すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< Black Milk『Tronic』 | main | Q-Tip『The Renaissance』 >>
ANTY the 紅乃壱『くろふらみんご』

2008年4月30日リリースのサードアルバム。

日本の女性ラッパーでいいなと思えたのはこれまではCOMA-CHI(ファーストアルバム限定だけど)ぐらいだったけれど、先日RUMIを聴いていやいやおみそれしましたとなり、この名古屋娘もそんな感じだ。

ちょっと前に聴いたARIAのミニアルバムに参加していたり、AIのアルバムにも土屋アンナなんかと一緒に客演していたのでラップを聴いてはいたのだけど、たいして惹かれるところはなかった。が、ソロになると力を発揮するタイプなのか、このアルバムで聴けるラップは力強く、かつテーマも身の丈に合ったうえに幅広く、楽しんで聴けた。

ところどころで顔を出すTOKONA-X直系の与太者めいたフロウよりも、落ち着いた語り口で聴かせるフロウの方が、声の強さもあり、ずっといい。それとM4「15 yearz later」では15年後という設定でどこかのライブハウスで歌っているという趣向なのだけど、ここで聴けるドスの利いた歌声がまたすばらしい。ウィキペディアによると元々バンドのボーカルをやっていたらしく、納得である。しかし、このM4からM5「黒猫ファニフェイス」への繋がりも凝っていていい。

女性の視点で繰り出されるラップが珍しいということは確かにあるのだけど、その利点を十分に生かし、はっきりしたものいいに終始するラップは痛快だ。恋愛についてはもちろん、蝶々とのガールズトーク、YOU THE ROCK★の「BAD BOY BLUES」の女性版(仕事で疲れて日曜日に遅くまで寝ている恋人に外で遊ぼうよとわがままをいう)とでもいった曲に、仕事、時間の大切さ、nobodyknows+のcrystal boy(意外にうまいのね)と共にラッパー苦労話を披露してみたり、男を罵倒してみせたり("穴があれば入りたいんだろう")、亡くなった男を嘆く曲など、本当に様々だ。

ラップの技量もさることながら、全15曲中10曲をプロデュースするDJ 034という人の腕も冴えている。M1「intRock」のようにギターロックを上音にしつつ、裏でしっかり太いビートが躍動しているといった具合に、上音が繊細だったり明るかったりしても、黒さを忘れないトラックメイクがいいのだ。それと引き出しも広く飽きさせない。この人も名古屋の人なのかな。

2曲でBACH LOGICが参加。M3「kick the DOOR」は珍しくここ最近のBLらしくない、軽やかな曲調。こういったトラックなら好きになれるのに。

ジャケットがアレで、手に取るのはためらわれるけれど、完成度の高い作品だと思う。過去の作品も聴いてみたくなった。


*********************
2004.03.?? 1st SG『ANTIZM』
2004.04.?? 2nd SG『OH MY BABE』
2005.05.25 3rd SG『U:NEEQ ROCKIN'』
2005.10.26 1st AL『PUMP ME UP!!』
2006.02.14 1st mini AL『HOW TO=B=EAT』
2006.12.20 2nd AL『はんなりごんげ』
2007.06.20 remix AL『Re:mix』
2008.02.13 4th SG『あした星』
2008.04.30 3rd AL『くろふらみんご』
*********************
2008.11.17 Monday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
初めまして。毎日楽しく拝見しています。いきなりですがSo'FlyやI THE TENDERNESSの感想がききたいです。僕は大好きなんです。日本語ラップは全て聞いてます。
闇ルジェ | 2008.11.19 Wed 12:58
闇ルジェ様

こんばんは。
はじめまして。

> So'FlyやI THE TENDERNESSの感想がききたいです。
ふたつとも初めて聞く名前で、どんな音なのか分からなかったので、ウィキで調べてみました。

So'FlyのMCの方はDELiGHTED MINTにいた人なんですね。こっちは覚えがあります。確か3人組のポップグループだったような記憶が。ということはSo'Flyもまたチャートを意識したグループなんですかねぇ。蔦谷好位置とも仕事をしているというのはちょっと気になりますね。

一方、I THE TENDERNESSは、上のSo'Flyの人がプロデュースしているグループだとか。どちらもフォーライフというのが個人的には面白かったです。フォーライフというと陽水や拓郎というイメージでしたが、今やDoubleやBennie Kもいるんですよね。うまいこと時流に乗ってるなぁ。

年末までにこの1年間にリリースされた洋R&Bを一気に聴く予定なので、ちょっと余裕があるかどうか分からないのですが、時間があれば挑戦してみます。ありがとうございました。
gogonyanta | 2008.11.20 Thu 01:00
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2428
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中