがある(ここ2〜3年はダメみたい)。彼らもこの調子で万人が楽しめる曲を書き続けられるならば、それはたいしたものだと思う。
2008.07.25 Friday 23:59 | 音楽 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.09.06 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
全く同感です!! 嫌いなんで聞いた事ないんですが メディアから嫌でも耳にしてしまって ついつい口ずさめちゃうメロディーは そりゃ売れるよなあと思うばかりなんですが

^^ 嫌いですね〜
て | 2008.07.27 Sun 15:28
ジャケットとタイトルが自然と手に取るのを遠ざけますな。
kosta | 2008.07.28 Mon 10:51
て様

こんばんは。

> ^^ 嫌いですね〜
まあ、しょうがないですよね。私も好きか嫌いかの二択なら後者です。



kosta様

こんばんは。

> ジャケットとタイトルが自然と手に取るのを遠ざけますな。
私もそう思ってしまうのですが、売上を見ている限り、私たちは少数派のようです。同時に、それで結構!、という話なんですけどね。
gogonyanta | 2008.07.29 Tue 00:05
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2176
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中