すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< HIMUKI『MY BOOK』 | main | DJ BAKU『SPINHEDDZ』 >>
大石直紀『パレスチナから来た少女』

読了。
☆☆/5点中

第2回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作品。

************************************
パレスチナ難民キャンプで家族を虐殺された沙也は奇跡的にジャーナリスト・立花俊也に救われ日本で育った。一方、同じように肉親を殺され復讐に燃える女テロリスト・マリカは指令を受け、日本へ飛ぶことになった。そして日本では中東和平をめぐる重大な会議が開かれようとしていたが・・・。
************************************

事件も戦いも謎もテンポ良く進み、非常に読みやすい。

でもそれは読みやすいだけで、深みはない。難民キャンプで両親を虐殺され、幸運にも生き延び日本で育った沙也にしろ、同様に虐殺から生き延びたマリカにしろ、当然壮絶なドラマはあるのだけど、それはこの手の小説ではありふれた悲劇でしかないし、また他の登場人物のバックグランドも凡庸だったり、あるいは省略されてしまったために信念が意味不明(公安の人とか)になったりで、テンポ重視の弊害として長篇小説を読む楽しみには欠けている。2時間のハリウッド映画の脚本としてはいい出来だと思う。

ずっと張り続けた伏線が最後に実るオチは良かった。


嘆きの壁
ヘロデ神殿の外壁の一部。
ユダヤ教で最も神聖な建物。紀元20年頃ヘロデ大王が完全改築に近い形で大拡張した神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分であり、ユダヤ人は「西の壁」と呼ぶ。70年にユダヤ人による反乱(ユダヤ戦争)があり、ローマ軍により鎮圧される。この際、エルサレムは炎上し、神殿は破壊され基礎部分も含め西壁のみが残った。

どちらもウィキペディアを参照。
岩のドーム
カアバ、預言者のモスクに次ぐイスラム教第3の聖地。建物は、預言者ムハンマドが「夜の旅(イスラー)」に旅立ち、またアブラハムが息子イサクを犠牲に捧げようとした場所と信じられている「聖なる岩」を取り囲むように建設され、692年に完成。建設に際して刻まれた碑文には、イエスの神性を否定はするものの、預言者であることを認めている。

2008.09.12 Friday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.10.16 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2271
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中