すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 踊り場ソウル@渋谷屋根裏 | main | あだち充『クロスゲーム』第13巻 >>
POCKY『STREET BITTER EP』

福岡天神"レペゼン"の17歳のラッパー・POCKYのデモ作品。

先日の「Da.Me.Records Party!!」で、自分のライブ終了後に本作を数枚携えてフロアを歩いていたポッキーに、それは物販で買えるのですかと尋ねたら、いや差し上げますよといわれたのでありがたくいただいたもの。デモというのはそういうものなのかな。値段を付けても売れると思うのだけど。ただで貰ってしまうと自腹と違い、書き方が丸くなってしまう気もするけれど、まあ他の書き方もできないので、歯に衣着せぬ感想を書こうと思う。

ヒューマンビートボックスの上で、"ちんけなクソガキの存在証明"とラップするM1「INTRO」から始まり、ライブでもやっていた「REPRESENT2008」など計5曲を収録。まあどの曲もテーマは、"前座のマイクから俺たちの逆襲"や、"怪物ルーキー、追撃開始"といったリリックからも分かるように、下から上を目指す心意気をシンプルなトラックに乗せてラップする。

内容としては非常にありふれたものだけど、ところどころでハッとするような言葉が差し込まれ、リリシストとしての才を感じる。"背負うリリックは積んだ経験値"や、"初期衝動は威力増す熱病"、"色濃く残すブレスの筆跡"といった表現はなかなかのものだと思う。

生のパフォーマンスとは違い、音源は繰り返し聴くことができるためどうしても粗が目立ってしまう。後半になるとややもつれるラップやヴァースに比べると明らかに弱いフック等々のまだまだな部分も確かにあるけれど、しかしリリックにも"2年半の足跡"とあるように、始めてたった2年半でここまでのラップを聴かせてくれるのだ。ヒップホップを続けていくという強い信念を感じさせる真っ直ぐなラップにはすごく好感が持てる。

まだ17歳。高校3年生だという。前途有望だ。期待したい。


1.INTRO feat. FILIP THE NOISE(beat box) (01"02)
2.REPRESENT 2008 (03"54)
3.THE DICE IS CAST (03"39)
4.SOUL OF BOMBING feat. DIOUF / track by CHEESE (03"26)
5.ONE MIC (03"31)
2008.09.28 Sunday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2301
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中