すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< ウォンテッド / Wanted | main | SUIKA『SUIKA rare remixies VOL.13』 >>
荒木飛呂彦『Steel Ball Run』第16巻

2008年9月発売。

いよいよ遺体の秘密が明らかになっていく。少年誌では恐らくできなかったであろう展開がすばらしい。最後の頭部はそこだったのか。発動条件があまりに厳しくちょっと笑ってしまう。

マジェントはなかなかユニークなキャラだったなぁ。ここでの脱落は少しもったいない。もっと見たかった。
2008.09.15 Monday 23:59 | 漫画 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
gogonyantaさん、はじめまして。

S・B・R、盛り上がってきましたね。
大統領の急激なイケメン化には笑ってしまいました^^
物語が終盤に近づいてきてもどうなるのか展開が読めなくて、今から次巻が待ち遠しいです。
このままいくと、4部を抜いてシリーズ最長連載になりそうですね。
超兵器R1号 | 2008.09.17 Wed 01:45
超兵器R1号様

こんばんは。はじめまして。

> 大統領の急激なイケメン化には笑ってしまいました
脱いだらすごいんです状態でかなり笑えました。結構コンスタントに刊行しているので次は12月ぐらいですかね。本当に楽しみなシリーズです。しかし、私が小学生ぐらいのときからやっているわけですから息の長いシリーズです。しかもテンションが落ちないというのがすごい。

これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2008.09.18 Thu 00:37
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2278
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中