すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Ne-Yo『Year of the Gentleman』 | main | DJ PMX『THE ORIGINAL』 >>
AK-69 aka Kalassy Nikoff『TRIUMPHANT RETURN ~Redsta iz Back~』

2008年1月23日リリースのセカンドアルバム。

昨日の絢香のアルバムと同じように、タワレコの今年の売り上げランキングを見ていて気になった作品。「邦楽ジャンル別TOP10」の「J-HIP HOP」(R&Bも混ざっている)を抜き書きする。

第1位 童子-T 『12 Love Stories』(最終的に20万枚ギリギリぐらいか)
第2位 KREVA 『クレバのベスト盤
第3位 詩音 『Candy Girl
第4位 twenty4-7 『Life
第5位 AK-69 aka Kalassy Nikoff 『TRIUMPHANT RETURN ~Redsta iz Back~』
第6位 Shing02 『歪曲
第7位 DJ PMX 『THE ORIGINAL
第8位 uyama hiroto 『a son of the sun
第9位 LGYankees 『NO DOUBT!!! -NO LIMIT-
第10位 ZEEBRA 『The Anthology

ちなみに「2008TOP40 邦楽」では、第1位に安室奈美恵の『BEST FICTION』、第14位・ケツメイシ『ケツノポリス6』、第29位・青山テルマ『DIARY』、第35位・加藤ミリヤ『TOKYO STAR』、第39位・m-flo『Award SuperNova』。

Shing02の力作を抜いて、第5位にランクインしているのが本作。これでも一応日本語ラップのファンなので、えっと思うわけだ。AK-69。いろいろなところで客演活動をしているので、名古屋近辺の人という程度の認識はあったものの、音は知らない。評判を見てみようと検索をかけても、ただ"かっこいい"とか、"ヤベェ"と書かれているだけのものが多く、文字数をかけて書きこんでいる日本語ラップに強いブログでは取り上げられていない。そんなわけで実際に聴いてみた。


華やかなシンセの音がぶ厚く飾り立てるトラックに、いかにもヒップホップなラップをかぶせ、万人に分からせようとするスタイル。ああ、なるほどシンゴ02よりは確かに入りやすい。同じ1978年生まれで、同郷の"E"qualのソロと同じベクトルだ。

シンガーとしてKalassy Nikoff名義で活躍しているので、フックでのメロディがついた歌うようなフロウは耳に馴染みやすい。同じ歌ってラップもできるTARO SOULとは違い、無駄に熱くなく、スマートなところも女性受けしやすそう。要所要所で登場するDS455やM.O.S.A.D、DELI(高音ラップは健在)、般若らがいい味付けをしている。

彼のラップ自体はややだみ声が入るが、貫禄を演出するためには必要なことだろうし、歌詞カードがなくても聴き取れる程度には分かりやすい。時々"デラ~"などとラップされるので、地元では愛されているのかもしれない。

不満があるとすれば、例えば"危険な関係も今だけは純愛"というフレーズを彼がラップすると、"きけなかけいもいまだけはじゅあい"ときこえてしまうことか。詰め込みすぎて何やら意味不明になるところがいくつかある。"びじょとやけこかん"とか。もう少し日本語のイントネーションを大事にしてもらえると聴きやすいのに。でもそれがラップらしいのか。

もっと大きな不満はテーマの狭さ。ほとんどの曲がオレオレラップ。それ以外は昔語り。これもある意味でオレオレか。どれだけ頑張ってきたのか、どれだけ俺がスゲーのか、どれだけ・・・。数曲あるラブソングも雰囲気はいいが、内容は基本的にはオレオレ。社会批判もあるにはあるが幼稚。

分かりやすさ、音の派手さ(低音は出てないけど)、ラップらしいラップ、歌の心地よさ、地元意識等々が受ける要因なのかなとは思ったけれど、実際どうなんだろう。

で、気に入ることができたのは般若が参加した最後の「One Way, One Mic, One Life」(M16)だけ。昔語りもので、AK-69も声を荒げることなく普通に聴かせるラップで悪くないものの、般若のパンチライン連発にはさすがに敵わない。

"ここが本物かただのカスか / 要はライブで湧かすか分からすか / 覚えてるぜ 悔し涙 隠して笑ったあの楽屋 / きれいごといって売れれば楽さ / セレブになってエイプでも履くさ"

"ハスラー? ノー! ギャングスター? ノー! 覚えてるぜ 俺はラッパー"


