すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< Akon『Freedom』 | main | Common『Universal Mind Control』 >>
神門『こころ』

2008年12月17日リリースのセカンドアルバム。

簡潔に書けば、ラップはいいけど、トラックがダメダメ。これに尽きる。M8「道」で客演を交えた他は神門の真摯な思いが積み重なり、言葉の重みを知った上でのリリックは非常に胸を打つ。が、ほとんどのトラックを担当したDJ NAPEYがあまりにひどい。安っぽい上にださい。神門に合わせてメロディアスなトラックに仕立て上げたりもするが失敗ばかり。

だからラップとトラックが共に良かったのは、M4「○月×日」、M11「零時」、M15「成長IV」、M17「さて、どう生きようか?」だけだ。しかもM17は唯一DJナペイではなくDJ YOKOIが作った曲である。

彼のトラックメイクの失敗はM16「HERE IS HAPPINESS remix」によく表れている。ライブで聴いたI-DeAバージョンはすごく良かったのに、DJナペイバージョンでは同じリリックなのに自分がどこで感動したのかすら思い出せなかった。だからもしかしたら、いやもしかしなくてもトラックを差し替えたらもっともっと輝き出す曲が本作にはあるに違いない。


M1「表明」でいみじくも神門自身がヴァースでラップしているように"いろんな俺"が"散りばめられた"作品であり、ファーストアルバム『三日月』よりも聴きやすくなっている。『三日月』は恋愛という誰にでも分かりやすいテーマをコンセプトにしたアルバムだったが、そのテーマのみを扱っていたため次第に重くなっていったことも事実で繰り返し聴くのは大変だった。今作は風通しが良い。

2枚目を作り上げたラッパーとしての決意表明をした後、M2「異種混合書闘技ヘビー級」では周りの仲間を含め、大麻に溺れているラッパー、地位に安住している先輩に中指を突き立てる。極めて正論であり、普通そんなことをラップされても鼻白むものだけど、神門の場合その真摯さから思わず聴いてしまう。音が抜かれて、フロウがよれているのが分かっても、それがマイナスになるのではなく、エモーショナルに聴こえてしまうのは役得だろう。

曲説明のスキットに導かれて始まるのが、ギターのワンループの上で、何かを始めたい人の背中を押すM4。補足する必要もないと思うけれど、リリックの下のところにこの曲は押韻なしで書きましたという説明が載せられている。伝えたいメッセージがあり、それがビートの上にがっちり乗っていればラップになるという見本のような曲だ。

お金はあるにこしたことはないけれどというM5「金金かね?」、酒での失敗を描き、酔いにまかせてフックを下手に歌い上げるM6「酔言」。この曲での"サンキュ・ザ・ポリス"が実に神門らしい。M7「訴えるワタシ」はキリコの「ありがとう。名無しの2チャンネラー諸君」と同じく、2ちゃんねるを始めとしたネットでの批判に対する決意表明。なかなか興味深いが、キリコほどユーモアがないのは残念。"MCは商品ではない"けれど、人間であるMCが作った音源は商品であり、ネットに限らずどの媒体どの状況でやいのやいのと取り上げられても仕方がないだろう。

逮捕された仲間を励ますM8はアルバム唯一の客演曲。そのネスタは捕まった仲間と同じグループに所属する相棒であり、特にうまいわけではないけれど、ドラマがあるから涙なしには聴けない。"無理だなんて誰が決めた? 前例がないなら先駆者になる"というパンチラインが眩しいM9「頂み」では自分を奮い立たせる。

DJナペイの特徴ともいえる平板な音像のインスト(M10)を抜けた後は、鬱なリリックが全編を覆うM11。アルペジオをつま弾くギターのワンループトラックで、珍しくラップとトラックが噛み合う。しかし、こういうテーマを扱えるのが神門の強みであり、人としても強いところなのだろう。ラップよりもトラックが良いという希少価値のあるM12「→―→」。彼にとっては意味がある曲なのだろうが、ここではベースラインを聴いてしまう。続くM13「カーテン (四時九九分)」は歌うようなフロウというより下手な歌であり、ベースと和風の音を基調としたトラックに耳がいく。鬱を表現するなら直接的にいうよりも、ここでのトラックのようにもっと病んだ感じにすれば面白い。

