すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< JAMOSA『SEASON CHANGES feat. MEGARYU』 | main | 吉田秋生『海街diary 真昼の月』第2巻 >>
新垣結衣『赤い糸』

2008年10月15日リリースのセカンドシングル。

表題曲のM1はコブクロのカバーとのこと。全く知らなかったのだけど、切ない男心と想像力が欠如している考えなしの女についての歌で、ちょっと泣けてくる。

キスさえ知らなかった男の子についにできた初めての彼女。その彼女のカレンダーに付けられていた印について、これは何と訊いたら、その性悪女は"少し戸惑って"から"笑って"、"(3年付き合った)前の彼氏の誕生日"と答えやがる。で、繊細なチェリーボーイは"すれ違いの数"の多さから、少し距離を置こうと提案。すると何の音沙汰もなくなり、やきもきした不安の日々を過ごすはめに。10ヶ月も経ってからようやく"会ってくれますか?"という女からの手紙が来て、ふたりが歩き出すという話。

女の無神経さもさることながら、10ヶ月連絡なしで信じること自体に問題があるような気もするけれど、まあそこは女を知らない童貞ゆえの純愛エピソードなのだろう。

男が歌うと感情が入りまくりで暑苦しいだけだが、新垣結衣が爽やかに歌うと、ふたりの確かな絆を讃える、とてもいい話に聞こえてくるから不思議。声の透明感は変わらずに、少し歌声に力が出てきたように思う。若干うまくなったのか。

M2「つないだ手」はメレンゲのクボケンジが作曲。ファーストアルバムのクボケンジの曲も良かったけれど、今回も自分で歌えよと思うぐらいにすばらしいメロディだ。たどたどしいガッキーの歌詞もそれが初々しさに思えて、いい感じ。

M3「あいたい」は広沢タダシの作曲で、A面でもおかしくない曲だと思うけれど、完成しすぎていて面白味がない。当然のようにかぶさるストリングスが安直。

あと、歌とは関係ないけれど、ガッキー画伯のイラストジャケが今回は爆発していないのが物足りない。
2008.10.19 Sunday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2345
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中