すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 大石直紀『パレスチナから来た少女』 | main | Superfly『How Do I Survive?』 >>
DJ BAKU『SPINHEDDZ』

2006年6月24日リリースのファーストアルバム。

この1週間溜まっていたトラックメイカー名義の作品を集中的に聴いていた。自分で聴いておきながら書くことでもないのだけど、どうもきれいな作品が多くて、次第に食傷気味になってしまった。だからこのDJ BAKUはまさにドンピシャのタイミングでひたすら嬉しかった。

DJ KRUSHの新作がなかなか届かず、寂しさが募るばかりだったが、このDJ BAKUのファーストアルバムにはDJ KRUSH作品に顕著な、音で好きなことやってます感が濃厚に詰め込まれている。アブストラクトな音と好き勝手戯れながらも、明快なビートは分かりやすさを維持する。

M2「ELEMENT FOR PERFECT」とM4「CANNIBAL -MIX」が特に良かった。馬鹿のひとつ覚えのように使われることが多いヒップホップ御用達イディオムに、「飛ばされる」というのがあるけれど、その言葉はまさにこの作品にこそふさわしい。上に挙げた2曲はもっと長くても良かった。ただただ音に身を任せたくなる。

"日本のハードコアシーンで最もヘビーな音を出すというCorruptedのボーカリスト・HEVIが参加したM6「EAT」は怖すぎる。子供が聴いたら夜泣き寝小便は必至のデス声、というか鬼声。

7曲目以降はロマンティストの一面を味わえるM9「VANDALISM」や、後半の展開には心奪われるM11「SPIN STREET」とM12「GOD, OTHERS, SUBSTANCE」など決して悪くはないのだけど、前半であれだけ首根っこをむんずと掴まれ振り回された後では、少し刺激が足りないのも事実。

ボーナストラックの3曲は蛇足。収録するならばボーナストラックではなく、ボーナスCDにして欲しかった。ラップはなくても十分曲として存在感を放っているし、ラップがない方が純粋に音を楽しめる。


最後に、JET SETにアップされていたインタビューから。
JET SET:どんな機材を使って、どのような手法で今回のアルバムを完成させたのですか?

DJ BAKU:まず、MPC-2000 XLの容量がいっぱいになるまで、ひたすら好きなサンプリング・ソースを入れる。その時に、KAOSS MIXERで変化させてたり、針を変えてたりも色々してます。で、シーケンス組んで。作り方はオーソドックスなHIP HOPのやり方です。というか、それしかできない。酷い機械音痴でもあるし、楽器はまるでできないし、メロディの弾き方すらおぼつかない。だから、逆にそれ以外のところに気合を入れたという感じです。例えば良いレコードが置いてあるショップを探すところから始めるとか。あとは、アイディアですね。サンプリング・ソースの切り方一つにもアイディアを使います。そして僕がMPCで作った後、エンジニアのカオルさんのところでNUENDOでMIXされています。かなり沢山の情報を先に詰め込むスタイルなんで、シーケンスもMAXの99まで使った曲もある。でもそれはボツになりました(笑)。


******************
2006.06.24 1st AL『SPINHEDDZ』
2008.04.05 2nd ALDHARMA DANCE
         VA『KAIKOO PLANET』
******************
2008.09.12 Friday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
おばんです。

DJ BAKUのこの1st、良いですよね〜。BAKUは本当の意味でHIP HOPを追求している姿勢が好感持てるし、MIX CDですら即買いしてしまうほど気になるアーティストです。

このアルバム、nyantaさんと同様、私もボートラのRAP入り3曲はいらないと思います。ええ。MSCが嫌いなんではなくて、アルバムをトータルで見ると…、という感じですね。

2ndのダルマダンスは聴かれましたか?私的には1stより更にスケールアップしてて2ndかなり好きです。

| 2008.09.15 Mon 19:42
男爵ディーノ(ですよね?)様

おばんです。

> BAKUは本当の意味でHIP HOPを追求している姿勢が好感持てるし
DJ BAKUはヒップホップどうこうではなく、音楽家としてすごいですね。音を通して主張される個に圧倒されました。

> 2ndのダルマダンスは聴かれましたか?
> 私的には1stより更にスケールアップしてて2ndかなり好きです。
おお、ファースト以上ですか。今年中には聴こうと思っています。楽しみです。
gogonyanta | 2008.09.17 Wed 00:28
あ、名前入れ忘れてました、すみません、男爵ディーノ a.k.a 5000VOLTでゴザイマス。
よく解りましたね!筆癖みたいなのがあるのでしょうか?(汗)

nyantaさん、wenodのライブは狙って行ってるのですか?月に2,3回は行きますけど、私は1回もライブに遭遇した事ないです。あの狭い店内でライブとは、フロアと客席の一体感、どころじゃなさそうですね(笑)次は狙って行ってみようかな。

5000VOLT | 2008.09.17 Wed 01:22
wenodのライブは狙って行ってます。と、いっても2回だけですけどね。HPでも告知してたりしますけれど、今回はメテオのブログに案内があったので、それで知りました。

あの空間は30人ぐらいが限界だと思いますね。でもって、やっている人とも目が合うので、不遜な態度で聴いていると怒られそうで、こちらも真剣になって見ることになり、徐々に暑苦しい空間になっていくことも確かです。なかなか得難いライブだと思います。MIC JACK PRODUCTIONも2~3年前にあそこでやっていて、それを行けなかったのは今でも悔しいです。
gogonyanta | 2008.09.17 Wed 01:33
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2272
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中