前向きに生きよう、明るく生きようという自己啓発なM14「五時」。生真面目に胸の内を語るが、語りすぎな感がなくもない。でもそれこそが神門なのだろう。歌ものフックが珍しいM15はピアノメインのトラックとも相性が良い。外でもラップを始めたのが2005年6月11日ということはたったの3年でここまで成長しているわけだ。タイトルナンバーは"IV"だけど、この数字が大きくなるごとに今以上に良くっていくのかと思うと期待が高まるばかりだ。

本編はここまで。ボーナストラックとしてDJナペイリミックスの「HERE IS HAPPINESS」が16曲目に収録されいる。DJナペイのトラックとしてはまともな方だけど、オリジナルがいいだけに開きが大きすぎる。

スペシャルボーナストラックがM18「さて、どう生きようか?」。赤裸々すぎるからこそ、誰の心にも響くリリックが秀逸。神門の吐き出す言葉はいくら重ねても薄まることはなく、反対に説得力が増していく。"ギャンブルをしない俺が唯一したハイリスクハイリターンな博打 / オッズは「富」「名声」「幸せ」 ベッドはたった一つ「人生」"。8分27秒と長尺の曲だけど聴き入ってしまう。


秋口にダメレコの4周年パーティで神門のライブを見たとき、迫力に圧倒された。一瞬の言葉の破壊力、説得力ならIll-Bosstinoにも負けていないと思った(まあ彼の場合は長丁場のライブができて、しかもその間ずっと爆弾を落とし続けられるわけで、比べるのも何だけど)。人生を嘘偽りなくリリックにしてしまうラップは本当にかっこよく、たった20分ほどのライブだったのにしびれたものだ。そこではこのセカンドからの曲を中心に披露していたということもあり、本作には過度な期待を抱いていた。だからこそ、トラックのしょぼさには悔しさすら感じてしまう。ラップは悪くない。捨て曲も少なくなった。それだけに残念な印象が残ってしまう。SEEDAの『ROOTS & BUDS』のように誰かにリミックスアルバムを頼むのも一興かと。
2008.12.26 Friday 23:59 | 音楽 | comments(15) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
どうもです。ハヤトです。自分は1stは聴いてないんですが、神門の言葉の貫通力には凄いものがあるというのは存分に感じました。

しかしおっしゃる通り、ナペイのトラックで統一するのはちょっとなぁと。
何処となくチープというか、良く言えば泥臭い感じですが、自分はそれほど良いとは思いませんでした。例えばドラムとベースがもっと効いていればプラスになると思いますが、その辺も中途半端な気がして....

やはりトラックは重要ですね。例えば、この前、SCARSの新作を聴いたのですが、仮にただ麻薬を売ってパクられたみたいな歌詞であったとしても、(これは個人の趣味も大きいですが)トラックがしっくりくれば共感できなくても聴けるのですよね。

その点、神門はリリックは素晴らしいのですが、トラックがしっくりこないというジレンマを本作で表してしまったのではないかと。

彼はかなりの逸材なので、もっとトラックメーカーに恵まれれば、より輝くのではないかと。例えば関西のMCなので、B.Lとかそれこそ、EVISBEATSとかと絡んだりすれば、彼の剥き出しのリリックがよりドラマチックに、またユーモラスに味付けされて良いのではというのは流石に安直でしょうか。

後、一曲あたりがもう少し短くなると、よりテンポが良くなるのではないかと。

長文失礼しました。

ハヤト | 2008.12.29 Mon 00:26
おばんです

神門
1stは視聴機止まりで周りの評価とは
裏腹に僕とは相性が合わず購入するに
至りませんでした

しかし今作は聞きまくってます
彼の声の質が、恋にしても人生の迷いにしても
甘酸っぱい青春リリックにバッチリハマってて
僕はあまりリリックを積極的に聞き取ろうとするタイプでは
ないのですが、トラックが全く気にならず、
むしろ三十路過ぎてるのに、多分20代前半の
彼の語る物語に恥ずかしながら
励まされるという有様です

nyantaさんのおっしゃる
トラックがヘボイという事が
神門のラップを決して邪魔しなかった
という、怪我の功名的な効果となって
より言葉が耳に入ってきたのかもしれません

