すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< MICHITA『One』 | main | 角田光代『空中庭園』 >>
Shingo Suzuki『The ABSTRACT TRUTH』

2008年5月21日リリースのファーストアルバム。

アーティスト紹介によると、"随所にサンプリングを織り交ぜつつ、自ら生演奏した音をサンプリングしトラックを作り上げる「生音トラックメーカー」"とのことだけど、それって普通なんじゃないとも思いつつ、Bluも参加していたし、悪い評判も聞こえてこないので聴いてみた。

「origami PRODUCTIONS」からのリリース。以前から名前が名前だけに気になってはいたのだけど、ここの音源を聴くのは初めて。先日のHanahのステージでサポートしていた45 aka SWING-Oや、もちろんこの鈴木信悟など総勢30名近くを擁するジャム集団「Jamnuts」の母体となるレーベルらしい。鈴木信吾自身は他にもジャズヒップホップバンド「OVALL」の一員としても活躍している。

で、音なのだけど、ややスペーシーな上音に堅実なビートを刻んでいくという、センス勝負の音。オシャレさんにはもってこいかもしれない。

カナダ人ラッパーMoka Onlyが参加したM2「Flyable」こそ、1曲目が静かな立ち上がりだっただけにオッとなったけれど、それ以外はあまりピンとくる曲はなかった。M5「Hi(Gh) Music」での期待のBluも相変わらず声質やフロウはいいのだけど、曲としては絶賛するほどでもない。

収穫だと思えたのは、「origami PRODUCTIONS」所属の唯一のラッパーOl'Kだ。フランスのヒップホップバンドHocus Pocusから20sylとGreemが参加したM8「Livin' Up」と、M14「Shayo」で客演している。重心の安定した力強いラップで、M8では男前のベースラインにも引けを取らない魅力を放っている。他の日本語ラッパーと共演したときにはまた別の印象を持ちそうだけど、気になった。

M9「Inside Your Love」から最後のM15「Universe For H」まで、M14を除いてインストになる。私にとって言葉がない音楽の基準というのは、腰に来るグルーヴがあるのかどうか、またはどれだけ脳を刺激するような音があるかどうかであり、穏やかで和んでしまうインストには興味が湧かない。

本作のインスト曲は、スペーシーでまどろみを得るには最適だけど、刺激という点でも踊れるかという点でも私の好みとは異なる。
2008.09.10 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
こんにちは!
origami PRODUCTIONSのブログを検索してて、みつけました、、!

shigno suzukiのビートメイキングビデオ、見つけましたよー!

http://jp.youtube.com/watch?v=09S3GVmLfPk
アヤカ | 2008.12.11 Thu 14:33
アヤカ様

こんばんは。
ご紹介、ありがとうございます。
やっている作業はなんとなくは理解できるんですけど、ギターやベースのようないわゆる楽器だけで作り出す音楽とは異なり、PCを使った音楽作成はやっぱりよく分からないや、というオチですね。一度自分で機材を揃えてやってみれば分かるんでしょうけど。。。
でも、ありがとうございます。面白かったです。
gogonyanta | 2008.12.12 Fri 00:39
Ol'Kで検索してて来ましたー!!このラッパーって謎ですね。。どこにいるのかしら。。

あ、これはPCにレコーディングして、エディットしてるのだと思いますよー。
わかりやすかったです。
大きなスタジオでも個人スタジオでも、録音・編集はほぼすべてPC使いますネ!
優香 | 2008.12.19 Fri 23:17
優香様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> Ol'Kで検索してて来ましたー!!
気になりますよね。日本語ラップの中でも特異なラップをするのでもっと前線に出てきて欲しいです。

> あ、これはPCにレコーディングして、エディットしてるのだと思いますよー。
まあ、そういうのは分かるのですが、具体的にどのボタンがどういう動きをするのかとかが分からないのが歯がゆいというか。。。ギターやドラムなら変わった音を出していてもだいたいどういう奏法なのか分かるのですが、触ったこともない楽器(機械?)は未知なので、具体的なことは分からないってことです。買ってみればいいんですけどね。
gogonyanta | 2008.12.20 Sat 03:06
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2268
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中