すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< People In The Box『Bird Hotel』 | main | 矢部嵩『沙央里ちゃんの家』 >>
清水翔太『Umbrella』

2008年11月26日リリースのファーストアルバム。

大阪出身の1989年2月生まれ。ウィキペディアによれば、2007年11月にニューヨークのアポロ・シアターで開かれた「アマチュアナイト」に、正規オーディションに勝ち残っての出場ではなく、プロモーションも兼ねた別枠での特別ゲストとして出演、喝采を浴びたと報道される。平成生まれの日本人としては初めての出場だったらしい。

上々な前評判と共にシングルの成績も好調だし、本作も初登場第2位。1週目の売上枚数も5万6642枚となかなか有望な新人歌手だ。収録された14曲(うち1曲はリミックス)全ての作詞作曲をこなしている。

さて、中身だが、いきなりラップ調で始まりずるりと椅子から転げ落ちてしまう。ケツメイシのようなラップだったり、フックでの歌い上げだったりが続き、M5「One Last Kiss」に至ってはまんま神門のフロウでラップしている。成就されなかった恋愛をテーマにしているだけに余計に似ている。しかもオートチューンまで取り入れている始末。

ただ、苦笑しか浮かばないM8「UNHAPPY」──"かわいい顔して やってる事 I Can't Believe It"とこの顔で歌うのは少々無理では──を経た、M9「LOVIN U」からの3曲は意外にも楽しめた。

M9は田中直の好サポートのおかげもあるのだろうが、なかなか良いメロディだ。しかし残念なのは声の弱さが露呈してしまうようなバラードだってこと。もっと感情豊かに歌い上げることのできるR&B歌手が歌ったらすごいことになりそう。

M10「アイシテル」は向こうのR&Bの雰囲気をうまくコピーしている。英語が分からないので、洋楽のR&Bを聴く場合歌詞の内容までは気にして聴くことはないのだけど、多分この歌のように陳腐なことが歌われているんだろうなと思った。

アコースティックギター1本で切々と歌われるM11「My Love」もいい。

日本語ラップファンとしては見逃せないのは、M13「ソレゾレ」でEVISBEATSが共同プロデュースという形で関わっていることだ。ただ、どこで関わっているのか分からないほど凡庸なトラック。しかも清水翔太が例によって下手くそなラップを披露するので目も当てられない。

そして、最後の最後にお楽しみが。ボーナストラックとして収録された「HOME -HIPHOP REMIX」を手掛けたのがなんとAli Shaheed Muhammad。A TRIBE CALLED QUESTの。トラックのみならずラップまで。この曲だけビートの強度が全く違い、場違いな印象を持ってしまうほど。ただシンプルすぎるトラックは手抜き感、やっつけ感は否めず、それを悪いと思って冒頭の1ヴァースを加えたのかと邪推してしまう。原曲の生っちょろいビートと比較するとすごいのだけど。


ラップに関しては不満だらけだし、総じて陳腐な歌詞もいただけないし、どこかで聞いたようなポップなメロディも我慢ならないのだけど、男性シンガーは不足がちなのを考慮すれば、まだまだ若いのだし、頑張って欲しい。しばらくは人から曲を貰って歌った方がいいと思うけど。


*************************
2008.02.20 1st SG『HOME』
2008.06.04 2nd SG『「アイシテル」』
2008.09.10 3rd SG『Diggin' On U』(DL only)
2008.10.22 4th SG『My Treasure』
2008.11.26 1st AL『Umbrella』
2009.05.13 【加藤ミリヤ×清水翔太】5th SG『Love Forever
2009.07.15 6th SG『美しき日々よ / さよならはいつも側に』
2009.12.09 7th SG『君が好き』
2010.02.03 8th SG『FOREVER LOVE』
2010.03.03 2nd ALJourney
2010.07.07 9th SG『GOODBYE』
2010.10.20 10th SG『君が暮らす街』
2011.01.26 11th SG『YOU & I』
2011.03.09 3rd ALCOLORS
2011.06.29 12th SG『love』
2011.07.13 加藤ミリヤ×清水翔太】13th SG『BELIEVE』
2011.10.26 14th SG『マダオワラナイ』
2011.12.21 15th SG『冬が終わる前に』
*************************
2008.12.08 Monday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
ATCQのAliは、アポロシアターでの清水の才能に惚れ込んで楽曲提供したらしいですね。

そんなに素晴らしい力があるのだから、下手なラップなどせずに歌のほうを頑張って欲しいですね。

最近有望なR&Bシンガーといえば女性ばかり取りあげられていたので、男性が出てきたことは素直に喜ばしいです。
wanyanaguda | 2008.12.09 Tue 21:49
wanyanaguda様

どうもどうもです。

> ATCQのAliは、アポロシアターでの清水の才能に惚れ込んで楽曲提供したらしいですね。
ホントですか。とてもそんな関係で提供されたリミックスには聞こえなかったです。私の耳がアレなのか、アリの腕がアレなのか。wanyanagudaさんも一度視聴機に入っている本作を試してみて下さい。いっている意味がご理解できると思います。

> 最近有望なR&Bシンガーといえば女性ばかり取りあげられていたので、
> 男性が出てきたことは素直に喜ばしいです。
そうなんですよね。女性は色々いるんですけど、男が少なくて、Jay'edには期待をしているのですが、なかなかアルバムを出さないですし、清水翔太も頑張ってコテコテのR&Bの道をつき進んで欲しいです。
gogonyanta | 2008.12.10 Wed 01:34
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2495
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中