2009年も頑張っていこうと思えたので
この年末のタイミングで出会えて良かった
1枚でした






what's? | 2008.12.29 Mon 01:53
ハヤト様

こんにちは。
いつもありがとうございます。

> 彼はかなりの逸材なので、もっとトラックメーカーに恵まれれば、より輝くのではないかと。

ええ、おっしゃる通りでラップを本格的に始めてまだ3年とは思えないですね。言葉へのアプローチも的確ですし、今後も楽しみです。だからこそトラックメイカーの選択が重要になってきますよね。EVISBEATSもいいですね。他にもKEN THE 390のアルバムで活躍しているmattan辺りも若手で面白くなりそうと思いました。

> 後、一曲あたりがもう少し短くなると、よりテンポが良くなるのではないかと。

伝えたいことがたくさんあるんでしょうね。彼の場合は言葉が多くてもつまらなくないので長くてもいいのですが、曲は取捨選択すべきかなと思いました。




what's? 様

こんにちは。
見ましたよ! といいたいのですが、まだ頭だけしか見ていません。相方がさんまが好きで、さんまのお師匠さんの話だよと伝えたところ、ゆっくりじっくり見たいとのことで、後日鑑賞会をすることになりました。そんなわけで感想はちょっと待ってください(ひょっとして不要ですか?)。でもジュニアを使ったりと豪華ですね。

> トラックがヘボイという事が神門のラップを決して邪魔しなかったという、
> 怪我の功名的な効果となって

確かに怪我の功名でした。けど、トラックがリリックを引き立てるようなものだったら、もっと名曲が生まれていたように思うんですよ。その点が残念でなりません。

そういえば、EVISBEATSのファーストはゆるくていい感じでしたよ。正月気分に合うかと思います。
gogonyanta | 2008.12.30 Tue 11:20
僕も実は神門はボスの地位にいけるんじゃないかと思ってて

確かにリリックが良くて 久々に買おうかと思ったけど今だに手を出していなくて

なるほど

これを読んでトラックの問題だとわかりました笑

試聴機で成長 零時 ばっか聞いてたな
て | 2008.12.30 Tue 14:34
いつも楽しく拝見させていただいてます。

個人的かつベタな話かもしれませんがTempleらへんのトラックに乗った神門を聴いてみたいです。

失礼しました。
szk | 2008.12.30 Tue 19:08
今年一年色々と勉強させて頂きました
来年も宜しくお願い致します

で、あの番組なんですが、じっくり見ていただくようなもんではございません
あくまで、「テレビでこんな曲かかるんだ〜新鮮!」
くらいの軽い感じで、
「今年も色々あったね」と雑談などしながら、フワッと見て頂くと非常に助かります
nyantaさんが常々書かれているように、ハードルを下げる事こそが最も重要ですから

話は変わりますがSATUSSYの「THE NOVEL」はお聴きになったでしょうか?
神門とあわせて、僕の年末の激務を支える一枚になってました
お聴きでしたら来年是非レビューをお願いします

ではでは、よいお年を!
what's? | 2008.12.31 Wed 10:43
て様

こんにちは。
いつもありがとうございます。

> 僕も実は神門はボスの地位にいけるんじゃないかと思ってて

それはずいぶんと大きく出た感じですね。ボスの位置は並大抵の努力ではいけないと思うのですが、でも神門はラップを本格的に始めてまだ3年であり、これまでの驚異な伸びを考えれば、あながち夢物語でもないのかもという期待は確かに抱いちゃいますよね。

あとは信用できるトラックメイカーを探すことですね。



szk様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> Templeらへんのトラックに乗った神門を聴いてみたいです。

