すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 角田光代『空中庭園』 | main | 大石直紀『パレスチナから来た少女』 >>
HIMUKI『MY BOOK』

2007年8月22日リリースのセカンドアルバム。

1曲目「Levitation」から声ネタを絡ませたスクラッチ多めの攻めのトラックに、おおっヒップホップと思うものの、M2「Hold On」で途端にNujabesの二番煎じに成り下がり、やや鼻白でしまう。が、麗しのピアノループの影でうごめくベースラインがスムースさからの逸脱を図ろうとしているようで、そこになにがしかの希望が見出だせる。

そのM2やM3「Innervision」、M6「Good Days」、M7「Get Down」といったヌジャベス以降を思わせる音を展開するときにはベースラインを含めリズムが重く、やたらかっこいいのに、M4「KH Anthem」やM5「Lyrical soldier Remix」、M8「Alright」のようにスクラッチを多用しよりヒップホップらしい男前のトラックだと、どうしてビートが軽くなるのだろう。この組み合わせが反対なら好みなのにと思う。そこが個性なのか。

ソウルフルな女性ボーカルが盛り上げるM11「Keep On」にこそ、ブリッとしたベースが欲しい。インストのM13「Good Night」にはもうとろけるほどぶっといのが入っているのに。

M4、M5に、この手のトラックメイカーには引っぱりだこのPismoが今回もメロウなトラックにスムースなラップを乗せているM7、カリフォルニアのラッパー・Rascoの野太いラップと女性ボーカルとの絡みが絶妙なM11、そしてラストのM13は聴き応えがあった。


成長著しい若手ラッパー・haiiro de Rossiに提供した「Morning Stardust」も良かったし、注目すべきトラックメイカーなのだろう。


****************
2005.11.18 1st AL『LIBERALISM』
2007.06.08 mix CD『S.O.U.』
2007.08.22 2nd AL『MY BOOK』
****************
2008.09.11 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.31 Monday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2270
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中