すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< ARIA『PHEROMONE』 | main | 五十嵐大介『海獣の子供』第3巻 >>
詩音『CANDY GIRL』

2008年5月28日リリースのファーストアルバム。

客演ラッパーには、RAIDERやKOZ、BIG RON、RICHEE、DAZZLE 4 LIFEと知らないラッパーばかり(ビッグ・ロンは知ってるか)が並び、なかなか新鮮。その男臭濃厚なラップに囲まれながらも、決して埋もれることのない詩音のボーカルは結構うまいし、メロウなトラックも聴きやすい。

が、問題は彼女の声質。アルバムタイトル通りに、甘すぎる。べったりと喉に絡みつく甘さに正直胃がもたれる。実際の人柄なんて知らないけれど、この声からは男の前で豹変するタイプの女性を想像してしまう。発情期のネコが発するような媚びた声が嫌だ。芸能人で例えるなら小倉優子のような。ある種の人にはたまらなく、かわいらしい声なんだろうけれど。


*******************************
2008.05.28 1st AL『CANDY GIRL』
2008.08.22 1st SG『LAST SONG』
2008.10.29 1st mini ALw/z FRIENDz
2009.04.08 2nd SG『RAIN OF TEARZ / GIRLICIOUS feat. DJ☆GO』
2009.07.29 3rd SG『LUV / SUMMER TIME LUV』
2009.10.07 2nd ALTruth
*******************************
2008.08.05 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2200
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中