すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 呂布カルマ『13 Shit』 | main | acari『片想いのレッスン』 >>
メレンゲ『シンメトリー』

2009年1月14日リリースのセカンドアルバム。

ようやくのセカンドアルバム。このバンドは本当にいいメロディを紡ぐのに歩みが遅くて、いくつもあった好機を逃してきたように思う。でも絶対に揺るがない甘酸っぱさいっぱいのギターポップは健在で嬉しい。

初期のミニアルバムを連発していた頃ならば、曲数が少ないので名曲を並べて名盤作りも容易だったかもしれないけれど、今回はフルアルバムサイズでほとんど捨て曲なしであり、本当の名盤を作ってきた。今までずっと好きでよかったとしみじみしてしまう。

胸に迫るメロに、切ない歌声、シュガーコーティングしたアレンジ、でもギター、ベース、ドラムがしっかり自己主張した音はギターバンドとしての矜持を忘れていない。先行シングルでもあったM3「スターフルーツ」を含めた序盤と、シングルのカップリングで、アコースティックな響きが麗しいM8「匂い玉」、M9「ボタン」、だいぶ前にシングルとして発表されたM10「underworld」といった後半に特に良曲を集めていて、最後まで飽きずに聴ける。

中でもM2「魔法」は良すぎる。青春時代にタイムスリップしたかのような甘さと辛さが同居し、そしてサビで得られる開放感たるや言葉に尽くせない。

唯一残念な点があるとすれば、新垣結衣に提供したM12「heavenly days」のセルフカバーか。サビのメロはいいのだけど、音が高くて本人が歌えていないのはいかがなものか。自分でも歌えない曲を歌の素人にあげるというのも・・・。まあ、以前に書いたシングルの記事ではガッキーに提供した2曲のセルフカバーを聴きたいと書きはしたのだけど、予想していたのとはちょっと違い、戸惑った。
2009.01.20 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.09.09 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中