************************************
2002.07.19 【B-NINJAH & AK-69】1st SG『One Time -Wake Up My Homies』
2003.07.07 【B-NINJAH & AK-69】2nd SG『RED HOT FIGHTER』
2003.10.25 【B-NINJAH & AK-69】3rd SG『From the street』
2003.12.06 【B-NINJAH & AK-69】1st AL『DA REAL THING -from the street-』
2004.03.31 【Kalassy Nikoff】1st SG『NEVER GONNA STOP / THAT GIRL』
2004.06.23 【Kalassy Nikoff】1st AL『PAINT THE WORLD』
2005.01.19 【B-NINJAH & AK-69】4th SG『Staaand up!』
2005.03.28 【B-NINJAH & AK-69】2nd AL『Natural Nine』
2005.09.21 1st SG『I'm a Player』
2006.02.22 【Kalassy Nikoff】2nd AL『REDSTA -The Melodizm-』
         1st AL『REDSTA -The Rap Attacker-』
2006.03.29 【DJ RYOW & AK-69】1st AL『052 LEGENDS』
2006.10.25 2nd SG『Live For Da Hustle』
2006.12.10 best AL『BEST OF REDSTA』
2007.02.28 【Kalassy Nikoff】客演集『THE STORY OF REDSTA -Kalassy Nikoff-』
2007.03.21 客演集『THE STORY OF REDSTA -AK-69-』
2007.09.19 3rd SG『Ding Ding Dong ~心の鐘~』
2008.01.23 2nd AL『TRIUMPHANT RETURN ~Redsta iz Back~』
2008.03.19 【DJ RYOW & AK-69】2nd AL『052 LEGENDS pt.2』
2008.12.10 【DJ RYOW & AK-69】3rd AL『052 LEGENDS vol.3』
         客演集『THE STORY OF REDSTA -Tour Final '08- Chapter.1』
2009.01.14 客演集『THE STORY OF REDSTA -Tour Final '08- Chapter.2』
************************************
2008.12.17 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(11) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.27 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
あなたのレヴューをみてると
理屈っぽくていやになります。
なんか謎にひけらかしてる
幅広さ
みたいなのにも
かってに腹を立ててます。

でも読んでしまうから何とも言えないです。
恐れ入りました。

 
「p」 | 2008.12.18 Thu 22:44
「p」様

こんばんは。
けなされているのか、誉められているのか判然としないコメントをありがとうございます。後半だけ何度も反芻し、記憶しました。

前半の"謎にひけらかしてる幅広さみたいなのにも"のところがイマイチ意味不明なのですが、理屈なしで作品をけなす(例えば、ただつまらないだとか、クソだとか)のと、理詰めでけなすのとでは後者の方がいいと思いませんか。
gogonyanta | 2008.12.19 Fri 01:17
お世話になっています。はじめてコメントさせてもらいます。
このアルバムはまだ聴いていないんですが、AK-69は最初きいたときはすごい好きだったんですよね。
確かあれはM.O.S.A.Dの1stだったかな。今となっては公然となってますが、最初はAK-69とKalassy Nikoffが同一人物だということが一部の人しか知られてなくて、それを知った時は驚いたのを覚えています。
そのあとB-ninjahとやっている確かテープ限定だったかの「The One Time」という警察DIS曲(?)を聴いて、これがまたすごいかっこよかったんですよね。
さらに、彼らの1stアルバムも結構好きで。あのころはM.O.S.A.Dとあわせて勢いにのっていたと思います。
彼がかわってしまったと感じたのは、やはりソロに転向してからですかね。
もともと2人組だったから実力のなさが露呈してしまったというのもあるかも。
あとはやはりメジャーで勝負するということの難しさもあるんですかね。EQUALと同じというのは確かにその通りだと思います。
またあのころのスタイルに戻ってほしいというのは無理かもしれませんが、個人的にはB-ninjahとのコンビ復活を少し楽しみにしています。
もしまだ彼らの1stアルバムを聴いていないようでしたらぜひ聴いてみてください。
最近まとめを作らせてもらいながら、昔の記事を読みなおしていてついコメントしてしまいました。今後もコメントさせてもらうこともあると思うのでよろしくお願いします。 長文失礼しました。
corpo | 2009.03.15 Sun 15:18
corpo様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

M.O.S.A.DもB-ninjahとの聴いていないので、当時のすごさが分からないのですが、ソロになってから変わってしまったというのはファンとしては残念というか、悔しいですよね。B-ninjahとの作品を聴いてみたくなりました。

昔の記事でも遠慮なくコメントいただけるととても嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2009.03.16 Mon 02:23
返事ありがとうございます。

>ファンとしては残念というか、悔しいですよね。
その通りですね。あの当時はとてもショックでした。

M.O.S.A.Dの1stも名盤だと思うのでぜひ。あれを聞けばEQUALもまた印象が違うかもしれません。
ちなみに自分で書いていた「The One Time」はテープ限定ではなく、彼らの1stシングルだったので訂正したいと思います。正しくは「The One Time -Wake up my homies-」かな。ちょっと調べたらヤフオクで1万円以上の値がついていてびっくりしました。たぶん内容が内容だったので回収されてしまったような気がします。よかったら記事のAK-69のディスコグラフィにも加えてもらえるとありがたいです。
corpo | 2009.03.16 Mon 03:45
corpo様

了解です。
さっそく加えてみます。ありがとうございました。
gogonyanta | 2009.03.18 Wed 01:42
The One Time めっちゃええ歌ですね!

まだ雰囲気での評価なんですけど 
かなり気に入りました。
  
ありがとうございます。

ちゃんとした歌詞も知りたいんですが
どこかいいサイトないですか? 

cake | 2012.01.09 Mon 23:40
cake様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> The One Time めっちゃええ歌ですね!

まだ聴けていなのでなんともいえないですし、歌詞についても同様です。すみません。
gogonyanta | 2012.01.10 Tue 00:46
すみませんなんてとんでもないです。

この歌知れただけでも感謝です。 

また自分で探します。
cake | 2012.01.10 Tue 01:05
「p」さんてあの人なんでしょうか。
気になります。
2番 | 2012.01.12 Thu 21:13
2番様

こんばんは。
お久しぶりです。ありがとうございます。

> 「p」さんてあの人なんでしょうか。

ちょっと分からなかったのですが、2年ほど前にコメント欄に降臨していた"B"で始まる人のことでしょうか。多分通りがかりの人だと思います。
gogonyanta | 2012.01.18 Wed 01:36
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2519
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中