すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< MURS & 9th Wonder『SWEET LORD』 | main | 西加奈子『きいろいゾウ』 >>
COPPU『Story teller』

2008年10月8日リリースのファーストアルバム。

本作を取り上げているブログはまだまだ少ないものの、好意的に聴かれている印象の、EI-ONEのレーベルからデビューした24歳のラッパー・COPPU。

女性ラッパーとしてはこれまでいなかったタイプで、物珍しさは確かにある。ジャケットを見てもきれいなお嬢さんが映っているわけで、そんな女の子(とはいえ24歳)がラップを嗜むというのだから、まあうまいうまいと誉めるのが礼儀というものか。


どうも勝手が違ってうまく書けないのだけど、そこまで誉めるほどのラップかと思ったのも事実。もしラップというものが、いかつい兄ちゃんによる自分の不幸な生い立ちやら悪さやらを語るだけのものならば、そこに魅力はほとんどないわけだ。だからフツーの人がラップという手段を使ってもっと自己表現していくのはいいことだと思う。

ただ、そのためには何をラップしたいのか、そしてそのためのスキルを磨くことはすごく重要で、彼女はまだまだ世界観が狭く、しかも拙いフロウでそれを伝えるものだから、32分と収録時間が短いにもかかわらず飽きてくる。歌詞カードを見る必要もないぐらいに言葉をはっきりと聴かせることはできるのだけど、内容そのものがスッと頭に入ってこないのも残念な点だ。


でも、これが初めての作品なんだよね。最近は最初からうまいラッパーが多いので、そういう耳で聴いてしまうけれど、最初からこれぐらいできればいいのか。これからライブをたくさんこなして喉を鍛えて、さらにはクラブでの出来事だけではなくもっと広く外のことにも目を向けたリリックが増えていけば面白くなるのかもしれない。どこにでもいるフツーの女の子がよくあるタイプのフツーのリリックをラップしているだけで、そのギャップだけが個性というのもつまらないだろうし。

トラックについては知らない名前が並んでいるのだけど、思わず誰が作っているのだと確認してしまったのは、ギターの音色がかっこいいM5「Wake up! ~Blues in the dark2~」だけ。asa製だった。ひとりだけプロの音を出している。

それはそうと、先日のレイト同様に、彼女のフロウを聴いていて、神門を思い出した。いわゆるBボーイ然としていないスタイルは同じだし、フロウも似通ってくるものなのか。
2008.10.29 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.08.23 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
とても参考になる文章に読み入ってしまいました。ありがとうございます。
私自身、さらなる成長ができるよう精進します。ライブもたくさんありますので、視野を広げながら活動を続けたいと思います!
COPPU | 2008.11.12 Wed 00:14
COPPU様

こんばんは。
はじめまして。

本当にご本人かどうか確認しようもありませんが、こんな辛口な感想にわざわざコメントをありがとうございます。そして、同じ長文の感想でしたら私が知っているだけでも3つのブログで書かれていて、どれも非常に好意的なのに、なぜウチにと戸惑ってもいますが。。。

まあともかく視野を広げて頑張ってください。これからもますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
gogonyanta | 2008.11.12 Wed 01:50
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2373
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中