確かに! 派手さはないものの、ラップをしっかり支えつつ、でも引っかかりのあるトラックは秀逸ですもんね。全然考えなかったけれど、うまくはまりそうです。



what's? 様

こんにちは。
今年も色々コメントをありがとうございました。what's? さんとは映画の趣味が全く合わず、そこが面白いところで、毎回楽しみにしていました。

> ハードルを下げる事こそが最も重要ですから
了解です。三が日にのんびり見ることにします。

> SATUSSYの「THE NOVEL」
韻踏合組合の中で好きなラッパーはNortable MCのふたりとみっちゃんということもあり、端からスルーしてました。what's? さんがお勧めするぐらいですから、かなりいいのでしょう(音楽は結構合いますよね?)。試してみます。

来年はすでに降神の東京でのライブもいくつか決まってますし、サードアルバム、志人のソロEP、よく分からないけれど漫画雑誌(でしたっけ?)ととりあえず期待して待つことのできる1年になりそうですね。多分。

ともかく今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

ではでは。
gogonyanta | 2008.12.31 Wed 12:16
お初です。


細かく分析しているレビュー、良いですね。ここはこうした方が良いという指摘も織り交ぜられていて、仮に神門本人がこのレビューを見ていたら、次に繋がるだろうし、リスナーとしても勉強になるレビューだなと思いました。

ただ、、言いたいことは分かるのですが、ちょっと言葉にトゲがあるレビューに感じました。 

このトラックの未完成さも「味」として、神門の歌詞の世界観と共に楽しめる余裕などもあったら、この作品をもっと楽しめるのでは、と思います。 

日本語ラップシーンを応援する気持ちがあるのでしたら、批判するような文章でレビューの頭を書き始めるのではなく、批判は文の中盤に配置したり、読む人を不快にさせない努力が必要だと思います。

それこそあなたは、神門がこのアルバムで批判していたようにネットで正体も明かさず一方的に批評しているのですから。

批判も嫌な感じじゃないように、納得できるように書くべきですよ。例えば「評価する部分」→「批判する部分」→「評価する部分」のような文章の構成にしたりとか。

神門のアルバムの良さ、評判を知りたいと思ってこのサイトを見に来た人は、ガッカリしますよ。

なんていきなりすみません。
| 2009.01.12 Mon 12:04
名前入れ忘れてました。上の書き込みはワタクシ折田のものです。
折田 | 2009.01.12 Mon 12:06
折田様

こんばんは。
はじめまして。

折田さんが書かれたことは正論ですし、ちゃんと的確に指摘されると嬉しいものです。感謝します。指摘された点はまさに私が悩んでるところですし、今後の記事も読んでいただければと思います。
gogonyanta | 2009.01.14 Wed 01:43
客観的にいうてくれて、もちろん感謝もしてるんやろなwww
| 2009.01.14 Wed 10:56
名前入れ忘れてたわ。上のカキコミはオッサン aka おれdeath。
オッサン aka おれdeath | 2009.01.14 Wed 11:01
オッサン aka おれdeath様

こんばんは。
はじめまして。コメントありがとうございます。

> 客観的にいうてくれて、もちろん感謝もしてるんやろなwww
もちろんですとも! これってすぐに分かりました? 特に深い意味はないのですが、トラックメイカーが行うところのサンプリングというのはこんな感じなのかなと思いながら、まあでも文章の場合は剽窃と批判される危険性はありますが、とにかく真面目に答えてもアレなんで遊んでみました。

ではでは。
gogonyanta | 2009.01.15 Thu 01:00
アーティストの閲覧を知っていながら、ここまで歯に衣着せぬ物言いをできる管理人さんには感服です。
そしてそれ以上に、DJ NAPEYの反応に感動しました。マヤン・・・0rz

DJ NAPEYの、そして日本のHIPHOPの未来は明るい!
エジミウソン | 2009.01.17 Sat 00:14
エジミウソン様

こんばんは。
はじめまして。コメントありがとうございます。

DJ NAPEYのブログは個性的で面白いですね。"歯に衣着せぬ物言い"とはああいうことをいうんだと思います。だじゃれや下ネタ満載で下らないことこの上ないのですが、意外なパンチラインもあったりして、楽しければオッケーかなと思っちゃいます。
gogonyanta | 2009.01.17 Sat 02:06
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2547
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中